Loading…

関西人 IN ハワイ

Posted by vickywallst on 28.2008 関西 VS 関東   0 comments   0 trackback
ハワイで外人さんが声をかけてきた
「コン・ニチわー!コンニャクちゃいまんでえ、こんにちわー」
「もーかてまかあ、ぼっちぼちデンナ、」
「ビクリしないデ、アホちゃいまんで、ぱーやで~」

別の外人さんも声をかけてきた
「でんがなまんがな~だんがなまんがな~」
????何を言ってるのかわからなかった
「でんがなまんがな~これハロー!・・あいさつ!にほんですうかあ?」
???「はい(笑)」
「にほんのシュットは、おおさか~?」
「ノーノー!!東京!!」
「オー!ノー!オオサカは、パスポートいるキイタ!」
「シュショクはライス・・コメ・・と・・タコやき・・ベンキョシタ」

別の外人さんいわく
「ドートンボリー!!ドトンボリ!!」
???
「ドートンボリ シラナイ?? ダタラ ワラウワレル!!アイサツのコトバ!!」
「ニポンジン、ミナ、シッテル・・・ドトンボリ!ト イウ マネークレル キイタ!!」

おそらく・・・・・
関西人のイタズラなんだろう・・・
色んな外人さんに蔓延していた
やたら
「チャウチャウ!」を聞いて「ナンデヤネン」を聞いた。
関西人の誰かが教えたんだろう・・・
恐るべし・・・関西人・・・・

関西人 IN 東京

Posted by vickywallst on 28.2008 関西 VS 関東   0 comments   0 trackback
以前、御徒町の駅近くを歩いていたら、何やら道端が騒然となってた。
よく見ると、人が倒れており、その回りを人が囲んでいた。
人の流れは、相変わらず、スッスッと進んでいる。
近づいてみると、男の人が意識不明状態で伏せっていた。
相変わらず、その横をスッスッと人が歩いていく。
「いや~動かしたらあかんのちゃう?」
おばさんが言う。
「突然、倒れはったから・・・救急車呼んだんやけど・・・」
別のおばさんが言う。
「頭もちあげなあかんかったんちゃうんかな~初めてやからわっからへんわ」
違うおばさんが言う。
「動かしたらアカン!アカン!そのままジッとさせといたほおがええで」
後ろからおじさんの声。
「もしかしたら・・・お宅・・・大阪?」
「そーそーいや~もしかしてお宅もそうかな~思て・・・いや~どこ?」
「どこて・・・もうこっちは、長いんですけどね、奈良ですねん」
2人の会話におじさん参加
「ワシも榛原や!ほー奈良のどこですか?」
そこへ別のおばさん参加
「私、堺だったんですよ」
「いや~ほんまあ~いや~こんな事あるんやね~」
・・・・
倒れたおじさん・・・・ほったらかして話に花が咲き始めた。
いきなり
「そやけど、道路混んでるんやろねえ、救急車けーへんわ!」
「運んだ方が早いやん!」
「あかんあかん!動かしたら!」
「こーんな時、ビューッと走らさんでどおするねん!ホンマおっそいわ!」
がやがやがや
がやがやがや
相変わらず、スッスッと人は振り向きもせず歩いている。
よーく見ると・・・
倒れたおじさんを囲んでいたのは、みんな関西人だった。
ふっと・・・・
アッ・・・・
近づいて見に来た自分もそうだった・・・
相変わらず、スッスッと人は振り向きもせず歩いていた。

”東京”新たな発見

Posted by vickywallst on 27.2008 関西 VS 関東   0 comments   0 trackback
東京でのスタートは、文京区の「本駒込」。 ホンコマゴメと読む。
”メトロ”という なんじゃ?そりゃ?という地下鉄の”南北線”にある駅で
近くには、ナント!あの「東京大学」があり、
そのせいか、朝の通勤電車の中には、まだ朝の7時前でも、博士の帽子をかぶった小学生が
結構乗っていたりするので、どの人も”優しい目”をしているように感じる。
きっと、”今から知り合いになっておけば、将来、首相や大蔵大臣が我が家に出入りする
かもしれない”と、思っているに違いない。
南北線というのがメトロの中では、新しい線らしく、随分深い所にあるという事で
例えば、2駅先の”後楽園”で丸の内線に乗り換えると、ビルにして5階か6階分の
エスカレーターを駆け上がらなければならない。
けれど、そのエスカレーターでは、誰もが”静かにジーッと立ったまま”で
沢山の人がいても、懐かしのあの”カンカンカン!!!”すら聞こえてこない。
上の方で丸ノ内線の発車のベルの音が聞こえても、ゆったりしている。
大阪では、たいして急いでなくても、この「音」で反応し、走る人に反応し、「安いで~」の声に
反応するモンなんだけど、東京では、”我、かんせず”の無反応。
これで、ビジネスマンの鉄則である”10分前行動”が可能というのだから恐れ入る。
さて・・・この電車の中・・・
”シーン・・・”である。
苦手な怖いおばさまのいる親戚の家に来たような感覚に襲われる。
まるで、黒かグレートーンの洋服をまとったアイロボットの集団に囲まれた気分。
関西人3人の初めの言葉・・・
「エッ・・何・・?今日・・・休日なん???なんかあったん・・・?」
「人・・・おるやん・・・いっぱい・・・おるおる・・・人や人!おるって・・・!」
「ヤバイっすね~この声のトーン・・・」
「ここだけウルサイし・・・黙れ条例とかあんのかな・・・?」
「やかましーって!撤去されんで!!!」
「これ・・浦和美園・・なんて読むん?」「ウラ・カズミやん!」「園はどうするんですか」
「ムシ!」「ムシはアカンでしょう!書いてるんやから!」
「間違いちゃうん?ウラ・カズミ・ドノが正解で、殿と園と漢字間違えてんねん」
「イヤッ!殿じゃなくて、様でしょう!」
「なっんでやねん!ここ駅やで!公共の場やで!!!様はアカンやろ!殿やって!ふつー!」
「素直にエンでいいんじゃないですか?ウラ・カズミ・エン」
「何するん?」「ウラ・カズミってギャルがわんさかいてて・・・」
「あほー!!それやったら公にはせんって!!公になってるんやから素直にいったら
動物園やろ!!」
・・・・・がやがやがやがや・・・・
実際には「ウラワミソノ」でした。
結局がやがやしてるのは、3人だけで、後は、シーン・・・
通常ならば・・・関西だと、前に座ってる人か誰かが必ず間違い訂正をしてくれる。
東京では、間違ってようが、暴走しようが、我カンせずである。
しばらくは、撤去もされず、一部こんもり盛り上がったままな車内で過ごしていたけれど、
そのうちだんだん血が騒ぎ、「車内で何を言えば人が笑うか」競争が始まった。
でも・・・・誰も・・・笑ってくれず・・・最後は、ヤケクソの大合唱が始まった。
「生麦、生米、生卵、ナマムギ、ナマゴメ、ナマタマゴ・・・」
「ナマムギ、ナマゴミ、ホンコマゴメ~」
3人で何回も毎日絶唱した!!!
けれど・・・「シーン・・・」
これには・・・凹んだ・・・・・
恐るべし・・・東京・・・なめてちゃイカン・・・
これと同じ事を、試しに埼玉でもやった。
その時は、「南与野」という所に住んでおり、大宮→北与野→南与野みたいな順番に位置する所である。
ここでも、色々やってはみたものの、相変わらずの「我カンセズ」
そこで毎日絶唱した。
「与野、北与野、南与野~ヨノ、キタヨノ、ミナミヨノ~ヨノ、キタヨノ、
お前もワルヨノ~」
・・・・・我・・・・カンセズ・・・・笑い・・・無し・・・
関西なら、手拍子が入るとこやろ!!!と・・・寂しくなって諦めた。

ある朝、新聞の広告を持って急いで会社に入った。
「ムチャクチャ安いですよ!!世田谷区のマンション!!!300万とか400万で売ってますよ!!」
血圧上昇!!!広告のお陰で、低血圧なのに、爽やかな朝!!
「よく見てごらん」
・・・よく見ると・・・家賃だった・・・
一度、名古屋に移動し、次に戻った時に、埼玉県に住む事になった理由も家賃の問題だった。
ワンちゃん2匹増えた事で、それを申告して2LDKでも探そうものなら
都内では、家賃が20万30万の世界になり、仕方なく埼玉に行った。
埼玉と言っても、上野まで34分、池袋まで26分程なので遠いとは思わなかった。
が・・・・・これが甘かった・・・
まず、電車がよく止まる・・・
ひどい時には、川口駅等は、改札の入場制限で何キロかの行列が街中まで続いているという。
上野駅では、たいてい毎朝、電車を降りてから、すでに”牛歩”が始まり
乗り換えの山手線のホームに行く階段で、”入場制限”がある。
それでも、乱闘騒ぎも暴動も起こらないのには、感心する。

そして・・・考えた。
電車の中でのシーン・・・
人混みの中でも人の流れに自然に従って歩き、渋滞になっても自然に従って止まる我慢強さ
これは・・・

石川さゆりの歌に「津軽海峡冬景色」というのがある。
ここにヒントを得た。
「北へ帰る人の群れは誰も無口で~」・・・・・
そうなんだ!!!
みんな東北から来た人達なんだ!!!
だから無口で我慢強いんだ!!と判断!!!

新たな発見である。

大阪駅

Posted by vickywallst on 25.2008 関西 VS 関東   0 comments   0 trackback
東京から新幹線に乗ると、2時間36分程度で新大阪に着く。
離れてみて初めて見える事、ワカル事・・・
意外に多い事に気がつく。
新大阪から何線だかに乗って次の駅が大阪駅(梅田)、新大阪からわずか4分。
このわずか4分で
”・・・ん・・・・・???”
と、思う。
電車の中では、常に森山良子の歌が聞こえる・・・・・・・
”ザワワ~ザワワ~ザワワ~”
もしくは、昔のイレブンPMバリの”ザワザワザワザワ~ザワザワザワザワ~
なんせ、ザワザワ。
そして大阪駅に到着。環状線に向かう。
今は、多分少しはキレイになってるかもしれないけれど
東京駅とは、まるで違うし、上野とも違う。池袋とも違うし、渋谷とも違う。新宿でもナイ。
新橋や有楽町のJR側には、同じような匂いプンプン感じた事はあるけれど・・・
一応は、関西の玄関口ダロ・・・と思うのに
改札構内は、化粧っ気無しで、乗り換え目的以外では、時間もつぶせない
埼玉の大宮がう~んとすごい駅に感じるかもしれない・・・
でも、そのターミナル内の空気にふれれば
すぐに”完璧”大阪を実感できる。
エスカレーターが”右側”なのは、これはグローバリズム象徴という事で大阪の自慢!!
万博で外人さんを迎え入れる為のマナーだったのだ!!
けれど”走れ!”までは、教えてナイハズ。
慣れてない人は、そこで”追い立てられ”技をかけられて、自然に早足になっていく・・・
不思議な事に・・・
階段にして10段あるか??って所にまで短いエスカレーターがついており
そう言えば・・・割と短いエスカレーターが他の地域でも無駄に多かったような記憶がある。
そこでもやっぱり・・・走ってる・・・
多分・・・
あの、後楽園の長い長いエスカレーターの大群を全て走りきれるのは、
関西人だけなんじゃないか・・と思える。
少なくとも・・・自分は・・・全てを走りきった事が2回もある。死ぬかと思った。
そして・・・大阪の顔とも言うべき「怪談話」(階段話)
エスカレーターや階段付近では、必ずどこからともなく聞こえて来る音・・・・・
”カンカンカンカンカン!!!!!!!”
大阪では、ピンヒールとハイヒールが走っているのである!!!
これは、至る所で聞こえてくる。
それが、一人や二人じゃないからスゴイ音なのに、誰も気にせずひたすら競歩に励んでる。
これは、ビックリするかもしれない・・・関東圏では、まだそんなに聞いた事がない・・・
そして、やっとたどり着くホーム・・・
ここでも森山良子大活躍!!!
あれだけの人と線路のある東京駅より、これだけの人しかいない大阪駅の方が
スッゲー山盛り人がいるんじゃないか・・・と錯覚しそうな位の熱気!!!
「なんでやのんな~」「なんでやねん」「えーかげんにせい」「じゃかーっしわー!!」」んなアホな」
「ウッソや~ん!」バシッ!!「なんでなんでなんで!」「もーっ!!!」バシッ!!!!ギャッハッハ
ありとあらゆる方向から聞こえてくる。
どこを見渡しても”たたき合い””ののしり合い””どつき合い”ながら爆笑している・・・
これは・・・
初めて見れば、不思議だろうな~・・と納得。
毎日見て聞いてたら、逆に見えなくて、聞こえてこなくなるモノなのかもしれない。
久しぶりだと”ビックリ仰天!”してしまう。
よく、「関西人は、ののしりあってる!」という話しを、なんのこっちゃと聞き流していたけれど
確かに・・・本当にそう見える・・・
今は、ほぼ見た事もない光景・・・
そしてホームでは・・・
”ルール・・?何・・それ・・・?”の世界に突入。
たまに、縦2列で・・・という場面も見かけるけれど、
たいていその2列は、ヘコ歪み、ヘコうねり、前の人との車間距離みたいなのは、ナイに等しい。
それもつかの間・・・電車がホームに入ってくれば、総崩れで丸くなる。
「降りる人先に~!!」駅員さんの声が、かすれてる・・・
朝の「人がいっぱいの銀座線」を見せてあげたい気持ちでいっぱいになる。
(同じ銀座線でも、新橋あたりでは、若干違ってくる気はするけど・・・)
そして、満員電車の環状線。
真ん中に見知らぬ人を何人挟もうが、延々しゃべり続けていても、
そんなの目立たない位、ウルサイ・・・
ヘタをすれば、その見知らぬ人も話題に参加。
多分、出会い系カフェは、大阪では、流行らないかもしれない。
電車の中がすでに”出会い系”化しているのかも・・・
お得なのは、学生が乗り降りする時間帯。
これは、タダで漫才が見れるから随分お得。
そのうち、その時間帯だけ割高料金になるのじゃないかと秘かに焦っている。
大阪駅での電車を降りてからの人の行動は、早い!
人の流れに従って・・・という空気は皆無!!
人の流れの隙間を”狙いながら”降りるのである!
誰もがその隙間をぬって改札まで突進しているので、スゴイ早い!!!
まっすぐスタッスタッと歩くのでなく、ウニャウニャうねりながら歩いているので
迷子になったら、多分見つけだせないから覚悟が必要!
でも
そこでコケたら、誰かが”かまって”くれる!!!
”こけるとこちゃうし!””おっとお~お~りゃ!””今度こける時はスカートはきや~!”
”い~っよいしょっ!””なん~でやねん!”
意味不明の合いの手・・・
でも見知らぬ人にも優しい大阪
改札う~んと手前や切符売り場のう~んと手前では、
みんな鞄の中をゴソゴソやりながら・・・
ある人は、自分の足を棚がわりにして、ある人は猛スピードで歩きながら
一発で財布や切符や定期を探し当てスッと切符を買う、改札通る、という事をやってのける。
券売機の前でバックを置いてお財布をゴソゴソ探そうものなら
後ろから”チッ!!!”という舌打ち攻撃がガンガンかかるので要注意。
改札機で定期をだそうものならヤジは覚悟しておいた方がいい。
大阪で有名な例の”横断歩道”
待つ事嫌いな大阪人は、その信号待ちの時間で、丁度その信号機の下にある
宝くじ売り場のスピードくじを買う。
おばちゃんは手慣れた手つきで渡すのも超早い!!
そこにお店を構えるとは・・・すごいクスグリ技を持ってると感心する。
信号待ちしている人は、
実は、腹時計みたいなのがあって
一応、後何秒という表示は出るけれど、頭の方なら待ちきれないので
尻尾の方で見るように心がけている。
だから、信号が変わりたての時は、見ずに我慢して、気をそらすために”上”を向く。
見て釘付けになってしまった人は、たいてい途中からブルブルと震え出す。
いわゆる・・・貧乏ゆすり・・・???
それもこえると人をゆすりだすので、色んな策を講じて、目の保養に努めるお役人の姿勢も見える。
赤は、ダーッシュ!!黄色は、急げー!!黄色の点滅は、”まだ行ける”青は、走れ!!!
そう教えられてきたので、こっちへきてから随分ひんしゅくを買ってしまった。
世田谷区の人も車もネコの子一匹通ってない信号で「待つ」事の意味が・・・今だに不明・・・
でも
みなさんちゃんと止まって待っている。
貧乏ゆすりをする人の気持ちが、やっとわかるまでに成長できて嬉しくなった。






大阪 VS 東京

Posted by vickywallst on 11.2008 関西 VS 関東   0 comments   0 trackback
          東京にきて初めに思ったこと
 
駅編
その① 「エスカレーターながっ!!!」
その② 「エスカレーターで止まんな!!はよ走れ!!」
その③ 「誰やねん!!券売機の真ん前で財布探しトンのは!!みんなかぇ~!!!」
その④ 「電車ん中、何???これ???お葬式??なんかあったん?今日??静かやな
      ~」
その⑤ 「なんで電車2列で並ぶん??丸ーなったら早よ~入れるやん!!なんなん?キシ
      ョッ!」
その⑥ 「ホームで牛歩!!ホームで入場制限??あーり得ん!!!毎朝初詣しとんの
      か!!」
その⑦ 「しっかし・・電車・・よー止まるなあ!!!全員降りて押せよ!!その方が早いや
      ん!!」
その⑧ 「アノ・・・毎日・・飛び込み自殺あるんですケド・・・場所・・・他にないんかい・・・」
その⑨ 「あ・・アノ・・目の前の女の子・・・アキラカ痴漢にあってません??ちょっ・・誰か・・・
      ・・あの・・・助けないんですか・・あの・・”ゴゥラ~オッサン!!手ーはなしたれ
      や!!!」
その⑩ 「どの電車にも・・・ヤンキーがいない?やんちゃ学生・・も・・いない・・どこ行った
      ん??」
その⑪ 「エスカレーター妙にシーンとして落ちつかへんわ・・・ハイヒールの”カンカンカン”な
      いやん」
その⑫ 「このホーム!!普通~暴動起こるやろ!!なんで普通に歩いてるん?前進んで
      ないやん」
その⑬ 「よーぶつかってくるんですけど!!フツーよけません?しかも謝れよ!!何人目
      や!!」
その⑭ 「謝るってしらんのか!!えーかげんにせい!!!あやまれよ!!頭下げ方知らん
      のか!」
その⑯ 「エレベーター乗ったら”閉”すぐ押せよ!!誰も押さんのか!!!先押す!常識や
      ろ!!」

街中編
その① 「・・・ここ首都ちゃうん??首都がこーんなシーンとしてて・・許されるん??」
その② 「ビル・・高っ!!!上の方雲かかって見えへんし・・雲の上やん!!!」
その③ 「えっ!!チャリンコ止めるんお金いるん??うっそやん!!今日だけやん??いや
      や~!」
その④ 「街中・・暗いなあ~・・なんかグレーと黒の世界やん!!首都やろ!パッとせ
      な!!」
その⑤ 「チョッ!タクシースピード違反OKやちゃうんー!!制限速度守ってどーすんね
      ん!!」
その⑥ 「アッカン!!信号でストレス満開や~!もうアッカンわ!!頼むわ!!」
その⑦ 「ドーナツで並ぶな!!!??まだ並んでるんかぃ!もう3年たってんで!!!」
その⑧ 「チョーッ!!スーパーのレジ!!お前はバイトか!!プロ意識持てよ!!!遅
      い!!」
その⑨ 「道端にジュースの空き缶置いたら”落としましたよ”って追いかけてきた・・・なん
      で???」
その⑩ 「ゲ・・ゲ・・芸能人・・芸能人・・歩いてますよ・・・スっ素通りですか??誰も・行かな
      い??」
その⑪ 「ちょっと・・そこのお兄さん、ここに人倒れてますよ!!無視??ですか??もしも
      し??」
その⑫ 「値切ったら、他の店に行け!てどういう事や!!客やで!客!!!」
その⑬ 「あの・・・この道・・車通ってないんですけど・・・何で赤で止まってるん?」
その⑭ 「タクシー!!!”ケツまくる”って単語習わんかったんか!!!」
その⑮ 「タクシー!!!”追い抜かす”って日本語は知ってるよな!!!」
その⑯ 「タクシー!!!”近道”って日本語やで!!!」
その⑰ 「タクシー!!!”ワンメーター”の意味はき違えてんちゃいまっか!!!今、”カチッ
      って音聞こえたで!!!」


人編
その① 「・・・話・・・そのまんま・・・かい・・・カーブとか・・変化球とか・・ストンって・・ないん
      かい・・」
その② 「突ーーーーーーっ込んでや!!!ぼーーーーけてや!!!浮いてるやん!!」
その③ 「ちょっ・・もしもし・・ここ・・・笑うトコですケド・・あの・・・ちょっ・・・すいませんが・・もし
      もし・・」
その④ 「・・・結局・・・何が言いたいん・・・主語と・・主語と・・主語と・・述語と・・・で・・・?又
      主語?」
その⑤ 「こけたら・・笑って・・・間違ったら・・・突っ込んで・・・そのまま・・・行かないで・・・お
      願い・・」
その⑥ 「とっ・・・とりあえず・・ここは笑って頂かないと・・・前・・・進めないんで・・・すいませんが・・」
その⑦ 「起きろーーーーー!!!!目を覚ませーーーーー!!!生きてるかーーーーー!!
      おるかどーかわっからんでーーーーー!!!」

 
  

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter