Loading…

スポンサーサイト

Posted by vickywallst on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランチタイム

Posted by vickywallst on 05.2012 日記   0 comments   0 trackback
先々週から真夜中「寝ている時」にいきなり吐き気に襲われ🚽に駆け込む!
というのが3日間続き、しかも3日間とも丑三つ時!!
やっと落ち着いたかと思うと、またまた昨夜も同じ目に、、、😰
お昼は、元気なのに、、、
加えてなぜか、21時過ぎから体力が全くなく、すぐにお布団の中👎
ちっちがいなくなったのは、相当応えたのかナ、、、?

そんなこんなで、取りあえず「気分転換」に集中し、しばし、夢の国を彷徨った。

こんな時にすぐ夢の国に連れて行ってくれる「お気に入りブログ」があり
日夜見続け癒されていた。

そして、、、
ジャ~ン!!!
ゴールデンウイークの計画~✨✨
行先を決め、予約を入れ、しばしスノーピーク巡りで久しぶりのフワフワ気分。
取りあえず、キャンプの時のアイアングリルテーブルやネットラックスタンドや
なんやかやと買い込み散財💦

相変わらず「車内」では、YouTubeやUstreamばかりで、かなり「濃い」内容のものばかりではあるけれど
それをブログにUPしただけで、全て下書き行き。
なぜかUPするだけの体力が全くなし!
だいたい、それを職業にしている人達がいるのだから、もっと知らせて欲しい!
と思いながら、、、
スゴい事が起こってしまったのだと、しみじみ思う今日この頃、、、
半端じゃない事が起こったのに
何故か平和な空気、、、、、
このギャップが埋まらない。

確か3月4日辺り、イキナリ湧いた話に「無かった事にしてしまおう」って事かどうか
6日には、辞任してしまった前原元外相。
震災は、その5日後におこった。
このピースがまだ宙に浮いたまま、、、、、
けれど、、、
菅さんじゃなきゃ、F1は、もっとヒドイ事になってた可能性があるんじゃないか?
改めて思ったりはするのだけど、、、
あからさまに言えばケンカになるから小声でしか言えないケレド、、、
問題は、「SPEEDI」の隠蔽と、今も表に出さない事。
これは、失敗。
計画的ならばいざ知らず、そうでなければ、今の時点で公開してなきゃオカシイ!
何百億税金注ぎ込んだんだ?
誰の指示でSPEEDIを引っ込めたのか?
そこから「嘘の上塗り」をせざるを得なくなってないか?
という事や
3月11日の17:50分には、既にキセノンがスゥェーデンまで届いてた事実
これは、3月11日の時点で既にメルトダウンしてた!という事で
「津波によって」の電源喪失による事故ではなく、「地震によって」の配管損傷による事故ではないか?
という事を明らかにする重要な''ピース''だと思いつつ、、、
よくよく考えれば、そんな短時間でキセノンがスゥェーデンまで届くぐらいなのだから
取りあえずは、広く「ばら撒かれた」には変わりない。。。と、諦めムード。
今更、、、である。

3月12日14時に、保安院の中村審議官が『炉心の燃料が溶け出しているとみていい』と記者会見で発表し、
慌てた保安院は、当日夜、突然中村審議官を更迭し、
次に引き継いだ現場に詳しい根井寿規審議官も『炉心溶解』を否定しなかった為13日に更迭。
保安院が「事故レベル7」を認めたのは、4月12日。
「メルトダウン」の公表にいたっては、5月に入ってから
「3月18日午後2時45分の時点で、1~3号機の原子炉について''炉心はすでに溶融している''」と発表。
刑事罰モノの事が、コノ世界ではスレッとまかり通る恐ろしさも垣間見た。

事故後、外資系企業は、自宅待機がほとんどで、海外は「80km圏内」避難を言ってた。
要するに「初めの1週間」は「要」だという考え。
ヨウ素の半減期だけでも切り抜けろ!!!
という風に捉えていたけれど
その間、寒空の下、無防備ないでたちで右往左往させられた人達がいた事は、悲劇以外のなんとも言えない。

避難区域が30kmから20kmにコロコロ変わったりした事があった。
確かに、避難区域を拡げてしまうと、原発に近い人程逃げ遅れる危惧があるのは理解できる。
渋滞と避難経路が不確かさ、、、
なぜ原発を誘致しながら、そこまでの想定がされていなかったのか?
大きな反省材料だと思いつつ、その事を反省するならば、
既にそれを「活かそう」とする動きが日本中アチコチにあってしかるべき!と思うのに
いまだ、のほほん、、、
もし、浜岡が同じ事になれば、どの地域の住民は、どの経路でどういう手段で避難するのか?
シュミレーションができているのか?
という疑問にぶち当たる。
既に1年経とうとしている。
充分検討するだけの時間と、実際の事故がモデルとして目の前にあった。
これは、遥か彼方のチェルノブイリでの出来事ではない!
チェルノブイリから何を学んだか、以前の問題で、既に動いてなければならない問題だと思えるケレド、、、
ノホホホホン、、、、、
東電や国を責めている場合ではなく、先にやらないといけない事は山積み!

あぁ~ややこしぃ!
ハイッ!
ランチタイム終了!

今日は、麻布のモノマネクラブなので
早く帰れればYouTube&UstreamをUPしまーす!

関連記事
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://vickywallst.blog15.fc2.com/tb.php/1853-644b9151

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。