Loading…

スポンサーサイト

Posted by vickywallst on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギャップ

Posted by vickywallst on 03.2011 政治・社会   0 comments   0 trackback
やっと計画停電の縛りが若干緩くなり、土日の休日が10月から再開した。
けれどまだ、11:00~16;00までの消灯は、健在。

それでこの土日は休日だったのだけれども
土曜日に上司のバースデーパーティという事で、”60歳の生前葬”なる催しが行われた。

ふと、自分のお客様で、奥様に先立たれたご主人の印象的な話を思い出した。
奥様のお葬式の日に見知らぬ人ばかり600人も来られた事で、一体何が起こったのかと
その夜参列者の住所を調べると、みんな同じ地域から来られており、
それは、奥様の仕事上のお客様ばかりだったという事で、初めて奥様のお仕事の深さを思い知ったと同時に
リストラ組の自分の番では、ここまでの人は来ないヨ。。。。。
そう仰っていた事に、「自分のお葬式には。。。3人位来るかな~」と深く相づちを打っていた。

今回、自分がこの仕事を選んだ理由も”人脈を拡げる事”を目的としたワケではあるけれど
人脈というものがそうそう容易く拡げられるものでもない事は、痛く承知している。
コレばかりは”時間の上に成り立つ”もので、たかだか、1年2年でどうにか出来るようなそんな安っぽいものではない事を念頭に置けば、少なくとも”途中で投げ出すと、すぐに白紙に戻ってしまう”のだという事だけは、肝に銘じておかないと。。。と、そこをベースに考えるようにはしているけれど。。。
何事も”続ける事”は大変な時代にはなってきている。
それ故、”人を集められる事”というのは、スゴイ事だという事は、何気に思っていた事だけに
今回のバースデーパーティーに人をごっそり集められる事も
自分だったら出来るのか。。。を考えると、そこは何気に素直にスゴイ事なんだと拍手喝采だった。
それダケに、ゆっくり過ごしたかったけれど
例の「福島原発の”Jビレッジ”で放射線管理をしている人と会う」と言ってたお話も土日だった故
30分ほどプレゼントを渡す為に参加し、こっそり抜けて、”電力会社の人”との未知の時間に急いで向かった。

さて、その”電力会社”の人となり。。。。。
意外や意外!!!本当に意外で、素朴で素直でとても真面目ないい人でした。
TVに向かっていちいち相づちを打ち、返事をするなど、今の時代あまりお見かけしないような事に
取りあえず”素”で相づちを打ち、TVが付いている間は、何かしらブツブツ呟く程の素朴さぶり。
それにも驚きだったけれども、根が真っ正直な。。。という所がアチコチから滲み出ている感じで
”恐い人”かも、、、と思ってた想像を見事に裏切ってくれたのはいいけれども。。。
逆に”聞けなくなったこと”ダラケになってしまった。。。。という感じ。

”自分の尺度で考えて物事を進めるとギャップが生じるから、相手の立ち位置を先に把握する事”は
営業の世界の鉄則であるという事は承知していたけれど。。。
今回ジェネレーションギャップどころではない”ギャップ”があるのを感じ
これは埋めきれないのではないかと思った程ショッキングなものがあった。
きっと、福島の人達の考えもそうなのかもしれない。

「人を疑う」事をしない。。。。。
って。。。。。
自分がどんな中を歩いてきたのか、逆に反省する所が多々出て来てしまった。

福島の人達に”なぜ、もっと怒らないんだろう”と思って来たことも
きっと”東電にお世話になってきた”という呪縛なのかも、、、と思えたり
そこで働く人達も”ここで食べさせてもらっている”という呪縛があるからか
とにかく会社が言う事に対しては”まっすぐ”聞いて捉えてるという感じをかなり受け
故に”放射線は危なくない”事や、”原発は安全”であるという事に対しては、一点の曇りもない感じだった。
それに、それだけの”研修量”というものがある。
色んな資料を見せて頂いたけれど
何がなんだかさっぱりわからないような数字の羅列ばかりで、相当難解な数式やらなんやらを
こうして勉強しながら、職務を全うしているワケで
何もワカラナイでただ、”危ない、危ない”を繰り返した所で勝ち目などない以前に
”どうしてそんなに怖がってるの???”という感じがしなくもない。
そりゃぁそうでしょぅ。
4μSv/hの世界で生活する人の放射線量を計測している人である。
たかだか、0.2μSv/hの世界からどやこや言った所で、目が点になる話なのかもしれない。
”FXなんて素人がやるものじゃナイでしょぅ???”と知人に言われて
”どこが難しいのか???”と思う自分と、一緒じゃないか???とも思えてきたり。。。
そこはなんとなくワカラナイでもないのだけれど。。。。。
自分が斜めに見すぎてるのか???。。。。。と、チョット、わからなくなってしまった。

でも、全ては、”トップの問題”である事は、明白でしょぅという感じではあったけれど

取りあえず、時間がなくなったので、続きは夜~!!!

あっ、
この間、青山の喫茶店で、松下政経塾の人が話しをしていた。
すぐ横に座ったので、じーっと耳を澄ましちゃったんだけど。。。。。
あの震災の時、松下政経塾の人が横浜のどこぞで”成功だ””上手くやったな”と
祝杯をあげているという”呟き”をリアルに見たけれど
野田首相って、松下政経塾だったよなぁ~
何気に気になった事と、
こないだ一旦、アップして、引っ込めたけど、ふくいちライブカメラ、
アレ、再臨界してそぅだナァ~
忘れないようにメモ。
関連記事
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://vickywallst.blog15.fc2.com/tb.php/1687-4269827d

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。