Loading…

男にゃ絶対わからない世界!!!

Posted by vickywallst on 18.2009 癒し   0 comments   0 trackback
多分・・・ではあるけれど
”仕事”って女には、過酷なのではないか・・・(何を今更!!!)
泣きが入ったワケではなく、”投資”の世界は好きだから、嫌気がさしたワケでもなく
生涯お仕事をしたい!!!と常々思っているんだけれど
”ホルモンバランス”がムチャクチャになっているような気がして・・・
ヘロヘロ度が最悪!!!

コレばかりは、”やる気”だけではどうしようもない・・・

目に見えないからわからないだけで
だから、無理も出来るし、頑張れもするけど
”労働に耐えうるメカニズム”を、元々女は、
持ち合わせてない=相当無理をかけてる
という事らしく、故に、
”仕事をする” = ”戦闘態勢”に突入
という事で
それは、「男性ホルモンの世界」
なんだそう。。。
それを続けていると、
ナント!!!
極端に”女性ホルモン”が激減していく
という事で
そのうち、ホルモンバランスがかなり変わってしまい
そのツケは、必ず後になって払う事になってしまう・・・んだそう。。。

稼ぎながら、女を脱皮していたのね。。。
悲しい現実。。。
もぅショックでショックで。。。頭の上からハンマーが落ちてきたような気分。。。

若い間の無理は、いくらでも出来るし
いつでも取り返せるけれど
それが出来るのは、”お若い間だけ”であって
そこから先は、”グローバル・ソブリン”と一緒!!!
たこ足配当みたく、自分の足を食って生きてる状態なのかも・・・
肝心要の一番大事なその時期に”女性ホルモン”を差し出す代償に
一体どの位稼いでたか。。。天秤に掛けるとコワイ気がスル。。。
限りある資源と時間は、大切に  

その辺りの医学って、どうなっているんだろう・・・?
遅れているのか、自分が無頓着なダケなのか、
それとも”税金取りたい”が為に、女にも仕事与えろ!!!って事であまり取り上げないのか
結構無関心で気にしない人も多い気がするし・・・

どーか政治家の皆さん 
子供の数を増やしたいなら、
35歳を過ぎれば”ゆったり過ごせる”ようなご配慮を 
女は、土日休ませる!!!とか、何か策を練らないと
困った事になりますよ 
その分1~2万のお給料を減らしてもいいんじゃないか???
お金の問題ではないように思うし
女は、その事をもっと真剣に考えなきゃ・・・とも思えるし
せめて選択の余地があってもいいかもしれない。

その時は元気で無理がきいても
後から気づくともぅ遅いって事があれば、それはかなりのリスクだと思える。
それこそお金の問題ではない!!!
そのためなら、年に10万や15万位は、自分をいたわってあげないと
後悔先立たず!!!はハンパではない!!!

35歳を過ぎれば
”そろそろ出産準備をしなさい!!!”
そう体に教えてあげましょうね 

って事で・・・
自分の場合は、もっと色気のない問題なんでありますが・・・
やっと共感出来る人が現れて
自分ダケじゃなかった!!!と、大喜び!!!

足がつる!!!足がむくむ!!!体温調節がままならん!!!
加えて、正座ができない!!!パンストがはけない!!!
電車の中では、長い時間座ってるのがハンパなく辛い!!!
そして・・・
基礎代謝の問題!!!
セルライトよ!!!どっか行け!!!な状態・・・

でも。。。自分だけじゃなかった
って事で
日頃の会話も平日の病院の待合室状態になりつつある。。。
なんせ・・・ヤバイ

7年前は、、
どれだけドカ食いしても、どれだけドカ飲みしても、太らなかったし
ビッキーやビアッジョでも7号サイズは、OKだった。
2日寝ずとも仕事に行けた!!!
お腹もペッタンコだったし、オケツもプリッと上がっていた!!!
なぜ!!!
わずか3年で7号サイズが一気に11号まで暴騰するのか!!!
サイズは暴騰!!!贅肉がタルミで大暴落!!!
ヤダ!!!ソレ!!!
そして、なぜ!!!
クビレが一気に丸太ん棒に化けるのか!!!

足がつる!!!のも、”つる”どころの騒ぎでは済まず
この間なんて、夜中に足がつって痛くて起き上がって
”水
と水を求めて真っ暗闇の部屋の中を彷徨っている間に、貧血なのか
”バタン”と倒れてそのまま意識が消えてしまった。。。。。
恐くない。。。コレ。。。
”ゴン” と頭から落ちた音だけ聞こえてたけど
相方が元の位置までそのまま足を引きずって連れていってくれたからいいものの
1人だったら悲惨だったかもしれない。。。
こんな事も初めてだ!!!

アレもコレも、、”基礎代謝”というものが落ちてきた証拠だそうで
それは、全て女性ホルモンと深~い関わりがあるのだそう。

いつの間にやら、女からオッサンに転身。。。???
”さなぎから蝶”とは、よく聞くけれど 
まだ”さなぎから蛾”の方がマシかもよ。。。
それに。。。痛い。。。もう悲しい。。。

きっと。。。デリケートなんだ。。。女って。。。
初めて思った。。。

そこで7年前の状況を考えてみた。
大阪の日本橋に”ヘルスファーム”というサウナがあり
今は、名前を変えて”スパやすらぎ”だか、また名前変わったんだか(HPは、悲惨そのもの)
けれど、そこは、自分の隠れサウナとして、12~3年通い続けた場所である。
多い時は、週に3回。
少なくても毎週土曜日は、色んなクーポンや割引券をどっさり抱え、1日そこで過ごしていた。
何がお気に入りかって・・・
フランソワーズモリス
これは、ニューオータニだかヒルトンに入ってるホテルエステと全く同じサロンで
”ホテルよりお得”に全く同じ施術が受けられ、
しかも1日サウナにこもって、食事をしたり、寝たり、TVを見て過ごしたり・・・と
自分の家にいる感覚で過ごせる程”人があまり居なく”
様々なマッサージも数多くあり、で
隠れサウナとして、一押しの場所だった。

たまにスパワールドや、大東洋や、ニュージャパン、それに、
八尾グランド温泉なるローカルにも触手をのばしたりしてたけれど
ポールポジションは、この”ヘルスファーム”と決まっていた。
(ねっ・・・関西人のサウナ好きって筋金入りでしょう?)

ある時期から、突然仕事がハードになり、肩こりが辛くて
そのサウナで色んなマッサージをする様になり
やがて、エステでリンパドレナージュやゴマージュなど受けるようになるワケだけど
それは、翌週、”体がとても楽になり、仕事がはかどる”という事を実感させる事になり
それが”病みついた”原因ではあるけれど
それをずーっと続けていた時は
どれだけドカ食いしても、どれだけドカ飲みしても、どれだけ寝不足でも
”太らない!!!””疲れを持ち越さない!!!”
を維持する事に繋がっていたのではないか・・・?

東京に来て、初めは、有楽町の西武百貨店の地下にある”ソシエ”なんとかって所に通っていた。
けれど、名古屋に移り、埼玉に移り、千葉に移り・・・としている間に
”行きつけ”という感覚がどこかにふっとんでしまい
そこから”通う感覚”が消えてしまった・・・
多分・・・
そこから太り始めている。
間違いなく、そこから体調もオカシイ!!!

加えて、そこから7年の時間は、大昔の7年とはワケが違う”貴重な7年”
きちんとケアしてなきゃダメだったんだわ。。。きっと。。。

化粧品とかお洋服とか。。。
もぅ2の次であって
まずは、
女であること!!!ホルモンバランスがちゃんとしている事。
これが基本中の基本であり、
そのケアが出来てる上で、基礎代謝を上げる事。
化粧品は、そこからだと思うし
その先にしかお洋服。。。とはなれない事は、実感済み。。。
だって。。。試着室が遠くなってしまったら、関心も薄くなってしまう。。。
しかも。。。痛い。。。

相場ごときに夢中になってる場合ではないよ!!!
本気でそう思い、辛さ満開で、土曜日、インドエステに駆け込んだ。。。
ヒーヒー
痛いの何のって!!!
笑うしか無かった!!!
痛い = リンパの流れが悪く、セルライトがタップリ!!!
だそう。。。
コレは、イケマセン!!!コレは。。。。。
終わった後、ウエストマイナス5.7cm
様々な部分がマイナス5cm前後。。。

色んなサロンは、行くけれど
ウマイかどうかの見極めは、”コツと秘訣を押さえている”かどうか。。。
それが無ければ、無駄なんだそう。。。
たいじゅうのリバウンドならまだしも、リンパの逆戻りは、
かなり多い事。。。意味がない。。。

でも
これ。。。必要でしょう。。。
ケアしよう。。。
改めてそう決心!!!

これから半年で、マイナス10kgに挑戦!!!
宣言するのはイヤだけど
宣言しちゃいました!!!
食べながら、基礎代謝をあげて元に戻そう!!!

こんな事。。。
メンズには、絶対にわからない事だと思う。。。
♂♀という分け方があるんだから
当然、何かが違う!!!
違う事で平等なんだから、同じようにいかなくなる事だって
あるよね~

負け犬の遠吠えでした。。。
ゥワオ~ン。。。。。



関連記事
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://vickywallst.blog15.fc2.com/tb.php/701-97d015df

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter