FC2ブログ
Loading…

ブログ派? mixy派?

Posted by vickywallst on 05.2010 日記   0 comments   0 trackback
知人が始めたのをキッカケにmixyに登録してみた。

mixyって
なんだ???

( ̄▽ ̄;)。。。

ブログとどう違うのか
まだ、よくわからない。

沢山の「足跡」をクリックする事すらできないでいるし
メッセージに対して返信すら出来ないでいる。
何より、プロフィールが「拒否してマス!!!」オーラをプンプン醸し出しているかもシレナイ。。。

だったら早く解除しろよ!!!
って話になるけれど・・・

何かわからないまま解除・・・
それも出来ない。。。

困った、困った・・・

世間でこれだけ騒がれているmixyにTwitterにBlog。
知らないままでは、終われない気分で取りあえずクビは突っ込んでみるものの・・・
「合う、合わない」が出てくる事自体、そこに「答え」があるのか
単に、一番始めに選択したものが何だったかダケの違いなのか・・・

デモ。。。
よくよく考えると・・・
一番最初に始めたのは、mixyだった。(今、思い出した!!!)
記憶にあるだけでも3回は、招待され登録し
結局3回とも「1日ダケ」日記を書いたきり、完全封鎖状態。
しかも、その日記。。。
確か、3回とも
「mixyよくわからん。何がしたかったんだろう・・・???」
という同じような内容で”閉店”の末”倒産”させた。
それ以上が書けず、書く内容も全く思いもつかない。
今、ここでこうして書いてるにも関わらず、せめて昨日の分を「転写」しよう・・・
コレでさえ手が止まる。
なぜ、そうなってしまうのか。。。
その理由が全くもって意味不明。

WHY

久々の戸惑い・・・・・

ミクシーに「足跡帳」なるものがある。
よくよく考えると
このブログは、単なる日記であり、
けれどこれもれっきとした自分の「足跡帳」なワケで
日々思う事を忘れないように記録しているダケの話ではあるけれど
参加者は、ほぼ「自分」オンリーであり、
自分が今日何を思い、何を考え、どう過ごしたか
それを「足跡」として綴り、不特定多数に向かって公開し、2年と少し経過した。
公開する意味がどこにあるのか、それも意味不明ではあるけれど、
なるだけ客観視したい。。。ので公開しているダケのお話ではある。
そして、単純に、不特定多数に向かって言いたい事と文句を延々吹いてるダケの事でしかない。
恐らく、この「内容」は、また~りとした会話には・・・
予感ではあるけれど「馴染まない」気がする。
イヤッ・・・馴染まんだろう。。。
ヘタをすれば・・・
「私とディベートしますか?」とケンカを売ってるような勢いの時が多々ある。。。
これじゃぁ”成り立たない”のは、目に見えている。

けれど・・・
自分にとって、この作業(ブログ)は、重要であり
溢れかえる「点」としての「情報」を自分の中で再構築して「線」にする作業にかなり重宝!!!
更には、その情報を時系列に自分流に加工する作業と、
それを「主観」と「客観」にふるいをかける作業、
その為にブログは欠かせないツールとなっている。
故に、自分のパーソナリティなり、プロフィールなど、勝手にそちらで判断してくれ!!の世界で
批判や反感は、受け入れの姿勢で厭わないのに
プロフィールなど全く度外視しているし、「交流」や「理解」も圏外のお話。

えっ!!!
ケンカ売ってたの!!!
まさか、それはナイにしても・・・
「手を繋ぎましょう。」や「仲間をふやしましょう。」は無い価値観だった。

そもそもブログを始めたキッカケが
だからぁっ!!!(ドル)買ってる場合じゃない!!!って言ってんでしょんがぁ
マーク」がスタートだ!!!
内輪でチマチマ言ってても埒が明かなく、ムカツキ度がヒートアップして
”トンネルを抜ければそこは雪国だった”かのごとく
”堰が切れたらそこはブログだった。。。”のが始まり。。。
プロセスがまるで違うのかもシレナイ。。。
仕事に必要だった・・・という話か・・・???

