Loading…

オリンパスも「飛ばし」?!!!何もかも「飛ばし」気味!!!

Posted by vickywallst on 11.2011 政治・社会   0 comments   0 trackback
東証、オリンパス株を監理銘柄に指定 2011年11月10日18時33分 読売新聞 

期限は、12月14日。
この日までに2011年7~9月期決算の報告書を提出できなければ、東証のルールにより、上場廃止になる。

オリンパスの監査法人は「あずさ監査法人」
なんですね。。。。。
アクセンチュア。。。モトイ。。。アーサー・アンダーセンを思い出した。

ウッドフォード元社長がCEOを2週間で解任されられた事での暴露劇となったという事だけれども。。。。。
ウッドフォード元社長が刺客だったのかどうか???
オリンパスの中身自体、決して悪いモノでもなく、優秀な製品を扱う企業。
M&Aをする側には、喉から手がでる企業であり、それこそ安く中身だけ頂ければ”丸儲け”な話。
それだけに、残念でならない上、頭から乗っ取りを目論んでたと考えてもおかしくなさげな空気。

この件は、オリンパス 「無謀M&A」巨額損失の怪 月刊「FACTA」の2011年8月号がキッカケで明るみに出ていた。
どちらにしても、「外部」(外人)からのリークである事は変わらないのだけど
「飛ばし」のスキームは、野村證券の元OB達が担当し、しかも”20年”も「飛んでた」とは。。。。。
その方が驚きであった。
まぁ
2001年9月11日の”911”の後、2001年12月2日にエンロン事件が起こり
2011年3月11日の”311”の後、2011年12月14日の期限をきられたオリンパス事件
というのも、なんとも不思議な気分。

そう言えば。。。
野村證券もヘリコプター状態で、
もう日本の大手企業は、バナナのたたき売り状態になってきた。

最近「原発一色」になってしまっていたけれど
そろそろ11月16日。。。
特に、クリスマス休暇をドーンと取りたい年末のヘッジファンド決算前は、要注意。
ここに合わせてか、ついにギリシアの崩壊の足音がいよいよ本格的になってきたという感じで
ギリシャ2年物国債が初の100%超え、イタリア国債も7%超え、
これが”世界大恐慌”の入口となるのか。。。
これ”世界大恐慌”の入口とるのか。。。
1文字変えただけでも随分意味合いが違ってくるけれど
そろそろ、この状態を覚悟かも。。。。。???

Top Thrill Dragster AMAZING POV w/reverse POV


関連記事
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://vickywallst.blog15.fc2.com/tb.php/1719-063ece43

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter