Loading…

スポンサーサイト

Posted by vickywallst on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンプル イズ ベスト

Posted by vickywallst on 21.2011 政治・社会   0 comments   0 trackback
見る度、ドキッと息を呑む!!!

他にも穴の開いてる箇所があるんじゃないか???と見入ってしまった。

0720 23時27分

けれど、もぅ”ウケル~”
最近、ふくいちの映像を見て 思わず吹き出す有様。

どう考えても、どう見積もっても、この原発の話は、病める。
暗い気分にしかなれない。

「キタっ!!!」
3・11で歩いて帰宅したあの6時間もの間、ずーっとそう思いながら覚悟を決めていたせいか
恐怖感が異常に巨大化してしまっていた。

”ついにキタっ!!!”

「第三次世界大戦」の足音と
その後に訪れる「FEMA体制」への扉が見えた気分で
あの6時間は、否定したい事と、否定しきれない現実の、丁度狭間にいた。

認めたくはないけれど、”あり得なくはナイ!!!”
そう片側に置いてた話の方が、強烈なインパクトで目前で現実化してしまった感がまだ残っている。

以来、表舞台のやりとりが、全て”猿芝居”としか見えず
どう転がってみても、どう逆立ちしても、信じるに至れず、
不信感の塊が、メルトダウンで、メルトスルーで、メルトアウトになったら
笑うしかなくなってきた。

どこかで白黒つけなきゃ、魂まで乗っ取られるんじゃないか?な気分。

よくよく考えてみると。。。。。
どうも、日本の運命と共に、いつも台風の目の中にいたような気がする。

今回は、地震や癌、白血病なんていう所に関わるポジションにいるのだろうし
しかも、関東のホットスポットを日々歩いてる。

阪神淡路大震災の頃は、丁度関西にいた。
横倒しになったビルも落ちた伊丹の駅も1Fがぺっしゃんこになったマンションも多数見た。
それでも、まだバブル最盛期のエネルギーは、どこかにフツフツと残っていた。
絢爛豪華のバブルの頃、その隅っこで思いっきりの天国と地獄を行ったり来たりしていた。
あの”絢爛豪華”のワケは、破壊の末のすっ天井であり、破壊があってこそ”建設”が成り立つのだと
しみじみ感じていた。
”彼ら”は、”破壊と建設”を繰り返す事を生業としているサタンなのだ!!!

すっ天井前には、”仕掛け”が始まり、破壊が始まった頃、長銀の子会社である証券会社にいた。
そして、山一証券、三洋証券の倒産の最中に、長銀が倒産。
相当、揺さぶられた。
一旦、148円までつけていたドルも、その頃のエコノミー雑誌では、ドルは160円へ!!!
この文字がやたら躍っていた記憶があり
そう言えば、外債もまだマルクやフランやリラなんてのが飛び交っていた。
148円あたりをこの頃の天井として、長銀の破綻以降、壊れたヘリコプターの様に為替は円高に進み
株価は急降下。
外資とそれに絡んだ売国奴達がその分を奪い去ってしまってた。

長銀は、間違い無く、召し上げられたのだと、そう思っていた。

多分、最後の1滴まで搾り取られるのかもシレナイ。。。。。
いわゆる”ケツノケマデ。。。。。”
その最後の”ケツノケ”の1本を抜きにくるのがFEMA体制という事かもなぁ~
なんて話をする事がよくあった。

今時、戦争に、戦車や戦闘機や機関銃。。。。。???
それは、まやかしだわなぁ~
そんな話を笑いながらしてた頃が可愛く思える。
今は笑えない。

核爆弾1つで済む所、なんじゃら菌を空からばらまくダケで済む所、
ワザワザ戦車に戦闘機を使う必要がどこにあるのか???
もっと言えば、コンピュータをハッキッングすれば”血を見ない戦争”なんていくらでも可能な世の中で
そんな手間暇かけた人海戦術などしない。
本当に”勝つ気でいれば。。。。。”

なので、戦車だの、戦闘機だの出てくる間は、ただのマネーゲームであって
本当に起こしたい戦争とは、昔と形がまるで違っているのだろう。。。。。
そんな認識でいた。

”戦争の相手がわからない”内に消滅。。。。。
身内で分裂し、勝手に滅びる。。。。。

戦争責任のない戦争、更に、略奪も出来る形。。。。。
敵は、目の前ではなく、死角に潜んでいる!!!
TPPは、合理的な新たな戦争の形かもシレナイ。

セシウム牛やなんじゃらかんじゃら。。。。。
そんな事、初めからわかりきった話で、
それをワザワザ、複雑怪奇にする”ワザ”に引っかかってはイケナイ!!!

本当に助ける気があるならば、しているハズの事が、すっぽ抜け、すっとぼけられている。

見るのも、問題にするのも、ソコダケでいいような気がする。
それに対して、キチンと白黒つける事、それが一番大事な事であり、
今、ここで、キチンと制裁を加える事、白黒をつける事、
そこに集中するべき時なのだと思える。
そこがシンプルでなければ、どんどん複雑怪奇になり、収集がつかなくなりそうで

必要な措置をとれなかった事の責任は、今追及し、今責任を取る形を、今、構築
ここで野放しにすると、ここで先送ると、
理由が理由を産み、やがて降り積もって、本当の理由が見えなくなりそうで、
見えなくなってきた所で、もっと右往左往するような事が起こると、もぅ引き返せない気がして。。。。。
そのすぐ目の前に待ち構えるものの方が、更にタチが悪い気がする今日この頃。。。。。

産地偽装は、今に始まった事ではないのに、「今回だけはナイ!!!」と信じる方に無理がある様な気がしてしまい
マスコミは、煽動するのは、今に始まった事ではないのに、
マスコミや政治家が「今回だけは、まともに動く」とどこかで期待する方にギャップが生まれる気がしてしまい
回りは、まだ放射能が降り注ぎ、汚染された食品は、すでに流通していて
それが「あり得ない」と思う方に無理がある様な気がしてしまい
”また、騙された!!!”が積もっていくと”増悪”しか積もっていかないような気がしてしまう。
責任元を糾弾、告訴、この白黒のケリの付け方しかナイのだと、
それしか道はないのだと思える今日この頃。。。。。

関連記事
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://vickywallst.blog15.fc2.com/tb.php/1603-b165a57b

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。