Loading…

2016年1月29日-30日 尾白温泉 & 丘の公園

Posted by vickywallst on 11.2016 キャンパー   0 comments   0 trackback
2016年1月29日-1月30日 尾白温泉

温泉スタンド
北杜市温泉スタンド
色々温泉スタンドを探し、取りあえず南アルプス市にある白根桃源天笑閣へ行ってみよう!!と
29日(金)仕事から遅めの帰宅後、恐らく22:30頃に出発した。

っとぃうのは、恐らく口実で
クルーズコントロールとやらを車に取付たせいで、その性能とやらを確かめたくて仕方ない!!!
のが本当の所ナンダと推測Σ(゚Θ゚)

元々スピードは出さないし、ムシロ遅い位で
遅くて危ないってどぅいぅ事ヨ???だけど
実際の乗り心地は、快適ソノモノ
ずーっと一定のスピードで走る事で、燃費も良くなり、身体も楽で、神経もすり減らず
だったら、購入した価値アリとムーッサ訴えてたケレド
運転を知らない身には、何を説明されてもピンともこず・・・・・

談合坂SAにて車中泊をして、目覚めたら、ヤッパリ外は、かなり冷え込んでおり、雪が積もっていた。
KIMG4297.jpg

不思議と、草津に比べると全然寒くなく、慣れたって事かぁ~と
これから迫り来るデイアフタートモローの世界や、核戦争にも準備万端ゾの自己満足度マックスで
朝のお散歩タイム
KIMG4294.jpg

・・・コイツはムリ・・・ダ・・・ ひ弱スグル・・・
KIMG4295.jpg

南アルプス市内に入ると、玉蔵サンのブログで
被爆に効く?超高濃度ストロンチウム温泉 山梨県 尾白の湯
ナルモノヲ見つけ、またまた同じ様な時期に同じような所でシンクロしてるナァ~と笑いながら
必死になって”ゴジラの湯”を探した ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ

北杜市は、南アルプス市の1つ先だってぇ事で、そのストロンチゥム満載温泉
尾白の湯にGO~
KIMG4331.jpg

近くまでくると
ムーッサ田舎~
(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ
と言いつつ
KIMG4330.jpg

雪と山しかなくね???と言いつつ
KIMG4300.jpg

ひ弱なビッキーを雪に投入ー
立つんだ!!!ジョー!!!(古っ)
KIMG4303.jpg

尾白の湯は、尾白の森名水公園 べるが内にある温泉施設で
かなり広大なんだといぅ事は判ったケレド、全ては、雪の下
KIMG4302.jpg

アチコチに”名水””名水”とあるんだけど・・・
と思ったら、このチョット先にあの”南アルプス天然水”の工場サントリー天然水南アルプス白州工場があった。
へぇ~これからは、南アルプス天然水をエコひいきしよぅ!!!!
だって、本当に水がキレイで美味しいんだもん
KIMG4304.jpg

この場所なら”間違いナイ!!!”と太鼓判押せちゃぅわ~
で・・・ココで、源泉をそのまま釜と土鍋を使って乾燥させて作った塩を販売してる。
コレは、欲しい!!!買って帰るの忘れた~
KIMG4305.jpg

まぁ、サスガ中田英寿の生まれ育った山梨県ダ!!!
夢があって、子供に優しく、大らかダナンテいい所ナンダろぅ
KIMG4306.jpg

と思い乍ら温泉到着ー
KIMG4308.jpg

受付を済ませ中に入ると、”教祖様”位な扱いの”天然水のわき水”があり
KIMG4309.jpg

マッサージ器やゆっくりくつろげる場所に
KIMG4323.jpg

お食事処があり
KIMG4324.jpg

脱衣場も清潔で真新しい感じ
KIMG4310.jpg

洗い場も広くて 実際には明るい(スマホの光調整が・・・)
KIMG4311.jpg

内湯は、チョット熱めの、けれど入るとガツンとくるようなお湯で
KIMG4321.jpg

問題の”ゴジラの湯”は・・・・・・
チャウ(( ( ̄  ̄*)(* ̄  ̄) ))チャウ
KIMG4312.jpg

含まれる成分を読んでると((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

この源泉「赤湯」は、地下深部から毎分160リットル湧出してくる湧出温度39.5度、溶存成分1キログラム中3万ミリグラムを超える日本最高級超高濃度温泉です。
温泉法による有効成分基準値の溶存成分総計の約30倍、バリウムイオン30倍、リチウムイオン20倍、ストロンチウム10倍、臭素イオン10倍、メタホー酸5倍、ヨー素イオン2倍という極めて多様な濃度の高いミネラルを含有する。
豊臣秀吉が愛した日本三大名湯「有馬温泉」型の濃い天然温泉です。超高濃度温泉型のなかでも、この「赤湯」の源泉は、バリウムイオン、ストロンチウムイオンが特に濃い、きわめてユニークで貴重な天然温泉です。


KIMG4316.jpg

ヤヴァイ時に配られる例のヨウ素剤みたく
ワカメじゃ、昆布じゃを食わずして、ヨウ素が足りてないヤツは、
このヨウ素剤で埋めとかないと、ヤヴァイ方のヨウ素を中に取り込んじゃぅから飲めよ!ってのと同じで
ココでタップリストロンチウムを吸入しとけば、魚を食べても、ヤヴァイ水を飲んでも、
そこに含まれるヤヴァイ方のストロンチウムの取り込む量は少なくて済むから、白血病なんぞのリスク軽減になるゼヨ
って事でOKなんかね???
KIMG4314.jpg

とにかく、すごぃ色
KIMG4317.jpg

で。。。。。汗が。。。スゴイ事に。。。
KIMG4318.jpg

で、コッチが

この湯「白湯」は、上記の源泉と白州尾白川天然水の名水を1対9の比率で混合した温泉です。
温泉の中に含まれる溶存成分は1キログラム中3千ミリグラムという普通の単純温泉の3倍以上の濃度を有する温泉です。
《泉質:ナトリウム-塩化物強塩温泉》


KIMG4322.jpg

両方スゴイと思いつつ、一旦あがろぅと脱衣場まで行き 
未練が残って再度入り直したのは、赤湯の方
かけ湯をせずにそのまま赤湯から出てしばらく自然乾燥で着替えると
服やタオルが茶色になったのには、驚いた
KIMG4319.jpg

さて、目的の温泉水
北杜市まで戻って白根桃源天笑閣まで行くと
見つけマシタ~ヽ(*>□<*)ノ━━♪
KIMG4332.jpg

証明書みたいなモンと一緒に
KIMG4334.jpg

成分表が貼られており
取りあえず40リットル位をゲット
KIMG4333.jpg

ワンコもOKのお店”サムズ・キッチン”でランチタイム
KIMG4346.jpg

薪ストーヴ 
コレを検討中。でも、スゴイ手間がかかるんだとか。。。。。
外が寒ければ寒い程、絵になるツール
KIMG4336.jpg

車の運転を代わってあげれたら、飲めたのにねぇ
KIMG4339.jpg

家庭的な味のサラダと
KIMG4340.jpg

ポーク100%のハンバーグランチ
KIMG4342.jpg

ハンバーグもさることながら
もやしが異様に旨かった
KIMG4343.jpg

相方は、”甲州ワインビーフステーキ丼”
KIMG4344.jpg

さて、ココハどこでしょう???
KIMG4351.jpg

丘の公園~
KIMG4348.jpg

あんなに緑一色だった牧場や芝生が。。。
KIMG4355.jpg

四季を通じて色んな事実を教えてくれるこの場所に感謝し、帰路についた。
コレで温泉スタンドも近くに見つけたし、満足、満足
KIMG4356.jpg

関連記事
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://vickywallst.blog15.fc2.com/tb.php/2742-d1c07978

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter