Loading…

サバイバル 西日本横断 XIV _8/13 写し鏡

Posted by vickywallst on 29.2011 キャンパー   0 comments   0 trackback
p.m13:00、食材の買い出しとコインランドリーに行き、ビーチを探しながら車でウロウロ。。。
驚く程キレイなビーチが沢山あるのに、湘南のように人で溢れかえってる、、、
ナンテ事がなく、沖縄の海のように真っ青で波がない。
ビーチに並行して走る湾岸線やSeaside Roadみたいなものがなく、入り江のビーチが多いからか
「和」の印象が強いけれど、それが逆に”プライベート・ビーチ”っぽい感じがしなくもなくで。。。
どこで泳ごうかと迷い乍ら、山間から海側へ抜ける道を少し下って
眼下にいきなり拡がる色んな海の光景のサプライズでしばらく心踊らせていた。
キャンプ1

「あ~!!!ココでもキャンプしてる!!!」
ココでいいんじゃないか。。。ナンテ言いながら車を止めて見下ろした。
キャンプ2

よくよく見ると。。。。。
人の形をした石碑、、、コールマンのテント、、、ムムム???
自分達の”基地”だった。
外から見るとこんな感じなんだ。。。。。
意外にこじんまりしてたんだ。。。気づかなかった。。。。。
キャンプ3

丁度”基地”から見てた対岸に来たワケで。。。
子供の頃もこんな入り江でよく遊んでた。
”あの向こう側には、何があるんだろう。。。???”
想像を膨らませながらワクワクしたモンダ。。。

けれど、実際、もう少し大人になって、子供の頃に行けなかった領域まで足を伸ばしてみると
大して変わらない光景がずっと続いてるダケ。。。
ナンテ事も山の様にあった。
けれど、そこを出てみなきゃ、”ソコ”がどんな所かワカラナイし比較対象が無ければ
それこそ”井戸中の蛙”でしかない。
”足を伸ばしてみる”事の意義は
井戸中からの脱出!!!なんだと思う。。。。。
キャンプ29


自分達の”基地”を”客観的”に見下ろした後
ワンちゃん達がいるので、帰りのシャワーなど考えると、ココでいいや。。。
と、基地の横で泳ぐ事にした。

コレが調理場!
どうよ!!!この開放感!!!
海を眺めながらの調理や食器洗い!!!
”辞めレン!!!”
本気でそう思った!!

で。。。この長いホースが”シャワー”用のホース。
管理人さんがどこからともなくやってきて、
「シャワー用」
とこのホースを手渡した時は、目が点になり、笑いそうになったけれど
意外に気に入ってる。
キャンプ4

水着に着替えて用意をした。
家で水着を着てみると、無駄に小さくなってしまっていた。
仕方無い。。。と諦めつつ、意地でも余った”お肉”を水着に詰め込んだ。
その時、腰回りに”エレニン水星群”を発見してビックリした。
今までなかったホクロ軍団!!!
小さいけれど、群れを成してかたまっていた!!!
ナンダ???コレ???
気になってたモノヲ再確認してみる。
まだ、地球には近づいてない。。。。。
でも、期待に反して消えてもなかった。
コレハ。。。大群スギル。。。

エレニン水星群を両脇に備え、早速、セナを泳がせた。
”独り占めビーチ”がメチャ優雅!!!
キャンプ5

知らない人が突然見ると。。。
アザラシ。。。
だと思う!!!きっと!!!
キャンプ6

セナが泳いでいる間、キララとチッチを連れて、砂浜で魚やカニと激闘!!!
キャンプ7

ホラ!!!
こんなに透き通って、透明な海!!!
キャンプ8

探せば、いくらだってこんな所ある!!!
子供には、こんな場所が必要で。。。
こんな所で遊ぶのが、一番の肥やしに。。。
ならないかなぁ~???
キャンプ9

「子供の頃の記憶」
ヒリヒリする肩や背中とか
夏の香りとか、夏の風とか
真昼の太陽にエネルギーを奪われて昼寝するお布団の香りとか。。。。。
キャンプ12

一生懸命遊んで消耗した後の疲労感がスキ。。。
よく遊び、よく学び、よく仕事をし。。。
イッペンには揃わないかもしれないけれど、長い人生の中でそうなっていけば
いいんじゃない???
それを”大往生”というのか、どうか知らねども。。。
キャンプ10

まぁ~色んな事
他人事だから簡単に言える事かもシレナイけど。。。

。。。重~い葛藤。。。。。

キャンプ11

太陽が海に落ちる前の 光が斜めから差し込む時間帯が
だ・い・ス・キ
キャンプ13

やがて。。。海が銀色になって。。。
赤くなって、最後の姿を映し出して海に沈んでいく。。。。。

昼間、サンサンと輝いた太陽の夕陽がステキなように
なんでも一生懸命やってみる!!!
一生懸命やっても、やらなくても、どーせ時間は同じようにしか進まないのだし
フィナーレも最後の花道も、自分が飾るしかできないのだと
よく思ったけれど。。。
達成感とか、いいじゃない?自己満足でも。。。。。
最後の時が写し鏡だ!!!
キャンプ14

どす黒い姿をそこに映し出して終わりたいとは
断じて思えない。。。
キャンプ16

黄昏れて絵になるモノには、それなりの道筋がある!!!
キャンプ23

小さな道理もワカラナイで、札束抱え込んで。。。
どういう死に様したいんだろう???
貸し剥がし、免許の取り剥がし、土壌の引き剥がし、友人の引き剥がし、故郷の引き剥がし
そして。。。親子の引き剥がし。。。
引き剥がしてばっかりしてるじゃない???
キャンプ18

”どす黒い”人達の事を考えてたら
本当に雲行きが怪しくなってきた。。。
大丈夫かな。。。今夜。。。
自分達だけしかいないけど。。。。。???
高波にさらわれたって、津波にさらわれたって
誰も気づかないよぉ~!!!
キャンプ17
関連記事
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://vickywallst.blog15.fc2.com/tb.php/1639-f33b2859

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter