Loading…

スポンサーサイト

Posted by vickywallst on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JAPAN 

Posted by vickywallst on 27.2008 為替   1 comments   0 trackback
不思議に思っていた事が沢山あり
そのうちの“ひとつ”・・・

なぜ、日本は、世界で1,2位を争うまでの“経済大国“になり得たのか?
地球儀を見ても・・・
探すのに一苦労しそうな位小さな島国・・日本・・・
別に、日本じゃなくても
資源豊かなあの広い大きな国のオーストラリアであってもおかしくないのに・・・
別にインドネシアやハワイでも良かったのに・・・

なぜ・・・日本だったのか・・・???

そんなに世界の中で日本国民が突出して、優れていたのか?
そんなに世界中で日本人が突出して、勤勉勤労だったのか?
そんなに日本人の脳味噌はスゴイのか???

地球儀を見てみると・・・
旧ソ連・・・中国・・・そして日本を挟んで・・・アメリカ・・・
・・・
多分・・・
日本じゃなければならない理由が“そこ”にあった
という事じゃないか
と・・・思う

地形的に言って
中国とソ連を向かいにして、日本を挟んで、アメリカがある
アメリカが日本を“盾”にするには
ちょんまげ切り立ての着物とも洋服ともいえない袴姿の島国では
ちょっと・・・弱い・・・
“盾”は、ハガネのように強く硬くなければならない
その作戦だったのではないか・・・
そう思えてならない今日この頃・・・

それを“軸”として考えれば
ロックフェラーの言葉は、不気味な響き・・・
“アメリカの次に台頭するのは、中国・・・”
そして、元々中国を潜在的に重要な投資先と考えていた事は、事実
ソ連が崩壊し、中国が高度成長を果たした今・・・
まだ日本という“盾”を必要とするのかどうか・・・
”必要じゃなくなる”所に”節目”ができて
その次にくるのが
”世代交代”や”パワーシフト”
なるものではないか???
と・・・
大きな波がやってきて、何もかも呑み込んでから
次の時代へと・・・シフトしていく・・・
今がちょうどその過渡期ではないか・・・???
そんな気がしてならない今日この頃・・・

“限界”と“無限”の話をしてもキリがないのですが
通常、無限に未来永劫に続く・・・
という事は考えにくく
何かしらの“限度”というものがある
と仮定した場合
“コップ“という要領の決まった中に水を注ぐと
“丁度いい量”というのがあり
“ほどほど”という量があり
限度というのがあり、極限までいくと
水は一旦膨張してから溢れ出してしまうのであり
全ては、こんな感じなのかな・・・と・・・

人も“許容限度”というものがあり
“丁度いい感覚“というのがあり
“ほどほど”という感覚があり
我慢できる痛みや我慢できる怒りや我慢できる辛さや甘さという
我慢の“限度”というものがあり
それを超えた所に“極限状態”があり
そこまでいって、溢れ出すのが、本性かもしれない

では、
株価にあてはめて考えれば
“丁度いい株価”というのがあり、
会社の財務状況と照らし合わせて“そんなもん”という頃合いの株価があり
若干買われすぎかなという“ほどほど”の利食い場というのがあり
限界間近に膨張してガツンとあがって・・・から・・はじける・・・

経済も同じかもしれない
ずーっと高度成長し続ける
なんて、ありえない!!!

だから
いつかはじける・・・
これ・・・常識・・・

でもこう考えるのは、9×9=81の世界の人の考えで
99×99の世界に住む人達は
まるで違う視点で捉えてるかもしれない・・・
例えば・・・
その仕組みを利用して、演出し、富を作りだしては吸い上げる
ただ、これを何度か繰り返せば「世界の頂点に君臨できる」のだと
知っていれば
自分の骨まで”そんな事”に投じてもいい、という気に駆られていっても
おかしくない・・・・・・

高度成長を果たす為には、必要ないくつかの要素があり
それは単に”システムを放り込んで”スイッチオン”すればいいだけの話ではないか?
と思ったりする
ターゲットにする国を選んで
人の数が適当にいれば
インフラ整備をしておけば、後は”経済復興システム導入”させて”スイッチ オン”
そこまでの手間だけかけさえすれば
あとは勝手に動きだすシステムなのではないか???

高度成長まで25年
そこから下降線
下降線の手前には、万博やオリンピックというフィナーレ
膨張して
はじける・・・

買って儲ける
これが9×9の世界に住む人の価値観
だとすれば
”下がりを取る”99×99の世界に住む人に、かぬワケない

”下げ”させるのだから・・・
むりくりにでも・・・
昔、金融緩和しろ!!!とアメリカ財務省が日参して日本に初のデリバティブ商品が登場し
ワラント債が飛ぶように売れ
その後4万手前ではじけた株価

日本のハードランディングが指摘されていたけれど
果たしてそうか???
どんな事をやってたとしても
下がったのではないか???
売り仕掛けをしていたのだからそれ以外考えようがない
そして、その頃中国をきちんと育てあげてたのだから、
中国の高度成長と日本の下げの両方で資金の吸い上げが出来る事を思えば
オ・イ・シ・イ話・・・

そろそろ・・・中国が高度成長から25年を向かえようとし
何の因果か万博にオリンピック

でも
もうターゲットは、ブリックスにビスタという次の国に移動してる
日本は
かつての経済大国だった
以外は、なんの資源も持たない借金まみれの国でしかなくなってる
・・・
どうなるか・・・???




デイトレードの決定版【FXダイナマイト】実践メルマガ付き

デイトレードからスイングトレードまでシステムトレードで売買



関連記事
スポンサーサイト

こんにちは♪*^▽^)σ
いつもHOTコメントありがとうございます。
いつも読みながら桜パパは ホットしています(^▽^笑)
今日は仕事が多くて必死です、
訪問が遅くなっています ゴメンナサイ

笑いの源はあなたです、
おおらかに、「笑う門に福来る」
2008.03.27 09:34 | URL | さくらPaPa ≡Slow lif #yjwl.vYI [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://vickywallst.blog15.fc2.com/tb.php/18-10fc6b26

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。