Loading…

スポンサーサイト

Posted by vickywallst on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A wilderness of mirrors

Posted by vickywallst on 27.2010 spice   0 comments   0 trackback
サスペンチックな映画やドラマに出てくる”遊園地の定番”は、ジェットコースターでも、観覧車でもなく
”メリーゴーランド”と”ミラーハウス”そして”ピエロ”
子供向けの陽気なアトラクションという表の顔とは、まるで正反対な使われ方。
無邪気で陽気で楽しい場所をあえて使う事で、より”フィルム・ノワール”的になる
という事より、むしろ”同じ水脈”という事で、根底にあるのは
「欺く」
という事かもしれない。
「欺く事」も「欺かれる事」も
もしかしたら子供の頃から潜在的に要求している事で
そーいやぁ~
「イナイナイ。。。ばぁ~」
生まれた時からすでに「欺かれて」喜んでいる。
文学小説を投げ出して推理小説にどっぷりハマリ込む事は、決して悪い事ではなく
「人間の証明」だった。。。という事にしておこう!

この”ミラーハウス”。。。
合わせ鏡が無限に反転する世界で、騙し絵以上に”立体的”超リアル。
この”ミラーハウス”を丁度合わせ鏡のように反転させ”感覚的”に超リアルにさせたのが
CIA、KGB、MI6など現実の”スパイ”の世界。
エリオットの「ゲロンティオン」という詩の中に「鏡の荒野」という言葉が出てくる。
最も信頼すべき人間が最大の敵であったり、偽の情報が本当となり、本当の情報が偽となったり
誰を、何を信頼していいのかわからないスパイの世界を書いた言葉。

”ジェームス・ジーザス・アングルトン”・・・有名なCIAのスパイ。
エリオットと共に詩の雑誌の編集をしていたアングルトンは
イエール大学時代、OSSから声がかかり、後のCIA創設からトップまで昇りつめた人物。
このアングルトンの最大の親友で、メンターでもあったMI6の”キム・フィルビー”は、
忽然と姿を消すまでは、イギリス諜報機関の頂点”MI6の長官”を約束されたような人だった。
そのフィルビーこそがソビエトが送り込んできたKGBのスパイであった事から
アングルトンは、誰も信用しなくなり、ことごとく誰も彼もをスパイ容疑で組織を追放したり、
作戦をダメにしてしまったりで、やがてCIAの中で囁かれ始めた。。。
「アングルトンこそKGBのスパイではないか・・・」
そのアングルトンが亡くなった時に友人がエリオットの「ゲロンティオン」を読んで見送った。
「A wilderness of mirrors」
この世界の事だといつも言っていたと。。。
・・・そして・・・
そんな彼らが”歴史を作ってきた”以上無視できない言葉がある。

1970年後半には、もぅすでにロシアでは言われていたようです。
「将来国境がなくなり我々の子孫が1つになる」

「着々」
この言葉がこれほど不気味に感じた事はない今日この頃。。。
韓国が北朝鮮制裁を発表。
それを受け北朝鮮は、全面戦争を含むあらゆる強硬措置で対処すると発表した。
韓国では、コメとラーメンがバカ売れ。

どこをどう押せばこんな事になるのか。。。
判を押したようにあからさまなデキレース。
あり得ない。
でも「ING」か。。。
現在進行形でスローモーションに見えてしまう。
9・11の時もこんな感じだったのか。。。

ブッシュ政権を誕生させるまでのシナリオも映画並みだった。
9・11以降、待ってましたとばかりに愛国者法を作るまでの時間も
イラク、アフガン侵攻までもアッと言う間。

戦争って
ある時期から止められなくなる
”加速”がつくものだと歴史が教えてくれてたハズだけれど
”止められない”という問題ではない。
むしろ”ハマッタ”という事なのだと思う。
全てのお膳立てが整った。。。ら。。。車輪がはまれば後は動かすダケ。
そういう事でしょう。
今後、
台湾と中国の衝突
ここで”車輪がハマッタ”事になるのかも。。

...

皇居は、エンペラー・オブ・ザ・パワースポット!!! IV

Posted by vickywallst on 19.2010 spice   0 comments   0 trackback
皇居は、エンペラー・オブ・ザ・パワースポット!!! Ⅰ
皇居は、エンペラー・オブ・ザ・パワースポット!!! Ⅱ
皇居は、エンペラー・オブ・ザ・パワースポット!!! Ⅲ

という事で、途中になっていたもの。。。

天海僧正とは・・・wiki
天台宗のお坊さんで、徳川幕府の三代”家康・秀忠・家光”のブレーンとして活躍した僧侶。
と前に書きましたが・・・
その出生は、謎に包まれており、いつ、どこで生まれ、何歳で寿命を全うしたのか、
実際の所は、判ってないそうです。

なぜ、家康は、日光東照宮に移ったのか・・・???
の前に
なぜ、家康は、わざわざ海に近い日比谷に江戸城を築いたのか・・・?
秀吉によって左遷させられた頃の”江戸”というのは、人も住めないような場所で
飲料水がないのに、すぐ氾濫する川で水浸しの場所だった。

そこに「お城」を建てようと思った事自体が”謎”。。。

そこに登場する天海サン。
恐らくは・・・
天海の野望というのがあって
”京都”と”江戸”を写し絵の様にしたかったのではないか・・・?
それは考えスギにしても
「京都」というのは、頭にあったようです。

元々地形に恵まれていた京都や奈良。
これに近づく為には、やらねばならぬ事がある!!!と・・・
治水と灌漑から手をつけ、そこから「エネルギー」をどうするかという問題に取り組み
江戸城にエネルギーを一旦集中させ、それを城下町に送り込むシステムを構築。
これが江戸城のお堀が「右回りの渦巻き」になっている理由。
一旦江戸城でエネルギーを集約させ大きな塊にしたものを、城下町に放射状に分散。
その受信装置として、江戸五色不動など神社仏閣を配置。
そして
京都を守護してきた比叡山←川越大師を東叡山喜多院と改名し関東天台宗の本山にする。
鬼門封じ→上野、寛永寺を開山し、東叡山を喜多院から寛永寺に移す。
不忍池→琵琶湖に見立てる。
上野→奈良、吉野から桜を移植し吉野山に見立てる。
などなど、京都、平安京を意識した後が伺えるようです。

なかなか奥が深いので、少しずつ調べる事に。。。

さて。。。
2009年5月の皇居の価値
2146億4487万円
これって資産として計上しているのかなぁ???


トロイの木馬

Posted by vickywallst on 01.2009 spice   0 comments   0 trackback
バベルの塔
バベルの塔
バベルの塔を見て神は言った・・・
「彼らは一つの民で、皆一つの言葉を話しているからこのようなことをしはじめたのだ。
これでは、彼らが何を企てても妨げられない。
ただちに彼らの言葉を混乱させ互いの言葉が聞き分けられぬようにしてしまおう。」
この神の決断によって、人々は同じ言葉で話せず、相互に意思疎通を図ることができなくなってしまった。
言語による人々の統制も不可能になった。
その結果、人類は全地に散っていかざるを得なくなった。
こうして人々は、この町の建設をやめたという

なんとなく・・・似通ったお話です。。。

”実現不可能な天に届く塔を建設しようとして、崩れてしまった”といわれることにちなんで、
空想的で実現不可能な計画はバベルの塔といわれる。
旧約聖書の「創世記」に登場する巨大な塔の事で、古代メソポタミアの中心都市にあった・・・
という伝説。
その場所を現在に置き換えるとイラクになる。

今回の”ドバイ・ショック”は、イランの勝利・・・
という感じがする。。。
これで、ドル崩壊に勢いがつき、アラブがイラン側に回ってくる。
核など使わなくても勝てるのだ。。。と言わんばかり。。。

  

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。