Loading…

ありがとう、ちっち

Posted by vickywallst on 13.2012 日記   0 comments   0 trackback
血液を作れない事で、耳や舌までが真っ白になってしまっていた。。。
きっと、輸血すればもう少し生きたかもシレナイのに。。。。。
でも、ずーっと、とても苦しそうだった。。。
1月13日にご飯を残し、15日に病院に行ってから、2月13日まで約1ヶ月。。。
よく頑張ったね。。。
ありがとう。ちっち。。。


夜中3時過ぎまで、ちっちの手を握りしめながら、福島のキャンプや色んな所に行ったブログを見て
色んなちっちの姿を思い返した。
苦しそうな姿に、どうしてやる事もできず、まるで、何十年か前の結核が恐ろしい病気だと言ってる時代にいるようで
こんな”平成”という時代にいても、手も足もでない非力さに、ちょっとめまいがする思いだった。

見送る方が辛いね。。。
残される方が辛いヨ。。。
人の痛みがわかるなら、どうか命を大切に。。。。
自殺なんて、トンデモないよ。
残された人の心に傷を残してシマウヨ。。。
なぜか、コレが何度も頭の中をグルグル回った。

ずーっと浅~い眠りのまま、朦朧として、4時20分にガバッと起きたら
もぅ息をしてなかった。
看取ってあげたかったのに、可哀想に。。。
強烈な後悔。。。
気づくと、
キララがずーっとちっちの足下に丸まって呼んでも来ない。


心配してたもんね。。。
キララを抱き上げても、また、すぐに同じ場所に戻って丸まってしまう。
ちっちが苦しんでるのに、水くさいなぁ~
と思う場面が多々あったけど
やっぱりワカルんだ。。。。。


ちっち。。。
やっと楽になったね。。。
安らかにお眠り。。。。。
一緒にいてくれてありがとう。。。

関連記事
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://vickywallst.blog15.fc2.com/tb.php/1828-0f06c26e

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter