Loading…

スポンサーサイト

Posted by vickywallst on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「チェルノブイリ特集 衝撃的レポート 」 車内にてー2

Posted by vickywallst on 25.2012 政治・社会   0 comments   0 trackback
 病院を牛耳る理由
 検査をさせない理由
そのヒント

「史上最悪のチェルノブイリ原発事故から7年経ちました
公の機関は住民への被害は無かったなどと発表してますが
事実は全く違います
。。。」

「原発から17km北のウラーシ村、36人中9人は癌、6人は死亡。。。」

「事故後病院に収容された5万人のカルテが消え
最後の数千枚のカルテが保管されているという倉庫からも全て盗まれていた。」

「事故直後 当局は、急性放射線障害は無かった事にしろと命令をだしていた。
ある医師が、別の場所に移し盗難を免れていた858人分のカルテには
喉に2000マイクロレントゲンをおびた事が書かれてあった。
2年前、IAEAは住民に放射線の被害はでていないと発表
このカルテはその発表を根底からを覆すものとなる。」

「カルテは、住民の健康がムチャクチャにされたという事を証明するので、当局にとっては都合の悪いもの。」

「被害が拡大したのは、専門家の安全宣言だったという事を肝に銘じるべき!!!」

チェルノブイリ特集 第1回 潜入!最悪汚染ゾーン('93.5)
http://youtu.be/WCfzjHaVu5s




☆事故後5年~8年で甲状腺癌の発病が増加!!
☆IAEAの発表
☆広島の学者の発表だから安全。。。というカラクリ


事故後何年も経ってから本当に恐ろしい事が始まった

事故から1週間の間に、13万5000人が急に危険を告げられ慌てて避難

被災者の数の推計
原発関係者と消防士:1000人
事故処理の作業員:60万人
汚染地の住民:550万人

当局の発表:死者30人

事故から7年経ち、潜伏期間がそろそろ終わり、白血病と甲状腺癌の形で牙をむき始めた

事故後、5年~8年で甲状腺癌の発病が増え
次に乳がんの発病が
その次に骨の癌の発病が
といった具合に癌は増えていくでしょう
甲状腺癌が増えている段階が現在です。」

3年前、IAEAの調査団が汚染地を訪れ、代表の重松院長(広島の学者)は
「住民の健康障害は全く無い」と発表

通常、子供の甲状腺癌の発症率は、50万人に1人。
チェルノブイリでは事故4年後爆発的に増えた。

5歳の男の子の甲状腺癌の手術の現場に立ち会った
→事故は、7年前!!!
まだ彼は生まれてもなかった!!!

チェルノブイリ特集 第2回 子供に何が起きたか('93.5)
http://youtu.be/M7u1AyLfkyw




朝灰のようなモノが降っていた

チェルノブイリ特集 第3回 原発汚染 死の生活('93.5)

http://youtu.be/0rDbSMWKGPw




☆7年後と8年後、急速に進む被害

潜伏期間を過ぎた事故8年後

・生後5ヶ月の男の子:生まれてすぐ肌に異常
・11歳の女の子:髪の毛が抜け始める
 →3歳の時原発の近くに住んでいた
 →7歳の時まで何の異常もなかった
 →今になって急に髪の毛が抜け始める。。。

12歳の男の子の甲状腺癌(悪性)の手術映像→事故:4歳の時
12歳の女の子の甲状腺癌の再手術(2年前)の映像→事故:4歳の時

この1年で、甲状腺癌は原発からかなり離れたポーランドでも発症しているという報告が多発。
汚染地を離れ療養を必要としている子供が40万人

チェルノブイリ特集 最終回 少女の体に放射能は 衝撃的レポート('94.7)
http://youtu.be/0rFYHpmta_0
関連記事
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://vickywallst.blog15.fc2.com/tb.php/1845-f80bb78c

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。