Loading…

スポンサーサイト

Posted by vickywallst on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豚に真珠!!!猫に小判!!!新たな”刷り込み”に要注意!!!

Posted by vickywallst on 07.2012 政治・社会   0 comments   0 trackback
世界版SPEEDI 「全部公表」データに穴 東京新聞 2012年4月3日 07時04分

 東京電力福島第一原発事故の際、文部科学省の依頼で日本原子力研究開発機構(原子力機構)が放射性物質の拡散を予測した「世界版(W)SPEEDI(スピーディ)」の試算結果の一部が、一年以上たった今も公開されていないことが分かった。緊急時に原発周辺への拡散を予測する国内版の「SPEEDI」と同様に公表対象だが、試算結果が原子力安全委員会に送られたため、依頼主の文科省と安全委のどちらが公表するか宙に浮いたままになっている。

 未公表となっているのは、東日本大震災から五日目の昨年三月十五日に行われた試算結果。本紙が独自に入手した原子力機構の説明書によると、千葉市で観測された放射性物質の濃度を基に、WSPEEDIを使い一時間当たりの放出量を推定した。

 試算によると、千葉で観測された放射性物質は三月十四日午後九時ごろに放出され、濃度はヨウ素が毎時一〇テラベクレル(一テラは一兆)だった。十五日朝に房総半島まで広がったとみられる。原子力機構は添付文書に「計算の精度は比較的高い」と記している。

 濃度はピーク時の千分の一程度だった。

 文科省によると、この試算の翌日の十六日に官邸で放射線モニタリングに関する省庁間の協議があり、測定値の評価は安全委が担当することに決まった。WSPEEDIなどへの言及はなかったが、同省はそれらの運用も安全委の担当になったと解釈。試算結果を同省でなく、安全委に送るよう原子力機構に指示した。

 原子力機構は、その日のうちにメールで安全委に送付。しかし、文科省と安全委の間の連絡が不十分で、昨年五月に文科省がWSPEEDIの試算結果をホームページで公表した際は、双方ともこの試算結果の存在に気付かなかったという。

 安全委は当初、本紙の取材に「結果は届いていない」と回答したが、その後、担当者のパソコンに届いていたことが分かった。

 政府は結果を公表する方針だが、文科省、安全委とも「自らが発表する立場ではない」と主張。互いに公表の責任を押しつけ合う事態になっている。

 放射性物質の拡散予測をめぐっては、文科省などが事故直後からSPEEDIで試算を重ねながら結果を公表せず、批判を招いた。昨年五月に政府は全面公開を表明。文科省はWSPEEDIの結果もSPEEDIに準じて、すべて公表したと説明していた。

 政府はSPEEDIについて「計算条件を設定した機関が公表する」としており、これに従えば文科省が公表することになる。

「ヨウ素10兆ベクレル」未公表=世界版SPEEDI試算-文科省、安全委連携不足 時事ドットコム 04/03-12:49

東京電力福島第1原発事故で、昨年3月15日、放射性物質の拡散予測データ「世界版SPEEDI」の試算結果で、千葉市内でヨウ素の濃度が毎時10兆ベクレルという高い値が出ていたにもかかわらず、文部科学省と原子力安全委員会の間で十分な連携が取られず、現在も公表されていないことが3日、分かった。
 文科省や安全委によると、世界版SPEEDIは放出される放射性物質の拡散状況を半地球規模で予測するシステム。日本原子力研究開発機構が同システムを運用しており、昨年3月も文科省の依頼を受け、試算を行っていた。
 それによると、福島第1原発から昨年3月14日午後9時ごろに放出された放射性物質が拡散した結果、千葉市内で同15日午前6~7時、ヨウ素の濃度は毎時10兆ベクレル、セシウム134、137もそれぞれ同1兆ベクレルと推計された。
 この試算データの評価について、文科省は安全委の担当と判断し、同16日に安全委へデータを送るよう同機構に指示した。同機構はメールに添付して送信したが、安全委は重要情報と認識せず、放置したという。同様にデータを受け取っていた文科省も、安全委に公表するよう連絡しなかった。
(2012/04/03-12:49)

その後、この記事は 色文字の部分が一部差し替えられる一部差し替え

 東京電力福島第1原発事故で、昨年3月15日、放射性物質の拡散予測データ「世界版SPEEDI」の試算結果で、千葉市内で計測されたヨウ素を基に推計した同原発からの放出量が毎時10兆ベクレルという高い値が出ていたにもかかわらず、文部科学省と原子力安全委員会の間で十分な連携が取られず、現在も公表されていないことが3日、分かった。
 文科省や安全委によると、世界版SPEEDIは放出される放射性物質の拡散状況を半地球規模で予測するシステム。日本原子力研究開発機構が同システムを運用しており、昨年3月も文科省の依頼を受け、試算を行っていた。
 それによると、昨年3月14日午後9時ごろに福島第1原発から放出されたヨウ素の量は毎時10兆ベクレル、セシウム134、137もそれぞれ同1兆ベクレルと推計された。
 この試算データの評価について、文科省は安全委の担当と判断し、同16日に安全委へデータを送るよう同機構に指示した。同機構はメールに添付して送信したが、安全委は重要情報と認識せず、放置したという。同様にデータを受け取っていた文科省も、安全委に公表するよう連絡しなかった。

「千葉で信じられない高濃度検出」 時事通信が「SPEEDI誤報」でおわび J-CASTニュース 4月4日(水)18時42分

放射性物質の拡散予測が一部公表されていなかった問題を指摘した時事通信の記事で、同社が「弊社の誤報」だとするお詫び記事を配信した。記事は「千葉市内でヨウ素の濃度が毎時10兆ベクレル」だったと報じていたが、実際は千葉市で観測されたデータをもとに試算した原発からの放出量だった。

 千葉市にも問い合わせが寄せられた模様で、熊谷俊人市長も「突っ込みどころが多すぎて情けなくなる」とツイートするほどだった。

■東京新聞の記事を後追い

 この問題は、日本原子力研究開発機構(原子力機構)が運用する放射性物質の拡散を予想するシステム「世界版(W)SPEEDI」の試算結果の一部に、今でも公開されていないものがあったというもの。東京新聞が2012年4月3日朝に報じており、それによると、11年3月15日の試算結果が公表されていなかったという。文部科学省と原子力安全委員会との連携不足が、その原因だとみられる。

 東京新聞の記事では、公表されていなかった試算結果について

  「試算によると、千葉で観測された放射性物質は3月14日午後9時ごろに放出され、濃度はヨウ素が毎時10テラベクレル(1テラは1兆)だった」
  「濃度はピーク時の1000分の1程度だった」

と報じている。「濃度は~」のくだりは、読み方によっては千葉市での濃度とも、福島第1原発での濃度とも読めそうだ。

 これを追いかける形で、時事通信が4月3日12時49分に、

  「千葉で『ヨウ素10兆ベクレル』未公表=昨年3月、世界版SPEEDI試算」

と題した記事を配信。本文には

  「千葉市内でヨウ素の濃度が毎時10兆ベクレルという高い値が出ていたにもかかわらず」

と、東京新聞よりも断定的な表現になっている。しばらくして、この表現は、

  「千葉市内で計測されたヨウ素を基に推計した同原発からの放出量が毎時10兆ベクレルという高い値が出ていたにもかかわらず」

と修正され、見出しも

  「『ヨウ素10兆ベクレル』未公表=世界版SPEEDI試算-文科省、安全委連携不足」

と差し替えられた。

■熊谷市長「こんな記事でも不安に思う方は当然いる」

 だが、修正前の情報がツイッターなどで拡散し、千葉市には不安を訴える声が寄せられた模様だ。そのため、熊谷市長は17時過ぎに、

  「既に修正されています。他にも突っ込みどころが多すぎて情けなくなる報道です」
  「こんな記事でも不安に思う方は当然いるわけですから、メディアはもう少し正確に報道するという姿勢を持って欲しいと思います」

と同社を批判。また、19時45分には、

  「時事通信から訂正・お詫び記事を配信して頂きました。内容は既にWeb上で修正済のものと同様です」

ともツイートした。お詫び記事では、

  「弊社の誤報であり、読者の皆様に誤解を与え、大変ご迷惑をお掛けしました」

と謝罪しているものの、この記事が時事通信のウェブサイトに掲載されたのは翌4月4日の正午過ぎだった。

 なお、今回の試算公表漏れの問題については、平野博文文科相が4月3日の会見で、東京新聞記者の質問に対して

  「(文科省から、原子力)機構に依頼をしている部分で、公開漏れがあったとうかがっている。(試算の)依頼をしているのは確かに文科省だが、(原子力)安全委員会の方に報告がいっているものですから、安全委員会の方で報告されるものだと考えていた。文科省には参考ということで(データが)来ていた」
  「結果的に連絡が不十分だったんでしょうね。私も、その当時いなかったので何とも言えませんが、省内で検証しているので、はっきりさせていきたいと思っている」

と釈明している。

=転載終了=


”数字データ”入りって事でKeepしてたけれど、意味不明の部分があり
”コレ。。。完璧にマッチポンプじゃないの。。。???”
と最初に頭によぎった程意味不明だったのはイイケレド、
どこがどうマッチポンプなのか、数字の”ケタ”が違い過ぎて、このクソ忙しい時に考えてられるか!!!
と放置してると、ずーっと”下書き”のまま追っかけてきてその先に進めないので、取りあえず。。。。。
ウザイから”処分”!!!

東京新聞が報じた事は
☆2011年3月15日の千葉で観測された放射性物質の濃度を基に
WSPEEDIを使って1時間当たりの放射性物質の放出量を推定すると。。。
”2011年3月15日の千葉で観測されたヨウ素”というのは、
”3月14日P.M9:00頃(福島原発で)放出された”もの
(福島原発での?)”ヨウ素の濃度は、毎時10テラベクレルだった”。。。という事で
その”濃度はピーク時の千分の一程度”ダヨ。。。。
というのを、何を間違えたのか、時事通信では、
「千葉で10兆ベクレル」となり、大パニックの問い合わせが殺到し、記事を訂正した。。。
って”お茶の間劇場”があったワケだけれど

読めば読む程意味不明。。。。。

税金を何百億かけて作った「WSPEEDI」の割には、データの示し方がすごくアバウトで
濃度が毎時10兆ベクレル”ってなによ???という所から既に思考がStop!!!
意味不明過ぎてそこから先に進まない!!!

更に”濃度はピーク時の1000分の1”って。。。???
はぁ~???

”放出された放射性物質全体の中のヨウ素ダケ”の濃度が”福島原発”で”毎時10兆ベクレル”で
その”濃度は福島原発でのピーク時の1000分の1”。。。って事。。。???
どぅ考えてもそういう書き方デOK。。。???
それを”千葉で。。。”と間違う時事通信は、”圏外”にしても。。。。
なんだかウナル記事。。。

初めは、
福島の塩の濃度10%のこの食塩水は、激辛時の1000分の1の濃度デシタ
な話???
それとも、激辛食塩水を辺り一面ばらまいたら、濃度が1000分の1に薄まって、
千葉では10%の食塩水になりました。。。
な話???
クソ忙しいんデスケド。。。という感じでイラッ!!!とキタ!!!

ケド、よくよく読むと。。。濃度はピークの1000分の1って。。。。。???
ナンダロウ。。。???

JAEA 大気放出量推定を見ると、3月14日、15日辺りは、「1×10の15乗」って事で
ペタの単位で、テラの1000倍って事だから、1000兆ベクレル。。。でいいのかな???
その。。。1000分の1。。。???
10兆ベクレルにはならないんデスケド。。。???
確かに3月15日のデータがナイ!!!とは書かれてあるので、ソコが埋まった。。。って事なのかな???
益々謎。。。

だいたい、元々の総放出量でさえ、コロコロ変わっていったワケで
その当時の事の爆弾発言した政治家の秘書の話が出て来てて
その書き起こしをしよう。。。と思いつつ、中々時間がなくてできないまま。。。

取りあえず、去年の4月は
”これまで放出された放射性物質の量について、保安院は37万テラベクレル(テラは1兆)、
原子力安全委員会は63万テラベクレルと推定”
とかなんとか言いながら頭を下げる写真を載せた記事があり
福島原発事故、最悪のレベル7 チェルノブイリと並ぶ  【共同通信】 2011/04/12 13:52

その2ヶ月後の6月に経済産業省原子力安全・保安院は、
福島第1原発事故の直後に、大気へ放出された放射性物質の総量を推定77万テラベクレルと発表し
大気放出は77万テラベクレル、倍に修正 1号機破損は震災当日 保安院  産経ニュース 2011.6.6 20:46

どちらにしても、隠蔽された以外の数字(ヨウ素を省いただろう値)で、37京とか77京ベクレル。。。
というギョッとする様な数字がそれ以降もコロコロ変わっていたのだけれども
”隠蔽した”ものを足せば、相当な数字になるワケで
そのうちの10兆ベクレルが千葉に流れていてもおかしくない、、、とは思ったケレド
それを”スイマセン、10兆ベクレルは、千葉の数字ではありませんでした!!”と謝ってみせる所に
ふと、、、”マッチポンプ”的悪臭が漂ってきた気がし、
「なんだ、10兆ベクレルって、福島の値だったのか、、、」がクローズアップされ
更に”その1000倍程度がピークの数字”がここから一人歩きしちゃうと、
これまでのデータがリセットされそうで
”80京ベクレル”以上ダダ漏れた話がだんだん”10兆ベクレル”にすり替えられるんじゃないか。。。と
余計な心配までしなきゃならないこの御時世。。。。。

更に
☆文科省によると、
・3月16日官邸で放射線モニタリングに関する省庁間の協議があった。
・測定値の評価&運用は安全委が担当することに決まった。
・試算結果を同省でなく、安全委に送るよう原子力機構に指示し、その日のうちにメールで安全委に送付。
・5月に文科省HPで”WSPEEDIの試算結果”を公表した際、安全委、原子力機構、双方とも、この試算結果の存在に気付かなかった。

☆政府は結果を公表する方針
・文科省、安全委→「自らが発表する立場ではない」と公表の責任を押しつけ合うダケ。
・文科省など、事故直後からSPEEDIで試算を重ねながら非公開→政府は5月に全面公開を表明
・文科省→WSPEEDI、SPEEDI、すべて公表したと説明していた。
・政府見解→SPEEDIの公表は、文科省が公表すべき事。

とかなんとか押し付け合いの猿芝居をやっているのはイイケレド。。。
カッコワルクないのかな。。。と。。。
マトモ、仕事デキマセン!!!というのを、白昼堂々さらけ出しちゃって。。。
こんな事、自分なら恰好悪くて言えない、言えない。。。

要するに、文科省は、事故直後からSPEEDIでの試算を重ねており
3月16日には、官邸省庁間の協議があった、ワケで
政府、各省庁、文科省は、”SPEEDIの試算結果を見て”データを非公開にしていた事がココデも明らか。
文科省は、5月には全面公開を表明し、原子力機構に指示して安全委にデータを送信したケレド
原子力機構、安全委、双方とも気づかなかった。。。

ドンダケ。。。

糸電話じゃあるまいし。。。

もぅSPEEDIの存在を知ってた事は、バレているのに、まだ”知らなかった”と言いつつ
なんだか、上のを読んでると、知らなかったにしては、誤魔化しきれない内容デスケド。。。な感じで
”試算結果を同省でなく、安全委に送るよう原子力機構に指示し、その日のうちにメールで安全委に送付”
したという事は、
原子力機構に”指示した人””指示を受けた原子力機構の人”がいるのデショ???
メールで安全委に”送付した人””受けた安全委の人”がいるのデショ???
その「人」って、どんな「人」タチ???
単純に大きな疑問ナンデスケド。。。。。!!!
前代未聞のこの緊急事態にぼーっとしてた人って一体どんな人ナンダ???と。。。
あり得ないデショ。。。フツー!!!
大体、送られてきたメールの中身も確認せず、送信するのが”常”???
日頃どんなお仕事しているのか。。。

コレ、新聞紙面で全世界に発信してほしくない程。。。。カッコワルイんですケド。。。。。
本当に、そんな大舞台に乗っかる位の国家の危機管理責任問題でもなんでもなくて、
ただの”人事問題”なんじゃナイの。。。。。???
単なる人事問題で、人材の配置換えすべき!!というレベルの問題を
堂々と恥も外聞もなく大舞台に乗っけて、サラリと言い訳している事自体
ナンカ、、、カッコワルイ。。。

とりあえず。。。一言。。。
ウッゼーッ!!!

要するに。。。ここで明らかになった事は
豚に真珠!!!猫に小判!!!

誰も全く使いこなせもしないものに何百億注ぎ込んできましたよ!!!
というのが、ハッキリしたワケで

WSPEEDIやSPEEDIに注ぎ込んだ”税金”は、
直ちに国民に返金してもらいましょう!!!

って話と

”適材適所に人材を置いていない”
事が明白になっているワケで
お願いダカラ、そんな大きな顔で言い訳しないで!!!
カッコワルくて、海外に行けなくなってシマウ!!!と祈る心境。。。。

右も左もワカラナイ人が上に立ち
アのイのワカラナイ人が法律を決め
使い方もワカラナイ人に莫大な税金を注ぎ込んで
”原発”というポルシェや”SPEEDI”というドラクエゲームを与え
そのポルシェで飲酒運転、反対車線走行、信号無視で多大な迷惑をかけても、
恥も外聞もなく大衆の面前で責任のなすりつけあいをし
事態の収拾に、親がアチコチ走り回って袖の下をばらまきながら示談に追われているダケで
お金で解決できない人には、消えてもらおう。。。ミタイな片付け方で
この緊急事態にドラクエゲームを誰にもやらせず1人締めして
挙げ句の果てには、攻略法について議論ばっかり延々と続け
濃度の単位もワカラナイ人が記事を書いている。。。と。。。???
で、それを見てるダケ~の国民と、どーでもいいチャラチャラした番組ばかりを垂れ流すTV。。。

誰か止める人いないの?????

ってか。。。
健志郎の世界???
「オマエはもぅ死んでいる。。。。。」
終わって。。。???

あまりのあまりさに、しばし更新断絶。。。。。
関連記事
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://vickywallst.blog15.fc2.com/tb.php/1889-c8c30c0f

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。