自分が「営業」という仕事をしていて、一番イヤな事は
「押しの強さ」=「押しつけ」営業である。
「粘った」→から→「契約」に至った。。。
それを「おそ松君」と解釈しているので
「スッキリ」片付けましょう。。。
の為に「ディベート力」は欠かせないもので、論理的な話に必要なのは
「そう信じる根拠」を探り当てる事から始めるワケだから
「スッキリ」させる為には、「主観」から脱する事が一番である!!!
「2010年7月5日、日経新聞」
同じ新聞を手にしても
「ドルが上がる」と捉える人と「ドルは下がる」と捉える人の両者が存在する。
「両方の立場」から考えていかないと、「突破できない」事がある。
故に「自分の考え」を客観的に捉え、更には「全く対立する考え」も受け入れる。
その違いやズレの中に突破口が必ず潜んでおり、これが武器となる。
・・・悪い人みたいジャン。。。なんか。。。
でも、それが仕事だったから。。。

mixyという「知り合いに向けて」の日記や、「限られた世界」に向けての発信だと
情報は「点」のままで構わないような気がしてしまう。
今度G20がある」という事より「今日は、ドルがあがったね。」でいいかもしれないし
もっと言えば今日○×で「儲かった」この事の方が重要なのかもしれない。
この○×にはいるのは、ドルでもユーロでもパチンコでも麻雀でも
それが問題ではなく、それで具体的に今日「どうだったか」
儲かった、とか損をしたとか、笑ったとか、コケタとか
自分の具体的な結果の方が重要な気がするので
あえて、情報を「線」に加工し直す必要がないかもしれないし、
もっと言えば、日経新聞の内容ナンテ、ウザイ話であり、辞めてクレ!!!な内容である。
日記の内容も「主観だけ」で充分であり、
そこから「客観」との「ズレ」を捉える事は難しいかもしれないし
情報の加工に「偏り」があっても、許してくれ、受け入れてもくれる。
けれど、逆に「噂話」としてここでは書けないコトがもっと書けたりもするのかもしれない。

mixyとブログでは、そもそもの”立ち位置”が違っており、
ブログと同じ立ち位置でmixyに臨もうとすると、そりゃぁ手が止まるのも当然なのかもしれない。
”出会いの為、交流の為のツールがmixyであり
故に、トップページは、常に「プロフィール」である。
このプロフィールの「○×が趣味!!!」「○×が好き!!!」の「○×」部分をシンバシ-とし、
そこを「肯定」する事を「起点」として、即「1:1」の直のメールのやりとりで繋がっていく。
シンバシ-の対称は、”公的な事柄”より、”私的な感情”の方がいいのかもしれなく
そこに共感する人の「交流」とその「輪」と「輪の数」が重要!!!という感じがし
そこがブログとは、全くの対極にあるような気がする。

けれど・・・
「プロフィール」の単純な断片をシンバシ-として即「取り込める」その「反応のす早さ」
これはスゴイ!!!

例えば・・・「バナナが好き」というプロフィールを見てメッセージが飛んできた!!!とする。
「バナナが好き」というダケで”直繋がり”という所にすでに
( ゚д゚)ポカーン
多々良浜では、「ゴカイ」で「キスが4匹、日焼けの水ぶくれ付き」で苦労したのに
「バナナでOK???」・・・
ヽ(ll゚д゚)ノ アンビリバーボ
なカルチャーショックがある。
「バナナが好き」ダケでいいなら「猿でもバナナは好きだぞ!!!」
どうかお猿さんからのメッセージでありませんように。。。
ふと・・・祈る。。。

けれど・・・
今回もリタイアすれば、次は完全にナイ世界になってしまうなぁ・・・
という思いで一杯になってきたので
せっかくの機会なので、まだ理解に努めようと思い
ふと、思い付いた。
よし!!!ここで、
新たに”高度なお笑いのスベ”とやらを仕入れてみよう。。。
それなら、なんとなく、溶け込めそうな気がしてきた。。。





関連記事
スポンサーサイト




  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://vickywallst.blog15.fc2.com/tb.php/994-e23597f9

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter