Loading…

新100ドル札10月発行

Posted by vickywallst on 07.2013 政治・社会   0 comments   0 trackback
今更ではあるケレド、ゆる~く”4月の気になったNewS”

新100ドル札を10月発行 模様動くなど偽造対策強化 2013.04.25 CNN

新ドル札

FRBは、4月24日、新しい100ドル札を10月8日に発行すると発表した。

”この話”は、何故にいつもこの時期なのか・・・???と思い乍ら・・・
ケレド”デノミ”や"戦争”を連想させるので、この話題が出るといつもチョット身構えるワケで。。。

アメリカは、2003年辺りから”スーパーノート”牽制をしながら北朝鮮を”悪役”に仕立ててきた。
”財政の成り立たなくなったアメリカの陰謀”という噂や”スーパーダラーはCIA絡み”という噂がチラホラ流れ
”そんなバカな!!!自国通貨を貶めるメリットなどどこにもナイ!!””タダの陰謀論!!!”と一笑に付す意見が圧倒的に多い中、リーマンショックでは、”猿芝居”そのものが一部露わになった。

少なくとも9・11の時の”生き証人"だったハズ・・・という気がするケレド・・・

1996年頃”スーパーK”という文字が躍っていた。
20種類以上あると言われる偽札”スーパーノート”の中の最高傑作が”スーパーK”という事で
”KOREA製のドル”という頭文字を取って”スーパーK”と言われていたらしぃケド公式名称は”C-14342”
偽札技術でいうなら、アメリカの技術提供によるイラン製が最高品質で、次に、カナダの"ビッグ・サークル・ボーイズ”だと聞いた記憶があるけれど記憶が定かではない。

'70年には、既に偽ドル札は流通していたらしいけど、自分がチラホラ目にしたのは'89年フィリピンの北朝鮮の外交官室で発見された頃だった。
以後'96年マカオから回ってきた1990年製の100ドル札の塊10万ドルが、”リバブリック・ナショナル・オブ・ニューヨーク”に回ってきた事で、アメリカ財務省SSが香港マカオにある”バンコ・デルタ・アジア”に飛び、マカオ北朝鮮コミュニティの出元を突き止め、その日の内に中国銀行で20万ドル分の偽ドル札を押収し、そこで”スーパーK”の文字が飛び交い、フィクション、ノン・フィクション問わず色んな本が出版された。

当時は、まだ、ここまでのネット社会ではなかった故、ありったけの本と新聞で情報を集めるしか無かったけれど
その作業は、現実と非現実の境目に、フランスチックなフィルム・ノワールをブレンドした”007”バリのスリルというスパイスを運んでくれ、ヒトツ調べる毎にアドレナリンを放出しながら、奥に進む道のりがナントモ言えずオツだった。
今なら頭の中で”ミッション・インポッシブル”の音楽が鳴り響く所だろぅケレド
当時は悲しぃ事に”火サス”の音楽が頭の中で鳴り響いてた。(泣けル・・・)
それでも、キーワードをポンと叩くと、同じ言葉がズラズラ出てくる今よりは、ウンとオツだったかもシレナイなぁと思い乍ら。。。

実際の所は、”スーパーK"の出元を特定する明確な証拠は出てはいないと思う。
よど号事件の犯人が絡んだ偽札事件の裁判では”米SSの偽装工作”として無罪となり
ことある事にCIAやアメリカ財務省の”関与疑惑”がつきまとって”偽装”と”事実”の境界線をぼかしていた。
今回の”ボストンテロ事件”、”9・11”、”リーマン・ショック””BP事故”
多くの事件をリアルタイムにブラウン管を通して見れる今でさえ、腑に落ちない何かのヒッカカリばかりがどんどん沈殿し、結局は、忘却の彼方に追いやるしかない事がハガユイ限り。

”スーパーK”が、何故か外交官絡みの多い事も"謎”のヒトツだった。
'86年中国の外交官がリビアで摘発、'92年北朝鮮の外交官がエジプトで国外追放、'96年タイ・パタヤ、そして、モンゴル・ウランバートルで北朝鮮の外交官が国外追放・・・
マフィアならまだしも、なぜに外交官ばかり・・・という所に更なる黒いヴェールを被せてた。

日本でも'90年京都で、'95年に渋谷の朝鮮系企業「東海商事」の子会社と見られる「大進商事」で偽ドル事件が摘発され、調べるともっとワンサカ出てくるのだろぅケレド
米本国の輪転機もドルを刷りまくり、国内外で偽ドル札を刷りまくり、これでもかッ!!!な位ドルジャブ状態で
ムシロ、それでよく140円とかのドル高に戻ったなぁとシミジミ思った事があったケレド・・・

その後、'05~'07年に、またも”バンコ・デルタ・アジア(BDA)”を軸に”スーパーノート”の文字が躍り、アメリカは、愛国者法311条に基づく特別措置として、全米の金融機関にBDAとの取引を禁止するという金融制裁に踏み切り、マカオ政府がBDAを管理下に置き、約2400万ドルの北朝鮮関連口座を凍結した。
ドイツでは、”北朝鮮偽造ドルの出所は米CIA秘密工作資金”だと独FAZ紙が真っ向から報じ、
ワシントンでは、”安全上の理由”で証拠の公開を拒否しつつ”マネロンの手助けをしていた”とバンコ・デルタ・アジア”側に詰め寄るも「香港上海銀行(HSBC)のNY支店に送金し検査されたものだから、米国当局こそが”偽米ドル札”の事を前々から掴んでいたハズだ」とバンコ・デルタ・アジアの反撃に遭っていた。

丁度、クリントン政権で、北朝鮮の核施設を凍結させながらも徐々に国交正常化に動きだしたのが、ブッシュ政権でイラク、イラン、北朝鮮を「悪の枢軸」と一般教書演説で非難しつつも北朝鮮の核保有を容認する形をとった。
この時”核開発をする為の時間稼ぎ”か”次の戦争の為の布石”なのかとふと頭をかすめたケレド
そこに、この”スーパーノート”事件をキッカケとした金融制裁で、その後北朝鮮は、ミサイル連続発射とそれに続く核実験という”核カード”を切ってきた。
この時、ドイツ紙がいうように、”スーパーノート”は、CIAが関与する米国家の秘密工作資金だとすると、
”スーパーノート”に関して北朝鮮を悪者に仕立てる事は、金融制裁まで持ち込めるカードにもなり、
次の”新ドル発行”までの時間稼ぎにだって使えたりする
んじゃないか・・・と、ふと思っていた。
”新ドル札発行”に、これだけ”延期””延期”と続くのも、表向き”スーパーノート”をダシに”改良を重ねて”の理由にしたり、最後は”シワ”が入ったとか、”盗まれた”とか、なんだかよくワカンナイ理由で延期されているけれど、
もしかすると、”ドルのデノミをする為の各国通貨のバランスを測ってるんじゃないか”とか”北朝鮮に流した”スーパーノート”の回収が間に合ってない”のか、とか、”ミューチップ”の埋め込み作業をやってるのか、とか、色々考えたりしたケレド、結局謎のまま・・・
そぅ言えば、中国も米債の売却を急ぎ、上海万博の支払いも全て”ドル”で行いながら手持ちのドルを減らしてたというのがあったワケで・・・

更には、バンコ・デルタ・アジアの資金凍結で中国が手の平を返して6カ国協議が突然休会になったり、金融制裁が解かれて米朝2国間会議が開かれたり、これも”外交の舵取り技”だったりするのかナと思ったり・・・
最終TPPを睨んでのASEAN+3の動きの封じ込めなのか。。。とか、水面下では各国の慌ただしい動きがあり
”まるで魚みたいダ”とよく思った。

魚の頭ばかりを見ていても翻弄されるばかりで、進む方向は動いてからしかワカラナイけど、尾ひれを見れば一発ジャン・・・とか・・・???
って事で、当時は、報道されてる事(頭)と水面下(尾ひれ)の両建で色んな事を想定してストーリーを練りあげる事をヤルワケで、
中国をハジケさせるフェーズとすれば・・・とか、ASEAN+3への牽制だとすれば・・・とか、各国の思惑とか、色んな事を想定して、それが為替にどう影響するのかの想定パターンを考えて、それをお客様にぶつける事がお・し・ゴ・と!
すると、今度はどんな話を持って来てくれるのかと待ってくれてる人がいたり、ほぉ~と頷いてくれる人がでてくる事で、ヤル気パワーが大天井!!!すると、行く先々でも思わぬ答えを用意してくれてたりして、思わぬ拾いモノがあったり、1日2日寝なくとも平気な位ヤル気パワー全開故、休日が逆に思いっきり遊べたりして、全てがプラス方向に回っていくのだけど
そんな話題のまるで関係ない今のお仕事では、同じ話しをした所で、誰も無関心で、何の反応もなく、何の刺激も得られないとなると、水面下どころか、表面の事にすらだんだんズサンになり、ヤル気パワーも大底状態、色んな感性までが劣化し続けると、休日すらツマラナクなりつつあり・・・というのが堪らなくイヤなんデスケド・・・

チョット懐かしくなったンで振り返ってみました~
2010年GW前4月21日に、FRBが新米ドル札を公表し、翌年2011年2月に流通とプレス発表。
アメリカのデノミ・・・ヤル・・・??? Aug 24.2010
2010年10月1日”新紙幣にしわが入っている”という理由で発行が延期。
”wrincle”の意味を調べてみると
「しわ, ひだ」とは別に「名案, 妙案, うまい思いつき」という意味がある。
物騒な世の中 Jan 13.2011
そして、2011年”3・11”が起き、そんな話もこんな話もぶっ飛んでしまった最中の2012年10月11日、この新米ドル札の輸送中に$100 bill紙幣が大量に盗まれる事件が起き、発行が更に延期された末に”TPP”と共にまた再浮上してきたこの話。

今年に入ってからもこの手のNewSが・・・
暗殺か?金正男氏、マカオから姿消す―韓国紙 2012年10月09日 livedoor NewS
「2006年9月に米国がマカオの銀行バンコ・デルタ・アジア(BDA)に金融制裁を行い、マカオにあった北朝鮮の工作拠点は壊滅した」と話した。当時、北朝鮮はBDAに2500万ドル(約19億5000万円)を預金していた。

北朝鮮外交官が偽ドル札「スーパーノート」を換金 亡命外交官が証言 2013.3.14 14:42

色々ありましたなぁ~
関連記事
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://vickywallst.blog15.fc2.com/tb.php/2236-13695c83

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter