Loading…

ユーラシア大陸ー② 東トルキスタン

Posted by vickywallst on 21.2010 ユーラシア大陸   0 comments   0 trackback
>続き・・・

中国が報道で流した「世界ウイグル会議の扇動だ」と言った事について

※「世界ウイグル会議」とは・・・?

・東トルキスタン独立運動
中華人民共和国の新疆ウイグル自治区における、ウイグル人、カザフ人、キルギス人等のテュルク系住民の独立運動。
・世界ウイグル会議
ドイツのミュンヘンに拠点を置く、世界各国のウイグル人組織を統括する上部機関。

沿革
 1992年 トルコ:イスタンブール
 「東トルキスタン民族会議」世界各国の民族運動組織や個人の集結。(リザ・ベキン:トルコの退役将校)
 1996年ドイツ:ミュンヘン
 「世界ウイグル青年会議」設立。(ドルクン・エイサ:学生運動家)
 2004年4 月16日
 「東トルキスタン民族会議」と「世界ウイグル青年会議」の両組織が合流し、「世界ウイグル会議」に再編。
 初代議長:エルキン・アルプテキン(元新疆省幹部のエイサ・ユスプ・アルプテキンの息子。
 UNPOの創設者で、ラジオ・フリー・ヨーロッパの元職員)が選出。
 2006年11 月
 ラビア・カーディルを第2代議長に選出。

<ラビア・カーディル>
ラビア・カーディル
ワシントンD.C.に本拠を置くウイグル・アメリカ協会の会長。
中国ウイグル族の女性起業家として大成功をおさめ、慈善、社会活動にも大きな業績をあげてきた。
1999年、現地の新聞と政治犯リストをアメリカに送ったという理由で不当に公安部に逮捕され、
8年の懲役刑を宣告。人権団体やアメリカの尽力で2005年3月に釈放される。



※同じ「ウルムチ2009・7・5事件」に対して異なる2つの報道。
アメリカ行政府と立法府が合同で行った「中国に関する議会・政府委員会」
≪7月5日の騒動以前から中国政府がウイグル人の少数民族としての権利を侵害し、7月5日、ウイグル人側が抗議のデモを実施したのを当局が強硬に弾圧したことが大規模な衝突の原因になった≫
フランスAFP通信社
≪警察は抗議する群衆に「無差別に」発砲し始めた≫
中国サイド
≪世界ウイグル会議の扇動だ≫

・中国サイドは、「世界ウイグル会議」を海外のテロ組織と認定し、7・5事件は”ウイグル人の暴動と漢人に対する攻撃”に起因するものとし、その”証拠”となる映像や写真を公開し批判を繰り返している。
・アメリカやフランス、トルコなどの公式報道は、中国政府のそれまでの人権侵害と「無差別に発砲する」 中国警察の責任を批判するもの。
(但:フランスAFP報道等の情報は、ラビア・カーディルのウイグル・アメリカ協会に依存。)

トルキスタン
トルクメニスタン・ウズベキスタン・キルギスタン・カザフスタン・タジキスタンと、東トルキスタンの地域
「トルキスタン」とは、「テュルク人」(Turk-)という単語に「~が存在する(ところ)」(-istān)を意味する接尾辞が付属したペルシア語での他称に由来するものであり、「テュルク」と呼ばれる一定の人間集団が集まり住む地域を指す言葉

その中の”東トルキスタン”
東トルギスタン


1955年:新疆ウイグル自治区成立
1957年:反右派闘争で少数民族出身の党幹部の多くが粛清
1958年:大躍進政策の失敗で餓死者続出
※1964-1996年に46回、総出力20メガトンの核実験
1966年:文化大革命の波及で内地の派遣「紅衛兵」により、モスクや、宗教指導者の迫害が始まる
1967年:紅衛兵同士の武装闘争に少数民族が動員され、多くの死傷者を出すなど、新疆の社会情勢は大混乱に陥る
文化大革命終結後
1982年4月:中国政府は民族政策の転換を図り言論統制の緩和、破壊されたモスクの修復や、イスラム禁圧を解除
      ウイグル人民族文化の振興だけでなく中華人民共和国からの独立を主張する動き。
1991年ソ連崩壊からの中央アジア諸国の独立でウイグル人独立の機運が高まる。

天安門事件が起きる直前のデモ&暴動
1989年5月:ウルムチ市内/ウイグル人デモ隊の政府庁舎乱入事件
1990年4月:クズルス・キルギス自治州アクト県バリン郷/ウイグル人住民が郷政府庁舎を襲撃事件
    知識人、民族エリートに対する引き締め強化/ウイグル人作家トルグン・アルマスの著作が発禁処分
    著者も軟禁状態に置かれる
    1996年:上海ファイブ設立(中華人民共和国・ロシア・カザフスタン・キルギス・タジキスタン)
1997年:イリ・カザフ自治州グルジャ市内/大規模なデモ隊と軍隊との衝突事件。(多数の死傷者)
    事件後1,000名以上が逮捕され、30名が処刑(アムネスティ・インターナショナル)
    1999年ラビア・カーディル逮捕
    2001年:上海協力機構設立(中華人民共和国・ロシア・カザフスタン・キルギス・タジキスタン・ウズベキスタン)
    2001年9 月11日の米国での同時多発テロ事件以降ウイグル民族運動をテロリストと認定
    2003年高等教育で漢語の使用を義務付け
2008年3月:新疆南部のホータン市/600名を超える当局への抗議デモ発生
2009年6月:広東省玩具工場/漢族従業員とウイグル人従業員の間で衝突(死者2名、負傷者120名)
2009年7月:ウルムチ市内/事件に抗議する約3,000名のウイグル人と武装警察の衝突(140名が死亡、800名以上が負傷)

そして・・・

今年は、お隣の国キルギスで
2010年4月7日:クーデター
2010年6月11日:キルギス非常事態宣言(113人死亡、1,400人以上負傷) 

現状インタビュー。


ウイグル暴動とキルギス暴動は
全く”別物”だろうか・・・・・???


※両方が上海協力機構(SCO)の首脳会議の後に起こっている事

※暴動の発端が人為的だった事
※背景で動く米国情報部との繋がりと資金の流れ
※”この地域”その理由
これは次回!

さて、NHKGが大々的に推進してきた”シルクロードの旅”
ここで行われていた恐ろしい事実について・・・

・【ウイグル】中国の核実験 潜入調査 その1 【シルクロード】

・【ウイグル】中国の核実験 潜入調査 その2 【シルクロード】

・【ウイグル】中国の核実験 潜入調査 その3 【シルクロード】

・【ウイグル】中国の核実験 潜入調査 その4 【シルクロード】


関連記事
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://vickywallst.blog15.fc2.com/tb.php/991-3e60e46e

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter