Loading…

誰が何と言ったって「熊」が怖い!!!!!!!!

Posted by vickywallst on 13.2016 日記   0 comments   0 trackback
年々熊の被害が増え続けている気がして。。。

今月に入ってからでもすでに何人か、熊に襲われたとぃうNewsを目にしたケレド、6月11日のNewsは悲惨だった。

クマに襲われ4人犠牲 それでも入山

なぜ、こんなに”熊が怖い”って言い続けてるか。。。と言うと、
キッカケは、↓この事件

福岡大ワンゲル部・ヒグマ襲撃事件

ムツゴロウさんの「熊は恐ろしく執念深い」という言葉に納得した事件だった。
そして、熊鈴もラジオもホイッスルも火も全く効き目がない事実がこの事件の中に証明されている。

要するに、勝ち目がない!!!
何より、歯医者も行けない位痛いのが嫌いなのに、トドメとなったNewsがコレ↓
もぅムリー!!!!!!!!!勘弁してホシイ!!!!

熊に食べられながら実況

後は、感受性(?)の問題???
子供の頃から”嫌な予感”を感知するも
好奇心が旺盛なのか、ひるまず突き進んだ挙句の果て、人生を棒に振る程の「痛い目にあう」
とぃう事を懲りずにやり続けたお陰で、大人になってから、少しは舵取りも上手くなった気がしなくもなく
あの2006年頃も、相場の絶頂期に降臨してきた”嫌な予感”のお蔭で逆に100年に1度のお祭り騒ぎを味わえた。
確か、311の前も同じ事言ってた気がする。

色んな場面で登場するこの”嫌な予感”は、”嫌な気配”だったりする時もあり
何かいるぞ!!!とぃう殺気とぃうか、気配とぃうか、
そんな時に、過去数々失敗してきた道程の最初の”岐路”に感知したあの”嫌な予感”に通ずる教訓ナノダとふと頭をかすめ
立ち止まったり立ちすくんだり。。。

丁度、かなりの距離のトレッキングを検討しながら場所をアレコレ迷ってた最中に飛び込んできた秋田県の熊事件。
”かなりな距離⇒チョットした距離”に瞬時に変更した位に衝撃的だった。
そして、それを裏付けるような1枚の写真を見つけた。

森の365日
宮崎学さんのFaceBookから拝借した画像です。

普通に人が通っているトレッキングコースや山道の橋の上
自動撮影カメラは、淡々と”事実”を記録し続けてる。。。。とぃうあまりの事実に驚愕

この写真から、自分たちが気づいてないダケで、熊は、チャンと”人の気配を確認してる”とぃう事が判った。
だから、と言って、絶対、出てこないとは限らないワケで。。。。
だから、ラジオや熊鈴が必要なんだとぃうのも理解できるけど
逆にそれで出てくる熊だっているそうで、機嫌の良しあしだってあるかもしれないし。。。。。
決してなんでもかんでも怖い怖いじゃなく、なんとなくの理由があって怖いんだってばぁ~!!!
わかって



関連記事
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://vickywallst.blog15.fc2.com/tb.php/2768-5f0f51de

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter