Loading…

スポンサーサイト

Posted by vickywallst on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

答えがワカラナイ

Posted by vickywallst on 18.2013 原発   0 comments   0 trackback
しばらく更新できないままTwitterで気が向くままのNEWS Checkのみになっていた。
結局、ウダウダ文句の垂れ流しをしているだけのような気がして、、、
そうすると、前に進めないどころか、頭の中がどんどんマイナス指向になりそうで、
取りあえず見切りをつけてみた。

けれど、相変わらず何の「答え」も見つからないまま、、、

「廃炉」がいいのか、「脱原発」がいいのか
はたまた「東電」の解体がいいのか、
「感情論」VS「経済論」
「命」>「経済」


根底にあるのは、ずっと変わらず
「福島の子供達を安全な土地に!」
これは、譲れない事だった。
それは、人任せにして成り立つ話ではないから、全国民規模で訴えないと、ウヤムヤになる!
そう思うからこそ、デモに行くし、経産省前にも足しげく通う事をしたワケだけれど
実際にやっていると「失望感」ばかりが膨らんで、益々イヤ気がさす事ばかりが積もっていく。

自分達の税金から、名ばかりの天下り法人に、バカみたいなケタ違いのお給料が流れているのに
自分達の失敗から犠牲になって取り残された子供達を助ける事に使う税金は、ビタ一文もない⁇

この矛盾に納得する答えが見つからない。

ひとまず落ち着くまで、どこか安全な地域に、、、
それがどれだけ難しいというのか?意味がわからないまま
国家間交渉の話になると、100億単位でどこかの国を援助したり、米債やIMFに貢いだりするのに、、、

ソ連でさえ、国家予算の4分の1を充てていたのに、、、

以前、何度か「崩壊のサイン」としての「原発事故」とかなんとか書いたことがあるけれど
ソ連が崩壊したのは、チェルノブイリ事故は、大きな要因になっているのは確かだと思える。
アメリカを追い越す勢いでソ連のGDPがグングン伸びる中、チェルノブイリ事故が起こり
1985年,86年と続けて、4.1%まで伸びたソ連の経済成長率が、1987年には、1.3%と沈み込み
1990年には、-2.4%とマイナス成長となり、ついに1991年崩壊した。

これを恐れている、、、にしては、TPPに参加表明している所が「謎」だけど
田中角栄元総理が中国寄りになった事でか、どうか、
文藝春秋が動き、金権問題や何やらがブクブクでてきてついに失脚し、
ロッキードでトドメ刺されたのを見て、縮み上がった政治家という図式と
アメリカを追い越す勢いだった2大大国のソ連だった事でかどうか、
チェルノブイリ事故後のソ連崩壊を見て縮み上がった政治家という図式と
似通っているかどうかは別として
同じ轍は踏みたくないのは理解出来るとしても、、、
人道的に考えての最善策が「除染」とは、、、情けないにも程があるという気がしてならず
何かいい方法を模索する時間さえ悠長な気がして腹立たしくなり
また、文句の垂れ流しになる、、、というルーチン。。。。。

ソ連は、5120km2の農地と4920km2の森林を失った
とある。
千葉県又は、愛知県の総面積の農地と福岡県又は、和歌山県の総面積の森林を失った位の感覚⁇
1986年〜89年までの援助を含む事故処理の支出総額は、92億ルーブル、約126億ドル
1990年には、33億2400万ルーブル
チェルノブイリから30km避難区域内での直接損失は、10億1060万ルーブル、約13億3900万ドル
総経済損失2320億ドル
経済がボロボロとなって天然ガスが変えず、産業も悪化。
追い抜け、追い越せ競争からどんどん外れ、やがて崩壊。
散々っぱら懲りたにも関わらず、結局は、15基の原発を稼働させるに至ってる。

その現実に対する明瞭明快な答えがわからないまま更新がストップしたままになってしまった。

責任をとるべき!と言えども、東電だけでは到底支払いきれない額だとワカル。
解体させれば、責任をとるべき対象も同時に失う事になり、そこに絡む銀行や株主がひっくり返り
結局の所、自分達に降りかかってくる事もワカル。
難しい事だらけで本当に頭を抱えるけれど
今考え抜いて見つける最善策は、間違いなく後世への最大の宝物となる事が、唯一の希望として
知恵を出し合わないと、、、






関連記事
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://vickywallst.blog15.fc2.com/tb.php/2277-85b33dde

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。