Loading…

スポンサーサイト

Posted by vickywallst on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイアナ妃とカミラ婦人は・・・”ちょこっとネタシリーズ”

Posted by vickywallst on 09.2009 雑談   0 comments   0 trackback
クリスマスにむけて・・・オジサマ達への
”ちょこっとネタシリーズ "

オールトラップ子爵エドワード・スペンサーは1975年、チャールズ1世第8代スペンサー伯爵を相続し
八代目ジョン・スペンサー伯爵となる。

第二次世界大戦当時の英国首相チャーチル家と姻戚関係(モルバラ公爵家)だった。
あ

そのジョン・スペンサー伯爵とファーモイ男爵家のフランセス・ロシュとの間に生まれたのが
”ダイアナ・フランセス・スペンサー”
いわゆる・・・かの有名なダイアナ妃。
ダイアナ

ダイアナの両親は、ダイアナが7歳の時に、母フランセスの不倫が原因で1967年に別居し、1969年に正式に離婚。
母は、ピーター・シャンド=キッドと再婚。
父はロマンス作家バーバラ・カートランドの娘、レイヌ・マッコーコデール(ダートマス伯爵夫人)と再婚。

バーバラ・カートランド
バーバラカートランド

その継母の実家は、世界最大のダイヤ業者”デビアス”の支配者と婚姻関係にあり
利権を目論む父ジョン・スペンサー伯爵は、南アフリカで黒人支配をしながら、
ダイヤモンド・金・銀の鉱山利権を代々世襲していった。

1997年、ダイアナがパリで交通事故死した時の恋人ドディー・アルファイド。
ダイアナの前には、女優のブルック・シールズとのお付き合い。

ブルック・シールズ
ブルック

ブルック・シールズの父親は、英国王朝御用達のデパート「ハロッズ」のオーナーでアラブの大富豪。
モハメッド・アル=ファイド
ハロッズのオーナー

ブルック・シールズの母親の兄は、”世界的な死の武器商人アドナン・モハメッド・カショーギ”であり
カショーギーの作り上げた世界的なコールガール組織のメッセンジャーガールを務めていたのが
ブルック・シールズ。

ジョン・スペンサー伯爵が92年に亡くなると、継母レイン・マッコーコデールは、あっさりと
フランスのジャン=フランソワ・ド・シャンブラン伯爵と結婚。
幼い頃からエリザベス女王が庇護者だったダイアナの長姉セーラは、これまたあっさり継母の生家マッコーデール家に嫁いだ。

セーラが1977年から1978年にかけてチャールズ王太子と交際してたお陰で、
ダイアナと共にチャールズ王太子の誕生日パーティーに出向き、そこでダイアナとチャールズが初対面する事となる。
チャールズ

そして・・・
ジャ~ン
めでたくご結婚
結婚式


しかし・・・侮るなかれ!!!セレブの日常を!!!
ダイアナの実母フランセス・ロシュが嫁いだピーター・シャンド=キッド。
そこには、ロザリンド・シャンドとブルース・シャンドという夫婦がおり
この夫婦の娘が・・・・・

なんと!!!

カミラとチャールズ

そう・・・
あの、英国チャールズ皇太子が再婚した相手
カミラ・パーカー=ボウルズその人

ポンドはまたダダ下がってきてマスが・・・
コレじゃぁ・・・仕方ない!!!って納得してしまう・・・

って事でキャパクラ嬢3分クッキングの時間でしたー!!!


関連記事
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://vickywallst.blog15.fc2.com/tb.php/783-d139f024

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。