Loading…

スポンサーサイト

Posted by vickywallst on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「愛人」「隠し子」も綴られた便箋11枚の衝撃 全文公開   小沢一郎 妻からの「離縁状」」

Posted by vickywallst on 16.2012 政治・社会   0 comments   0 trackback
「愛人」「隠し子」も綴られた便箋11枚の衝撃 全文公開  
小沢一郎 妻からの「離縁状」
 「週刊文春」 松田賢弥+本誌取材班

=以下転載=



民主党の小沢一郎元代表(70)の和子夫人(67)が、昨年11月に地元・岩手県の複数の支援者に、「離婚しました」という内容を綴った手紙を送っていたことがわかった。

 便箋11枚にも及ぶ長い手紙の中で、和子夫人は、昨年3月の東日本大震災後の小沢元代表の言動について触れ、「このような未曾有の大災害にあって本来、政治家が真っ先に立ち上がらなければならない筈ですが、実は小沢は放射能が怖くて秘書と一緒に逃げだしました。岩手で長年お世話になった方々が一番苦しい時に見捨てて逃げだした小沢を見て、岩手や日本の為になる人間ではないとわかり離婚いたしました」と書いている。

 手紙では、小沢元代表の愛人や隠し子の存在についても触れている。8年前に隠し子の存在がわかったとき、小沢元代表は和子夫人に謝るどころか、「いつでも離婚してやる」と言い放ち、和子夫人は一時は自殺まで考えたとも記している。

 そして、このように綴っている。

「それでも離婚しなかったのは、小沢が政治家としていざという時には、郷里と日本の為に役立つかもしれないのに、私が水を差すようなことをしていいのかという思いがあり、私自身が我慢すればと、ずっと耐えてきました。

 ところが3月11日、大震災の後、小沢の行動を見て岩手、国の為になるどころか害になることがはっきりわかりました

「国民の生命を守る筈の国会議員が国民を見捨てて放射能怖さに逃げるというのです。何十年もお世話になっている地元を見捨てて逃げるというのです」

 こうした大震災後の小沢元代表の言動がきっかけとなり、和子夫人は昨年7月に家を出て別居を始めたという。その後も現在まで別居は続いているが、小沢事務所は「離婚の事実はない」としている。

 和子夫人はこうも綴っている。

「かつてない国難の中で放射能が怖いと逃げたあげく、お世話になった方々のご不幸を悼む気も、郷土の復興を手助けする気もなく自分の保身の為に国政を動かそうとするこんな男を国政に送る手伝いをしてきたことを深く恥じています」

 現在、消費税増税法案の採決をめぐって、小沢元代表は造反をちらつかせて野田政権を揺さぶっているが、和子夫人の手紙はそうした政治情勢にも大きな影響を与えそうだ。

=転載終了=


続きは クリック!
「それでも離婚しなかったのは、小沢が政治家としていざという時には、郷里と日本の為に役立つかもしれないのに、私が水を差すようなことをしていいのかという思いがあり、私自身が我慢すればと、ずっと耐えてきました。

「”水を差す事をすべきではない”と判断し離婚を留まり我慢する」というこの価値観を共有できる女性は多いだろうと思いながら読んでいると、恐らくこの価値観を”共有”する人には”矛盾”を感じるだろうと思える部分が多々でてきた。

戦地に送り出された歴史を持つ男の世界にナショナリズムや企業理念や政治理念というものがあるように、女には女の世界の理念が存在し、この部分が判る人には、この手紙の主の人格像のブレに不信感が募ってしまうのを「週刊文春」は軽く見逃しているような気がした。
”水をさせない”と我慢してきた人が最後に11枚も”文字を残し”しかも、複数の支援者に送る事自体、不思議でならず
100歩譲ってこれを事実だとし考えると、そこまでの覚悟があって支援者に送った手紙に、旧姓を名乗る事をするのだろうかと、真面目に読む事が段々バカらしくなり、そのうち腹立たしくなってきた。
「害になる事がはっきりわかりました。」とか、、、はぁ~???
水をさせないと我慢してきた人の文章ではないと思える位の幼稚な文面。ここまで読めば”偽物臭い”と子供でもピンときそうである。
けれど、まさか、こんな偽手紙を送ってまでする事の意味は何なのか
という事と、そんな事がまかり通って、今までも多々あった事だと、更なる確信抱かせるような事をしても
もぅ何とも思わなくなってきているのか”やり方”もかなりいい加減で幼稚化してきた気がし
そんな事もスルーして載せて発売する 「週刊文春」って相当困っているんだろうか。。。と愕然としながら
チョット、女をバカにしすぎてやいませんか!!!とムカムカしてしまった。

こういう事も政治に利用されたりしているのだろうけれど、
ここは、きちんと白黒つけてもらいたいところ。
そうでないと、TV、雑誌、新聞というマスコミ、政治家、官僚、検察、警察、弁護士に至るまで、
本当に何を信じていいのやら、トコトン判らなくなって困る今日この頃。
でも。。。何もしないんだろーなぁ~

どんだけー!!!
関連記事
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://vickywallst.blog15.fc2.com/tb.php/1972-53084d52

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。