Loading…

スポンサーサイト

Posted by vickywallst on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮の核実験の謎

Posted by vickywallst on 10.2009 ユーラシア大陸   0 comments   0 trackback
この世に生き残る生物は、
最も強いものでもなく、最も知性のあるものでもなく
最も変化に対応できるものである。

byダーウィン

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

ここが狙いか!!!!!
なNewS


ついに出てきた本音がポロリ。
これで、北朝鮮の核実験の謎がヒトツ解けたような気がする。
要するに・・・

日本も核を持ちなさい!!!

作らなくてもいいですよ
運ばなくてもいいですよ
もちろん、マズくなれば、返したっていいですよ
お貸ししますよ

「非核三原則」
これでなかった話になり、
今の世の中「核」を待たなかったらどうにもならない
な状況を作り上げられてる今
ここを突破口として崩れていくんじゃないか・・・
NewS
       


1974年の田中角栄内閣時代に、政府が核兵器を搭載した米艦船の日本への寄港や領海通過を公認する方向で検討を進めていたことを、当時の事情を知る元外務省高官が8日、朝日新聞の取材に対して明らかにした。

 日米両国は、60年の日米安保条約改定の際に核搭載艦船の日本への寄港や領海通過を認める「核密約」を結んでいた。田中内閣は「密約」を維持し続けることには無理があると判断していたと見られる。核を作らず、持たず、持ち込ませずとする非核三原則のうち、「持ち込ませず」が当初から形骸(けいがい)化していたことが改めて明らかになった。

 この元高官によると、74年当時、木村俊夫外相、東郷文彦事務次官(いずれも故人)らによる少人数の会合で、木村外相が、核を積んだ米艦船の寄港を政府が公式見解として認めていないことについて「なんとかしなければならない。田中首相とも話したが、そうした考えだった」と述べたという。

 74年当時、政府が米艦船による核持ち込みを認める方向で米側と折衝し、非公式な合意に達していたことは、木村元外相が生前、朝日新聞記者に証言していた。交渉は、田中内閣の総辞職に伴い中断されたという。今回の元高官の証言は、木村・元外相の証言を裏付けるものだ。

 木村元外相が75年に朝日新聞記者に対して行った証言の骨子は(1)米艦船が核を積んだまま寄港し、領海を通過しているのは事実(2)政府は寄港や領海も事前協議の対象だとしているが、これを証明する文書はない(3)偽りを続けるよりは領海通過と寄港だけは容認する方針を田中首相と決め、対米折衝した結果、非公式合意した(4)しかし、本交渉に入る前に田中内閣総辞職でご破算になった、の4点。


で・・・
火だねがアチコチイッパイ
中国の暴動、サイバーテロ、中東のイザコザ、暴落、倒産、デフォルト、インフルエンザ
今、世界で最も稼働してる事は
どこからでも戦争に突入できるような”火だね作り”
かも・・・

実際には、原子力発電所の中で核が作られているとか、武器の輸出に、とある有名企業の「船」が使われているとか、相当に詳しい資料は入手してますが、それが本当かどうかは謎。
憲法改正でもされて、もし、中東などに徴兵でもされた日には、そのお見舞いに、またもや”ドカン!”とやられそうで、身も蓋もナイ事になる事がむしろイヤ。
監視しなきゃ・・・・・
関連記事
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://vickywallst.blog15.fc2.com/tb.php/450-a4939a1d

カレンダー

03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。