Loading…

発送電分離論

Posted by vickywallst on 22.2011 政治・社会   0 comments   0 trackback
自民にも発送電分離論=若手ら主張、谷垣氏及び腰 2011/05/20-19:07 時事ドットコム
=転載開始=
 東京電力福島第1原発の事故を受け、電力会社からの送電部門分離を検討すべきだとの意見が自民党内でも上がり始めている。主に石破茂政調会長や若手議員が主張。ただ、経営形態見直しに慎重な声も根強く、分離論が党内の大勢となるかは微妙だ。
 石破氏は15日のテレビ番組で「送電線を全部売ることによって、(事故)賠償のお金が生み出せないか、本当に考えてみるべきだ」と表明。若手の代表格である西村康稔経済産業部会長も19日、発送電分離を「一つの選択肢」とした上で、「地域独占の見直しも(議論の)対象になる。日本にとって一番いい姿を提案していきたい」と語った。
 背景には、菅直人首相が原子力政策や電力供給体制の見直しに言及するなど、民主党側が改革姿勢をアピールしていることへの焦りがある。若手の一人は「われわれの方は与党時代の総括も済んでいないし、今後の考えもまとまっていない」と、自民党執行部の反応の鈍さに対する危機感を隠さない。党内には独自のエネルギー政策をまとめようと、グループを結成する動きもある。
 実際、青森県選出の大島理森副総裁は20日、原子力政策が争点となっている県知事選てこ入れのため同県黒石市を訪れたが、推薦候補の応援演説で県内の原発の在り方には一切触れなかった。
 党内からは「分離すれば電力会社はコスト削減に走り、原発の安全対策への投資を怠る危険がある」(閣僚経験者)と慎重意見も出ている。谷垣禎一総裁も「(分離は)難しい問題」と及び腰の姿勢で、電力業界との長年の「もたれ合い」が指摘されてきた自民党の意見集約は容易ではなさそうだ。(2011/05/20-19:07)
=転載終了=


膨大な情報の中から沸き上がってきたこの案に、まだ頭がついていけてないのですが。。。。。
市場原理を投入させれば”電気料金が安くなる”事も可能なのだとは思うけれど
金融自由化で日本の銀行に外資がドカドカ入り込んでどうなっていったか。。。
を考えると。。。。。
無残にバラバラに解体され、確かに”金利は安くなった”
という事と同じ事が起こりえるのかな。。。と思ったり。。。。。
あまりいい気がしないのが本音。

金融の次は、インフラと郵政民営化狙いなのは、これは”陰謀論”でもなんでもなく、
事実だと思うので、ずっと”次はインフラ狙い!!!”だと言ってきたわけで
東電株がどんどん安くなっていくのを、不安に思いながら見ていたけれど
東電株など、こんな事故が起こらない限り、誰が手放しますか?という事で
外資にとっては、厚き壁だったワケです。
その壁が崩れたら、後は、M&Aするだけなのですが。。。。。
そう考えるから、今回の原発事故も斜に構えて見てしまう所が多々でてきたり。。。。。
ましてや、”インフラ事業”狙いという事は
インフラ事業を全てロックフェラ-とはならないのでは。。。?
という事で、水道事業をロスチャイルド、電気事業をロックフェラ-という感じで狙われちゃって
バカ高な電気料金に、バカ高の水道料金!!!
と一昨年くらいにここでも書きましたが。。。。。
元々そう思ったりしていたので、電気事業に外資が入って”安くなる???”という風には
まだ考えつかなくて。。。。。頭がついていけてないのが現状。

今回の一連の流れが、ロックフェラ-(CIA)VS ロスチャイルド(MI6)と考えると
ロックフェラ-側がこの電気事業を乗っ取るという事を考えているのかどうか?
思考力がグンと低下して考えられないのですが。。。。。
少し嫌な予感はしてます。
関連記事
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://vickywallst.blog15.fc2.com/tb.php/1529-c46127f6

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter