Loading…

スポンサーサイト

Posted by vickywallst on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ROOKIE・CONVENTION in KYOTO 2日目

Posted by vickywallst on 01.2015 イベント   0 comments   0 trackback
ROOKIE・CONVENTION in KYOTO 
続き

2日目のコンベンションは、応援者が帰った事もあり、昨日の3分の1位の人数となった。
過去の他社授賞式と同じように、なんだかドンチャン騒ぎで終わるのかと思っていたら
何が、何が、何が!!!
初めに、3人の転職者のディスカッションがあり、
それから延々の「語り」で始まり終わった。

基本的に、ほぼほぼヘッドハンティング中心の会社という事で、
本当に前職、色々な業界から集まってきており、男女比率でいうと男性の方が多い会社だけど
「とある大手新聞の記者にヘッドハンティングをしかけ、そのまま入社した。」
「超人気のゲーム開発者が入社」
「とある自動車のトップディーラーが・・・」
「ある有名企業のトップセールスマンを3年口説いて・・・」
入社時、どこかマユツバもの的に聞こえていたけれど
その”噂”の当人がディスカッションをしていた内の1人だった。

その人は、前職、とある大手新聞の記者として、この業界の取材を担当されてた方で、
ヘッドハンティングされた時に、シメシメ!!!内情を詳しく知るチャンスだと、
入社の意志など毛頭ないまま、2つ返事で”3回の転職プログラム”を受ける事を了解したとの事。
3回の会社の説明を聞いた上で、面接を受けるかどうか”自分が”決めるというもの。
なんと、3回目には、自分からお願いする形で、大手も大手の新聞社を退職し入社を決意したという。

その3回の転職プログラムの話・・・
どーせ・・・な位の勢いで聞きに行った自分も、初回の話でテンションとモチベーションが異常な程上がったので
よくワカルー!!!と大きく共感。

3人の登壇が終わり、次は、ワッショイワッショイ!!!なのかと思いきや
なんだか、見知らぬ人が登場し、「1時間頂いてる」と仰った。
えぇぇぇぇ~!!!!
うにょぉでしょー!!!
実際その時思ってしまった。
だって、弁護士の話なんてあまり関係なくなぃ~???
そこに1時間も~???
前職ならばあり得ない話である!!!
ワッショイワッショイ!!!の時間がなくなるジャン~!!!
そう思い乍ら、少しふてくされ気味で聞いていた。

全盲の弁護士 大胡田誠

キッチリ1時間。
息をするのも忘れて聞き入ってしまい、
話が終わる頃には、自分はもぅグジャグジャのボロボロになっており、
「本購入」の列には、一番前に陣取っていた。
感動の嵐!!!!!!!!!

入社時の1ヶ月研修もそうであったけれど・・・・・
「泣くよ・・・」
と前情報で聞いていたけれど、まさか、今更
何が起こっても泣くワケないヨ!と強気で臨んでいたのに
研修の半分の期間、泣かずにおれず、
同期の男性でも声を上げて泣く始末!!!つられるから辞めてよぉ~状態であり
後半には、丸裸にされてボロボロになっていた事を改めて思い出した。
研修が苦しくて泣くのではなく、「本質」とゆぅものをグサグサえぐられる感覚があり
家族とは、、、、
生きるとは、、、、
そんな当たり前の、けれど、日頃深く考えなかった事をガンガンえぐり出してくるのである。

コレ以上は企業秘密なんだろぅけれど

まぁ~
本当によく人を泣かす会社だ
と、この日も心の底から脱帽した。

リスクの洗い出しとともに、感情の洗い出しもかねてやってくれる会社なんて
そぅめったとお目にかかれるモンではないわなぁ~

そして、そのまま静かに幕が下ろされ・・・
という感じでコンベンションが終わった。

かつてシーンとしたよぅな中で幕が閉じる、そんなコンベンションをみた事がなく
うまいっ!!!
ガツン!とハマッタ気がした。
ホント
うまいなぁ~と思う。
ちゃんと”腹落ち”させる時間を設けながら終わるなんて
とにもかくにも、
入社時から延々と細かな事に感動しまくりで笑いそぅではあるけれど・・・

さて・・・
ウエスティン都を出て、”ベンツ”で北山まで行き、食事会を開いて頂いた。
北山モノリス


京都には、長年毎月のように足を運んだ場所ではあったけれど


多分、忘れないダロゥなぁ~と思える位、思いの詰まった時間を過ごせた。


一緒に過ごした人達の”達成感”と”パワー”と


お店のなんとも言えない雰囲気と・・・・・


コンベンションの意味合いと・・・


色んな余韻と・・・


色んな余韻の折り重なった中で運ばれる料理の技と・・・


全てが絶妙のバランス


そして、久々の京料理の薄味


本当に、久々にダシ風味を味わって
こんなに美味しかったンダとシミジミ
無題

東京はなんでも揃っているけれど
何かが違う!!!と常に思い乍らいた初めの頃が懐かしく思えた


慣れてくると、当たり前になって違和感すら感じなくなっていた


まるで違っていた事


色のほとんどついてない炊き込みご飯も、一口食べると
タメイキが出る程美味しくて、ダシと素材の風味がそのまんま口の中で拡がった


”真似たってダメダヨ!!!”
なんだって一緒だと色んな事をじっくり味わって「宝箱」に詰め込んだ


頑張ろう!!!

ROOKIE・CONVENTION in KYOTO 

Posted by vickywallst on 28.2015 イベント   0 comments   0 trackback
5月はイベントだらけで、なにかと目まぐるしく過ぎていき、
6月に入って、まるで夏の終わりのようなけだるさの中、急いでアップさせなきゃと焦る始末

5月の終わり、久々の京都へ
東京から朝7時台の新幹線で京都に行き、懐かしの鴨川の畔を走るバスに揺られ到着したのは、
ウェスティン都ホテル京都


規制があるので、詳しく言えないのが残念ではあるけれど
2014年4月~2015年1月(位までなのかな?)までの入社で、基準を達成した約200人のルーキーの授賞式が
ウェスティン都ホテル京都で開催され、格式高い日頃静かなこのホテルは、
応援も含め1000人を超す程の人でごったがえしていた。
入社2年目以降からの毎年の受賞式は、ハワイで行うので、このルーキーコンベンションは、1回限りのものという事になる。

仕事なんて、どこで何をやっても究極一緒一緒!!
なんて声をよく耳にするケレド
絶対”それはナイ!!!”
と、強く確信した1日でもあった。

そして、なにより
「時間とチャンスは、永遠でも、常にあるものでもない!!!」
事を痛切に感じられる時間でもあり
同じ時間でも、どう過ごすかで全く別世界になる事を実感し
「後10年入社が早ければ・・・」と、無駄に遠回りした時間を惜しむ時間にもなってしまった。

過去、色んな会社でこの手の授賞式に参加したけれど
この受賞は、本当に価値がある!と思った事と
この会社は、本当に素晴らしい!と思った事の、
過去の会社との微妙な違いを形にしようと、頭の中で必死にあぶり出しながら長時間の立ち見に耐えた。
なんせ、新幹線を降りてから食事会が始まる6時過ぎまでずーっとハイヒールで立ちっぱな
熱気の凄さで足の痛さをごまかせていたけれど、夜寝る時にさすがに悲鳴をあげて朝方まで寝付けなかった程。

熱気ムンムンの中、この何ヶ月かの研修で出会った長野や新潟の人達とも挨拶を交わし
更に日本全国から集まった顔ぶれを拝み倒す中、授賞式が終わり、ガラリと様相が変わって食事会となった。
このシャンパン(?)のブルーは、会社のカラー


岐路とか、選択肢とか簡単に言うけれど
チョイスするかしないか
ただそれだけのが生み出すものにしては、大きスギル気がした!!!
ずーっと真横にあったかもシレナイのに・・・



5m飛べるバッタが1mしかない箱の中に閉じ込められたら
1mしか飛べない
という現実をどう捉えるのか



例えば、
みかんが赤いネットに包まれ、オクラが緑のネットに包まれる理由
これは、同化現象を促すもので
本来の色と見え方を意図的に変えるという事らしいけれど
一流のマーケッターは、常にこぅいぅ事を考えている。

これをどぅ料理するかの問題である。




ウワベだけすくって真似たってダメなんだ・・・
という所をトコトンやっていくような会社であり、研究熱心であり
そもそも「理念」をしっかり細部まで行き渡らせようとする企業努力には頭が下がる。



メラビアンの法則なるものがある。
Verbal、Vocal、Visual
入社時研修では、初めにこれを徹底的に腹落ちさせる事からスタートする。
人間の行動心理学に基づいて進む研修は、「7つの習慣」の本の中を巡ってる感覚があり
タメイキが出る程素晴らしい内容だった。



本質をどう問うのか
そこが抜け落ちると、幼稚な内容になり、子供騙しのような環境の中、井戸中の蛙として埋もれるのは
本当にもったいない!!!



なんだか腐ってるそこのアナタ!!!
是非、一歩踏み出す勇気を!!!
そのたった1歩で世界がまるで変わるかも???



そんなこんなで、食事会が終わり、2次会に少し顔を出し
翌日も朝が早いとの事だったので、バスで東急ホテルに行ったのはいいけれど
足が悲鳴をあげて朝方まで眠れず・・・



東京を出た日も、あまり寝てなく、この日もほとんど眠れなかったにも関わらず
朝5時半には目が覚めてホテル内を散歩



朝食バイキングを食べながらの外の景色は
さすが、京都という感じ。
コンベンション2日目イザ・GO!!!



キックオフ

Posted by vickywallst on 27.2015 イベント   0 comments   0 trackback
溜まりに溜まってくるので急いで片づけようと6月の終わりに 5/22のキックオフのアップをするって
どぉよ!!!

食ってばっか!!
って気がしなくもないけれど
この辺りはゆる~く更新って事で・・・

最近「月の宴」って所によく出没してる
なんせ、安くて量がタップリあって・・・
以下全て夜の何時間かで自分のお腹に入ったのかと思うと
ゾ~ッとしなくもないけれど・・・
まだ、お茶漬けだの、なんだのかんだのと写真の撮り忘れがある位だから
恐ろしい事になりそぅな悪寒・・・

けれどオゴリだったのでお財布には超優しかった
月の宴1 月の宴2

月の宴3 月の宴11

月の宴16 月の宴10

月の宴4 月の宴115

月の宴17 月の宴14

月の宴13 月の宴18

月の宴19 月の宴20

月の宴12 月の宴7

月の宴6 月の宴5

月の宴21

ホテルスプリングス幕張にて

Posted by vickywallst on 27.2015 イベント   0 comments   0 trackback
5月の半ば、会社のあるイベントでホテルスプリングス幕張に行ってきた。
かつて「先読み」主体で、ヒドイ時には3年早過ぎた!!!なんて事が多発してたのに
今では、5月の事を6月の終わりに書いているwww

なんとゆー事でしょぅ

この2~3年一切何も書いてこなかった事を思えば”進歩”ではあるんだけれど
まぁ、その間書き残しておきたい事が何もなかった位ヒドイ状況だった事が一番大きな原因だとすれば
今、少しでも書き残しておきたい!!!と強く思える事が”満載”な状況は
しあわせ~
な事だと心から感謝しながら・・・・・

企業って”組織”なんだけれど・・・
前職の3年半で「器の大きさ」が大事だとは、絶~っ対に思えなくなった!!!
fc2blog_20150608000607607.jpg

「トップ」に誰が立つか!!!で”組織の色”は決まってしまうのは、事実だと実感するけれど


日本企業のあの”もさっ”感だけは、イタダケナイ!!!
なんだろぅ???
あの”もさっ”とした感覚・・・???



トップ→お偉いサン方→部長→課長→のトップダウンのどこで劣化するのか???



恐らくは、大企業たるもの、トップは”崇高”な戦略を打ち立てるものだと思うんだけど
なんであんなに”劣化”して舞い降りてくるのか?
それとも、やっぱりトップの元からもっさりしてたのか???
いまだ謎!



ヤーッパリ”人”なんだと思う!!!



あまり好きとは思えなかった同じ業界にきて
なぜか、”好き”になれた!!!
この変化は大きい!!!



やってる事が同じなのに
嫌い、自分には不要!!!
と思ってた事が逆転した。



単純に”なぜこの仕事をやるのか?”の
「意味」と「理由」をトコトン問われ
そこに「理念」と「クオリティ」がしっかり存在してた。
ただ、それだけで「ブランド」だと思えた。



ブランドって
器の大きさではない事を
しっかり認識できる機会に出逢えた事に
乾杯


ジャパンキャンピングカーショー IN 幕張メッセ 3

Posted by vickywallst on 12.2013 イベント   1 comments   0 trackback
2~300枚写真撮ったから整理がデキナイって

輸入車のキャンピングカーは、いつどこで見ても大体こんな感じのが多くて、
当然、家1件分位のお値段だったりスル・・・
2013_02_11 キャンピングカーショー38

ムシロ、家の方が必要ナイデショ・・・って感じがしなくもなく・・・
大抵、この反対側には、トイレとシャワールームがあり
その奥の扉を開けるとフランスベッドの寝室なんてあったりスル。
2013_02_11 キャンピングカーショー37

サバイバルでも生き抜けるゾ!!!な感じダケド・・・
問題は、地震で道路が割れてたりすると移動が出来なかったり
津波や土砂崩れにあうと電気系統ダメなんじゃ???って事なのかな?
それでもいいよ、ココに住みたい!
2013_02_11 キャンピングカーショー36

発想の転換

こーやって需要を生み出さなきゃ!!!
2013_02_11 キャンピングカーショー39

車は地面を走るモノ、人を乗せて移動するモノ
ココから脱皮しなきゃ”飽和状態”から抜け出せない!
2013_02_11 キャンピングカーショー40

例えば、今の段階では、電車に”グリーンシート”があるケレド
こんな”ゴールドシート”を作ってみれば・・・
2013_02_11 キャンピングカーショー41

例えば、こんなタクシーとか・・・
2013_02_11 キャンピングカーショー42

”移動式占いの館”とか・・・
2013_02_11 キャンピングカーショー44

”移動式カラオケボックス”とか・・・
2013_02_11 キャンピングカーショー45

”移動式介護カー”とか・・・
2013_02_11 キャンピングカーショー46

”移動バー”とか・・・
2013_02_11 キャンピングカーショー47

”移動エステ”とか・・・
2013_02_11 キャンピングカーショー48

”移動茶道”とか・・・”移動三味線”とか。。。
シカシ・・・コレにはぶったまげた!!!和室ダヨ!!!
2013_02_11 キャンピングカーショー49

どれもこれも、自分達だけで使うのがもったいない位
2013_02_11 キャンピングカーショー50

まだまだイッパイあるんだケレド
情報漏洩!!!って怒られそうなのでこの辺りで・・・
2013_02_11 キャンピングカーショー51

ちなみに・・・
キャンプ場紹介のコーナーがあって
”オーキャン宝島”の人から声を掛けられた・・・・・
ナント!!!顔を覚えてる!!!との事!!!
ビックリ!!!
最高にお水の美味しいステキなキャンプ場だった事を瞬間に思い出した。
早く春にナレ!!!
  

カレンダー

03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。