Loading…

スポンサーサイト

Posted by vickywallst on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルールのシフト

Posted by vickywallst on 04.2011 政治・社会   0 comments   0 trackback
スーパーに行って、わざわざ”賞味期限切れ”のモノは買わないし、
10日も消費期限の過ぎたモノを”もったいない”と食卓には出さないし

どうして。。。???

単純に「安心して安全なモノを。。。」
それは、特別な事でもなんでもなく、普通に思う当たり前の感覚なのじゃないか???
と思ってきたけれど。。。。。???

口に入るモノは、それなりに気を使うのは「当然」だと思ってきたし
だから「賞味期限」や「消費期限」なんてのができあがってきたワケで
ソコは「守られて当然」だと思う人達が作りあげてきた「守るべき基準」だったハズで
それができた事が「文明」だろうし「民主主義」の一環だろうし
更に時代が進んで「産地明記」や「生産者の顔写真」まで明白にできる「自慢できる国」
だったハズなのに。。。。。

”最低限度のルール”がソコで
それ以上の「秘密」に関しては、「知ってる人」と「意識する人」だけが
”添加物”や”環境ホルモン系のモノ”を「排除」し「選択」デキルのであって
知ろうともしない人や、考えない「B層」がその「犠牲」になるのだと
そんな認識でいた。

ココハ日本、民主国家。。。。。

「私が作りました」笑顔の写真の下に並ぶ無農薬野菜。
「愛情込めて作りました」ほっかむりの日焼けした顔写真の下に積まれたお米。

「1人」が医療ミスによって亡くなれば、それはすぐさまNewSとなり、病院は、その責任を問われる。
「1人」がひき逃げ事故で亡くなれば、それはすぐさまNewSとなり、見つかった加害者は、刑事責任を問われる。

食べ残しの使い回しで生き残れる程ぶざまな社会ではない!!!と
賞味期限切れの牛乳を混ぜて販売できる程甘い社会ではない!!!と
トコトン知らしめて廃業に追い込んだマスコミや社会。

ルールに従えば、そうあるベキで、
「顔写真」のような「個人」までクローズアップされるのは、
更に「上」を目指す「昇華」の為の手形みたいなモン。

悪い事をスレバ、制裁が下される。
「悪人」は、司法やマスコミが裁き、
「犠牲者」は、国の手厚い補償があり
「個人」は、新たなルール作りがデキル。
昔に比べると「内部告発」だってしやすくなり
どんどん「クリーン」になると期待シテタ。

「基本的人権」の尊重された自慢デキル国。

同じ時間軸
「1人」の医療ミスの犠牲者をNewSで取り上げ ながら 「大勢」の原発事故の犠牲者は葬る。
「1人」の自動車事故をNewSで取り上げ ながら 「大勢」の被爆の危機は隠す。
「花粉飛散情報」を流し ながら 「セシウム」の飛散情報には蓋をする。
「医療ミス」にはプライバシーがなく ケレド  「原発事故」にはプライバシー保護。
「消費期限切れ」はダメ!!! ケレド  「セシウムやストロンチウム」には「国の太鼓判」付きで混ぜ込む!!!
「安全」の為、オートロックのマンションやビルの出入りにIDカード、が常識の世の中で 
 ケレド  避難準備区域は解除。
国の手厚い補償どころか、「自主避難した人には、補償金は支払いません!!」
それどころか、佐藤雄平は、12月末をもって”全国の都道府県に福島からの自主避難者を受け入れる制度の打ち切りを要請”した!!!
なんで???なんの為に???
家を奪われようが、死者を出そうが、「ダンマリ」か「因果関係はございません」の二点張り。
タバコのポイ捨て、ペットの、自転車放置には、それぞれ罰金があるのに
放射性物質の飛散は「無主物」として知らぬ顔、瓦礫のポイ捨てには、利権まで絡める始末の仕方。

大体「路上喫煙禁止条例&歩きたばこ禁止条例」これを破ると一体どの位の人達が死に至るのか???
そういう事においては素早くて、今や隅々のお店にまで行き渡り「完全禁煙」のお店がズラリ。
なのに、放射能入り焼却灰で埋め立てするわ、ビルは建てるわ、
挙げ句の果てには、園芸用の土や料理用鍋やフライパンに至るまで、結構毛だらけ抜け穴だらけ!!!

一体、ナニやってんだろう。。。。???

アル・パチーノの映画に『インサイダー』という、アメリカのタバコ産業の不正を告発したTVプロデューサーと元重役を描いた映画があった。
あれは「映画」の世界ではなく「実話」だったワケで。。。
アルパチーノ扮する「60ミニッツ」のプロデューサー”ローウェル・バーグマン”
ラッセル・クロウ扮する「元ブラウン・アンド・ウィリアムソン (B&W)社の開発部門担当取締役 」”ジェフリー・ワイガンド”
超・カッコ良かった!!!
内部告発が如何に大変なのかは、見なくてもワカルけれど、
映画を見ていて”ヒーロー”が誰で、”醜い”のは誰か、は、すぐにワカル。
その”醜い人達”をスクリーンを通して見た時に抱いた感情を呼び覚まして欲しい思いに駆られる今日この頃。

”呼び覚まされた”時の為にかどうか「コンピュータ監視法案」が震災のドサクサの中で閣議決定された。
令状なしで通信記録閲覧だってできちゃうワケで、
更には、無駄なTPPにYESサインなど送ったもんだから、今度は、FTAにより”反復的著作権侵害”だけで刑事処罰を受けることになるらしく
かなりマズイ状況になりそうで。。。。。
著作権者が”侵害事実だけ”を立証すれば裁判所が適正な賠償額で判決を下すという恐ろしいモノ。
何よりも”著作物の一時保存”でも「複製」と見なし、営利目的がなくとも処罰対象になる所。。。
もぅ”言論統制”以外のナニモノでもないのでないか???

「悪人」は、司法やマスコミが裁き →→→ 公にシフトしていく。。。。。
「犠牲者」は、国の手厚い補償があり →→→ 公にシフトしていく。。。。。

「個人」は、新たなルール作りがデキル →→→ 公にシフトしていく。。。。。

その先にあるのは。。。
「FEMA態勢」?????
関連記事
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://vickywallst.blog15.fc2.com/tb.php/1743-6ea0a35f

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。