Loading…

スポンサーサイト

Posted by vickywallst on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国の除染 農業用水に汚染水340トン 

Posted by vickywallst on 03.2013 原発   0 comments   0 trackback

国の除染 農業用水に汚染水340トン 
東京新聞 2013年7月12日


日本国土開発は、南相馬市の除染で生じた汚染水340t(同社推計)を、農業用水に使う川に流していた
南相馬市→「排水の説明はなかった。排水されたことも知らなかった
福島県→「説明は受けていない

放射性物質汚染対処特措法(特措法)は正確な情報伝達を求め求めており、環境省は調査に乗り出す

原子力機構の放射性セシウムの管理基準(排水の目安)→1リットル当たり最大90Bq以下
今回排水された121~100Bqの60tを含む放射性物質の総量1600万Bq

しかも、常設施設の排水ではない、として施行規則の対象外

   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「放射性物質汚染対処特措法は正確な情報伝達を求め求めているから、環境省は調査に乗り出す」
って・・・「今」それを言ってるのかと、椅子から落ちそうになり、この未曾有の、国をあげて対策を練らないといけない原発事故を、通常の工場火災の後処理位の悠長さで臨んでるような相当マヌケなお役所集団に血税を払っているのかと思うとバカらしくなってきた。
まぁ、多分、それは表向きで、実際のマヌケは自分達の方であって、彼らは初めからわかっていて、相当なしたたかさで事を運んでいるのだと思いマスケド・・・

恐らくは、初めの段階でキチンと試算されていたからこそ、段階を踏んできたのだと直感的にそぅ感じたケレド
1+1は、どう転がっても2にしかならないのであれば、この「2」という数字を有効に使う為には・・・
そぅ考えるのが「彼ら」の放射脳的思考パターンだとすれば、答えとして出てくる「破綻」という結果を先延ばしにして、頂けるものを頂き、勝ち取れる椅子を勝ち取ってから・・・の”結論ありき”・・・デスよ
そのヒトツが”選挙”であったりするから、選挙後、段階を踏んで”今更・・・???”という様な事がズラズラとカツラの様にでてきて”今更"すっとぼけた様に認めてるのでしょぅ。

むしろ「説明はなかった」とか「知らなかった」とか、その方がもの悲しく思え・・・
”原発を誘致した責任があるんだから”想定という想像力を働かせて欲しい!!初めから汚染水の行き先に疑心暗鬼になってた事も、「彼ら」は詭弁だらけダ!!って事も、ずーっと言ってたワケだから、しっかりしてヨ・・・
と言うのは厳しい意見なんだろか??
ケレド、例えば、それが自分の両親だったら・・・を考えると、恐らくムリ~!!!国から言われた事を当たり前に受け取ってそのまま行うのが精一杯だろぅな、と思うと、むしろそのこと自体が「お役人」にとっては、想定内の事に思え
正直者である事がコレ程もの悲しく思えた事も”平成”に入って初めてかもしれない。

「工程表」なんてフローチャートを考えるのは、日本の得意ジャンルだと思うワケで、
本当にヌカリがない考え方も出来るのに、汚染水の処理の仕方がズサンというのは、あり得ない。
そこを深く考えていけば「困難」だからという文字と「お金」が相当かかるという事しか見えてこない。
色んな国が支援を名乗り出た時に拒否した事の理由に「お金が莫大にかかる」事や「除染ガイドライン」を徹底させられたらニッチもサッチもいかなくなる事がでてきたりする故、”町民(レベル)で町おこし”が都合がいいという事ではないのか・・・と・・・・・

一応・・・環境省も作ってはいるケレド・・・↓

特定廃棄物関係ガイドライン- 環境省(6-103)
特定廃棄物の保管基準に適合しない保管等が行われた場合、環境大臣はン必要な限度において、当該特定廃棄物の適正な処理等のための措置その他必要な措置を講ずべきことを命ずることができる。これに反して特定廃棄物の保管等を行った者は、5年以下の懲役若しくは 1, 000 万円以下の罰金に処される、又はこれを併科される


海への投棄も同じ規定で書かれてあったケド、
海にはバンバン垂れ流すワ、川にはバンバン垂れ流すワ
まぁ、”表向き”なおシゴトなんでしょーね。
タバコのポイ捨ての罰金や駐禁の罰金の方が逃げ切れない!分、効力ありマス!!

さて、汚染水を川に流した事を報じられて、国土開発は反論シマシタ

“除染で汚染水垂れ流し”報道に反論、日本国土開発 
日経BP社 2013年07月25日


日本国土開発は、除染現場で放射性物質を含む汚染水を農業用水に使う河川に流したと一部のメディアが報じたことに対して、7月12日付と7月17日付で、流す前に浄化処理を施したと反論を発表
除染を発注した日本原子力研究開発機構(JAEA)も同様の趣旨の発表

でも、バレました・・・
        

南相馬汚染水排水 下請けの忠告 耳貸さず 
東京新聞 2013年7月12日


除染事業の下請けに入っていた水処理業者(NPO法人「再生舎」)は2012年1月16日、慎重な排水を要請→日本国土開発は耳を貸さず、逆に処理業者が撮影した現場映像の削除を強要

「再生舎」が、住民不在の現場で目の当たりにしたのは
汚染水が処理プラントに運ばれず、側溝に次々と流されていく光景
小学校近くの宅地で、住宅塀の洗浄作業で出た汚染水も、通学路の砂利道に垂れ流し
→カメラを回す(証拠)→削除を強要

15日、国土開発の現場監督「国の実証事業だ。写真は全て消去しろ。できないなら帰ってよい」と迫り、データの一部を削除させた
16日、国土開発と処理業者は、現場事務所で農業用水の問題などをめぐって協議
    ↓
<録音記録>
「これから(除染を)やろうというときに、ちくろうとする(密告しようとする)とは」
と国土開発の現場監督に激怒され、処理業者が汚染水の排水をとがめると「次の本格(除染)で全部やる」と強調し排水を続行

   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
要するに、「除染」なんて形だけのものという認識でいる位の態度で、
そこに集まる「MONEY」が目当て・・・って事デスカ???

そして、
これらの"除染”に使われた2012年の国の予算の計上は3700億円
これまでの累計額は1兆円近く
今後の除染費用の試算28兆円
損害額の試算48兆円
東電の2011年9月末の純資産9635億円
東電の支援申請額は2011年12月27日の追加申請分約6900億円を含め、既に約1兆6000億円

そっくりそのまま”移住費用”に充てると助かる人が随分でてくると思うんデスケド・・・
そっくりそのまま”移住費用”に充ててしまえば”懐に入る”ものが無くなってしまう・・・って事デスカね・・・

本当に”この世の末”を見ている思い・・・

     「命 < 金 」

東電 賠償で追加資金援助申請 
NHK オンライン 12月27日





東京電力株主代表訴訟でも見学に行きますか・・・

反原発へのいやがらせの歴史展
http://www.cnic.jp/5257

場所 新宿区立区民ギャラリー

2013年8月10日(土曜) P.M13時~17時
2013年8月11日(日曜) A.M10時~P.M16時

第8回口頭弁論期日
平成25年(2013年)9月26日  午前10時30分 (@東京地裁103号)
※終了後、12時半~報告会を予定しています。
 会場:ハロー貸会議室虎ノ門(地裁より、徒歩10分)
http://www.hello-mr.net/detail/?obj=39
 内容:裁判報告(代理人弁護士)、東電の今までの主張の問題点(原告・山崎久隆)

第9回口頭弁論期日

平成25年(2013年)12月19日 午前10時30分 (@東京地裁103号)



  
関連記事
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://vickywallst.blog15.fc2.com/tb.php/2336-9ae25cf5

カレンダー

03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。