Loading…

スポンサーサイト

Posted by vickywallst on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平湯温泉&白川郷 Ⅱ

Posted by vickywallst on 04.2015 スパ&銭湯   0 comments   0 trackback
(続)
諏訪湖SAで爆睡し、朝そのまま一気に安曇野まで突っ走った。
ワンズがOKだったら、このまま上高地まで行くんだケドね~
なんて言いながら、雲の合間に必死で絶景を探し乍ら車を走らせると
”風穴の里”という道の駅があったので立ち寄った。

こぅいぅ所にくるといつも
”人を呼び寄せる為に色々考えて作ったんダロ~なぁ~”
と思いながら、出来るだけその人達の「思い」を汲みながら童心に返るよぅにしている。


この先に何があるのか・・・
ワクワクしながら(・・・の方が職人冥利に尽きるデショ?)橋を渡ってみると
ただの空き地ダケだった。
ウッワッ!裏切りや!!!と叫びながら・・・
こんな大人でもチョット位の好奇心は残ってるのダカラ
せめて何か用意シトケヤ・・・
と思ぃながら、ソッコー来た道を戻ると
冷たい水にプカプカ浮かべたスイカを、その場で切って100円程也!
こぅいぅのいいね


手作りの「木」で作った地図


色んなアイデアを出せば、本当に色々出来るモンだと思いつつ
切って並べられたスイカを横目に若干侘びしくなってきた。


「自然」を堪能しに来てるんだから、こぅいぅ素朴で自然のモノって嬉しいワケで
ソレダケで癒やされるワケダヨ・・・
思い出したらタメイキが出るんダケド
原発で事故ったら、それすら叶わないという現実
自然が当たり前でなくなる現実
深く深く受け止めるベキでしょぉ!!!
侘びしいとしか言いよぅがナイワ!


我が家では、シーザー・ミランがお気に入りでよく番組を見てるのダケド
例えば、人を見たら吠える犬に「コラッ!!!」なんて言葉で怒ったりすると、助長させるダケで問題解決にはならない!
ワケで
それは、言う事をきかない子供に、怒鳴る、蹴る!なんてやっても解決方法として真逆ダヨ
みたいな事なワケで
「因果の法則」とぃうモノは「法則」なんだから「原因」もなしに「結果」ダケがポコッと出て来たりせんのダヨ
とぃう事は、とってもよく理解できるのに
どーもよくワカランのが
中国が責めてくるから自衛隊が武器を持たないと!!!
ってのがどーもよくワカラン・・・
なんじゃ、ソレ???
そんな言葉にヒッカカリはしないケド・・・
でも、その理屈、ヘンだよね
やられたら応戦=それを”戦争”
と言わないのかネ???
そぅいぅ”負の連鎖を断ち切る”為の憲法だったんじゃないのかネ・・・???

実際には、もぅ多くの人に広くネタバレしていて、随分前から
”どんなキッカケと方法で言い出すか?”
って、コッチは、手ぐすね引いて待ってんだからもっとコマシな理論武装でもすりゃぁいいのに
意味不明な例え話持ち出したり(話す気にもナラン位クダランのでカット!)
ミサイルの照準が日本に向けられてるから憲法を改正しないと太刀打ちできない
とか・・・
その前に、身から出たサビ落とす方が先じゃナイ???

どこぞの国が攻めてくるより、活断層の上に乗っかった原発の方が
誰が考えても、核爆弾級の、目の前にある現実的なリスクだよ!!!


そこは、ナァナァで、今度事故った時の賠償範囲も決めずに再稼働までしよぅとするのに
ミサイルが飛んで来た時に備えたい、テロに備えたい???
だだっ子丸出し理論!

故郷と家を奪われ、至るトコロ”臭い物にはフタ”をされ
損害賠償請求に「無主物」で逃げきられた人が聞けば
ちゃんちゃらオカシイ!としかナランでしょ

でも、それも建前と本音の世界であって
実際には、戦争ビジネス、原発ビジネスのお話なんだから
いい加減、もぅ卒業しよぅや!!!

・・・と、長い車中の頭の中は、ほとんどこんな事ばかり・・・www

午前中に平湯温泉に到着すると、その界隈は、硫黄の匂いが立ちこめてた。
目的地の”平湯の森”


上高地や穂高、高山への中継地点にもなるので、この足湯は嬉しいかも


何はともあれ、さっそく「ペット温泉」へGO!


思った以上に広く


洗い場も使い安く


手前から奥に向かって深くなっていくので、ワンワンも歩いて温泉に入って行けるし、泳げるし


白くプカプカ浮いてるのが湯ノ花で


結構長い時間浸かってマシタ


電気がないので、ドライヤーで乾かすという事ができないけれど
こりゃ最高ダ!!!


って事で、人間様の温泉に急ぐ


中は、古民家のような作りで、畳敷きで、休憩場所が結構広かった


色んな部屋があったよぅな・・・???


畳敷きの廊下を歩いていくと~


中の温泉は熱めで、外には、熱いのから温めまで大小様々な形の露天風呂が山のようにあり


湯ノ花がプカプカ浮いてて、硫黄の匂いが立ちこめた温泉らしい温泉デシタ


しかも、この近辺、温泉だらけで、
しかも"キャンパーの聖地”とも言われる平湯キャンプ場が真横にあり
那須塩原のキャンプ場バリに満たされるのじゃないか・・・という事で
次回もゆっくり来ようとなり
取りあえず今回は、白川郷に向かう事に・・・
関連記事
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://vickywallst.blog15.fc2.com/tb.php/2685-21eed237

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。