Loading…

皇居は、エンペラー・オブ・ザ・パワースポット!!!Ⅲ

Posted by vickywallst on 18.2009 東京   0 comments   0 trackback
帰りの湘南新宿ラインです!!!
鎌倉や熱海が退職後”住みたい場所”のNo.1,No.2にくるのも頷ける・・・・・

大船駅からヒョイと山手を見上げると・・・
そこには、巨大な観音様の姿が・・・
初めて見た時は、ビックリしたけれど
初めてでなくてもやっぱりビックリしてしまう・・・
津波で流されたと聞いたコトがあるけれど・・・
まだまだニッポン!!!捨てたモンじゃない!!!
沢山見るべき所が残されている!!!

富士山と鎌倉と皇居の位置関係って風水的には、どうなんだろう・・・?
皇居から流れる「気」は、銀座で吹きだまりお金を貯めるには、いい
とか聞いた事があるけれど
銀座は、「お金の集まる場所」とされる”根拠”が知りたい!!!
銀座、新宿は、とにかく人やお金の流れがものすごくいい”陽”の場所で
逆に、六本木界隈は、”陰”の場所だというその根拠はナンだろう・・・?

確かに・・・
歩いていても
何かが違う!!!
そう思う人は、多いハズ!!!
なんだろう・・・?
きらびやかであるハズのヒルズ界隈の言い表せないあの重い空気は・・・?
その点、銀座や新宿は、全く逆のエネルギーがあるコトは、肌で感じれるハズ!!!
そういう”勘”は、以外と当たっているのかも・・・

さて・・・
なんでも、皇居を中心にして、
何百という坂があり、それらの坂が「気」の通り道
だとか・・・・

皇居の東北方に位置する
上野の車坂、千駄木の団子坂、湯島天神の男坂・女坂、
北の小石川富坂、小日向の切支丹坂、
西北方、日白台の日向坂、早稲田の八幡坂から、西方の神楽坂、弁天坂、三宅坂
西南の赤坂の紀尾井坂、南部坂、乃木坂。渋谷の宮益坂、道玄坂、権乃助坂
南の霞が関坂、愛宕石坂、魚藍坂
とりわけパワーの強い通りは、晴海通り、それと交差する中央通りというコトらしい。

そして
台地の末端部の谷を「開析谷」と呼んでいるそうで
皇居の北の神田の丸ノ内、南の溜池谷というコトで
千駄木不忍谷、指ヶ谷谷、神田丸ノ内谷、溜池谷、古川谷、日暮里谷、駒込谷、呑川谷・・・
この開析谷は、それが小さな龍穴(小龍穴)で、
地の「気」が凝結したすぐれた地形で発展した地域になる
とのこと。

さて
幕府は、埋め立てで出来た土地を、「銀の座」と呼び
銀や金属をあつかう職人たちの街に指定。
金属は、金運をよぶ強力アイテム
パワーの宿る岩石から金属を取り出し、高温の火をも使う作業は、
霊気・神の力・見えないパワーをあつかうものと認識され
以後、銀座が急成長した理由ではないか・・・
という考え方。
元の土地の金運エネルギーを”金属”がパワーアップさせたのかも・・・


関連記事
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://vickywallst.blog15.fc2.com/tb.php/542-0b2c3eed

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter