Loading…

放射化した血液

Posted by vickywallst on 22.2011 政治・社会   0 comments   0 trackback
核汚染日本の再生-放射化した日本人

この記事にビックリして、完全にココロがポキッと折れてしまっていた。

これは、東京在住の、普通の30代前半の女性の血液を調べた結果という事で
3月の原発事故以降、2ヶ月間、屋内待避でペットボトルの水を飲用し、被曝には相当注意しながら、
放射能の舞い降る関東内で過ごした後の血液という事です。
母子で治療に訪れたようですが、母親の体内放射能をいくら排出しても
「身体から抜いてはまた子供から被曝する」
この繰り返しになるのだそうで、
母子共に、同じ期間、被曝治療を継続する必要があるとの事。

それだけでも、かなりショッキングな話ではあったのだけれど。。。。。
被爆している人が玄関先に立つだけで、台所にいる人までもが頭痛。。。。。というのは、過激だった。

ー転載開始ー

■放射化し発光する血液

ANさんに1回目の被曝治療を実施した後、すぐに血液を観察したところ、
これまで見たこともない状態にスタッフ一同が唖然としました。
何はともあれ、下記の写真映像をまずご覧ください。
放射化した血液
写真1:ANさんの血液、放射化し強く発光する血液と、放射光の干渉縞
上方にあるのは異常赤血球を取り込み活動を停止したマクロファージ
放射化した血液2
ANさんの血液:バラバラになったマクロファージ
赤血球の形状異常も激しく、癌細胞の出現サインも見える

赤血球の放射化現象は、他の避難者の血液からもこれまで観察されていましたが、ANさんの場合はそれと比べても桁違いです。赤血球が顕微鏡のバックライトを浴びて強烈に放射光を発しているだけでなく、他の赤血球が出す放射光と干渉して、観察映像全体に光の干渉縞が現れています(写真1)。放射能による血液の放射化は明らかです。

更に私たちの目を奪ったのは、バラバラに粉砕されたマクロファージの断片です(写真2)。マクロファージは血液中のゴミや異常細胞を処理する血液中の掃除屋的存在ですが、そのマクロファージがこのように見事に破壊された状態を見たのは私も初めてです。

被曝患者のマクロファージは概して活動量が低下し、血中でその機能を失うことが多いのですが、その原因として、放射化した赤血球(=異常な赤血球)を取り込んだ場合に、その異常赤血球から発せられる放射線によって、マクロファージの処理機能が低下させられてしまうことがわかっています。しかし、今回のケースで、一定レベル以上の放射線を受けると、マクロファージの構造自体が破壊されることがはっきりと確認されたのです。


■関東地方で今起きていること、再び

赤血球の放射化とマクロファージの活動量低下、この他、ANさんの血液観察で認められたのは、免疫機能の低下、多量の異常赤血球の発生とお決まりの癌細胞の発生です。癌に関してはかなり悪化しており、進行を止めるにはあと数回の被曝治療が絶対に必要なレベルと判定されます。

ANさんは、日本での生活で身体の異常や、日常生活の異変を特に感じることはなかったと言ってます。むしろ、日本での生活は平穏そのものだったとも私たちに語っていました。しかし、ANさんの血液を見る限り、ANさんの健康状態は重症癌患者一歩手前のそれとほとんど変わらないレベルにまで悪化しています。癌患者が重症化するまで癌に冒されていることに気が付かないように、放射能による身体の侵食は、どうやら静かに潜行する性質を有するようです。

私が心配するのは、東北・関東地方に住む日本の皆様の健康状態です。YMさんもANさんも普通にそこに暮らしていた人たちです。そして、程度の差こそあれ、その二人に共通した被曝ダメージが認められました。二人の血液状態を見て、同地域に住む方々の健康に関する将来予測を、更に悪い方向へ修正しなくてはならなくなりました。それは、

 既に癌などの重大疾病があれば余命数ヶ月、これまで病気がない人で余命3年以内

という非常に厳しいものです。この予測を東北・関東地方に住むおよそ6千万人の方々に向けて発信しなければならない私の心中を、読者の皆様、どうかお察しください。皆様を救済できるのは、私の知る限り、私たちの「被曝治療」だけですが、これだけの人数を助けるには、私たちは余りにも非力であると認めざるを得ません。

ー転載終了ー


。。。となれば。。。。。大丈夫なんでしょうか???
ENERGY.GOV
米国エネルギー省が発表した、5月3日実施の”東京駅から仙台駅(東北新幹線)区間の放射線測定結果”
福島駅-44μR/hr、郡山駅-52μR/hr、新白河駅-40μR/hr、那須塩原駅-46μR/hr(単位:マイクロレム/時)
基準を上回る結果に。

※東北新幹線で東京仙台間を片道乗車すると0.4μSV被ばくすることが判明。
( 1 Sv = 100 R = 100,000 mR 10μSv =1mR 0.01μSv=1μR )

東北放射能被曝新幹線

米国エネルギー省は32μR/hr(0.32μSv/hr)未満であれば健康リスクは無いとしている。
しかし、福島県では32μR/hr(0.32μSv/hr)を満たす地域は少なく、100μR/hr(1μSv/hr)を超える汚染が広がっている。。。との事。

綿毛だけじゃなく、人も兵器に???
たんぽぽ綿毛


関連記事
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://vickywallst.blog15.fc2.com/tb.php/1524-dfe9c705

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter