Loading…

お願い!!!早急に考えて!!!

Posted by vickywallst on 27.2011 政治・社会   0 comments   0 trackback
小出さんがおっしゃってました。
「私の人生は、負け続けの人生だった」と。。。。。

違う事を違う、間違ってる事を間違いだと、
そう言ってるダケの話ですが。。。。。

40年も続けて来れたナンテ。。。。。
負けないですよね。
ブレないですよね。
それは
誰かの顔色を伺って 自分の意見を調節してない
という証拠なのです。
だから
私は ブレない人が好きなのです。

利権に絡む人達の情報操作が大規模なので、
その情報だけをみる大衆は、そちらに傾斜していきます。

間違っていようがなんであろうが、数の原理で”大衆”がマジョリティとなり
「NO」を言えば、そちらがマイノリティです。

地動説と天動説のようなもので
「地球が動いてる」
当たり前の事を当たり前に言うと、死刑になったあの時代に向かって
猛スピードで逆行していってるような感じで
いく度歴史を塗り替えても、
”権力=パワー=マジョリティ”
この焼き直しダケは、変えずに。。。
そこから這いだす為に、どれ程の血を流したのか。。。を忘却の彼方に残し、
まだ、イビツな多数決をヨシとしている”現在”
この”今”を何年かかって築き上げてきたのでしょうか。。。。。???

私は、小出さんを指示するし
当たり前の感動を頂いてます。

ただ「人として」感動しながら生きていきたいと願うので
そう思うのでしょうが
そんなキレイ事の世界で済まない現実を抱える人達がいるのも事実だし
「そんなもの!!!お金の方が大事だよ!!!」
という人が存在するのも事実。
きっと。。。
戦争って、そんな事の行きつく先にある極端なもの。。。
何を得る為に どれだけ血を流してきたのか。。。。。
「誰かの懐を膨らませるだけ」の為だという事に気が付けば
「自分達の手で止められる」のだという事が見えてくるのに
その最初の一歩ですら、おぼつかず、いいかワルイかの前に「今、生きる」事に執着し
今、生きる為に、利権にしがみつく。。。。。
じゃぁ、ツケは、自分で払おう。
子供達には、責任はない!!!

最初の 一歩

簡単な事だと思うけれど。。。。。

叩かれたら、痛い。
失えば、悲しい。
命は、尊い。
普通のごく当たり前の普通の事を基準にすれば
簡単に答えがでそうだけど。。。。。
だって、それだけは、世界共通言語だし、世界共通価値観だし
ソレダケは、文化を超えた普遍の価値観で
何も難しい事を考える必要も何もなく、そんなごくごく当たり前の事を判断基準にすれば
感じ取れると思うし、一言だけ言えるかもしれない。。。。。

「NO」

ソレダケの話なんだと思うけど。。。。。

面倒だから、真ん中を歩く
面倒だから、関わらない
そんな風潮の世の中だけど、
”違う事は違う””間違いは、間違い”
そう言って、「負け続ける人生」なら、
それもアリなのかな。。。。。
自分は、そちらを選択したい。。。。。。

後は、時間が解決するでしょうし、時代が証明してくれます。

河島英五の曲に「天秤ばかり」という曲があり
気持ちは重たい方のどちらかに傾くのだと、吠えている。
「YES」か「NO」か
なんでも「白・黒」つける事がいいとは思わないけれど
考えれば、きっとどちらかに傾いている事は判るハズ。
白も黒もYESもNOもワカラナイのは、
きっと、見てないから、考えないからなのかもシレナイ。。。。。

「イヤかも。。。。。?」
「恐いかも。。。。。?」
その声が無ければ「YES」と同じ事でえ”黙認”なのだと
いつワカルんっだろう???
「黙認」する事が予め判って動いており
特にみんなが”反対するだろう”大事な事は、
大きなパフォーマンスの陰でこっそり黙認させるのだから。。。。。
「GO」サインが出るまでは、爪を隠し、牙を隠し、最高の笑顔なのだから。。。。。
”黙認”の陰でコッソリ、どんどん「事」が勝手に進んでいってがんじがらめにすれば
牙をむく。。。。。
リーマンショックは可愛かった。。。。。
そう言う日がくるかもしれない。

今、何が正しくて、間違いなのか、
段々よく判らなくなってきたけれど
正直、どちらにも言い分があり、
どちらが正しいかナンテ。。。。。
その答えがすぐにでるのなら、54基も原発は作られてなかったでしょう。

けれど、今、早急に考えるのは
衝突するよりも、白黒つけるよりも
「具体的にどうすればいいのか」を考える事の方が必要で
それが最大級に、そして、早急に必要で
それしかないのです。

都内に住む人は、何か起こればきっと早急に動き出せるかもしれないですね。
それは「ありとあらゆる情報が常に手に入る環境」だという事と
そこが”故郷ではない人が多い。。。。。という事かもしれません。
帰る場所が他にあれば、一旦そこに行って考える事が可能ですケド。。。。。
福島に住む人達は、きっと、みんなそこが「故郷」で、「帰る場所」だから
動けないのかもしれません。
そして、今後の生活の基盤を考えると、中々動き出せないものだと。。。。。

義援金の行方は、どうなってるのでしょう???
何かいい方法はないのでしょうか???

小学校の校庭は、泥だらけになって遊んでも
人生の中で唯一許される時間でなければならないのです。
不安を煽るツモリは毛頭ありませんけど
心配で心配でたまらないので
何かいい方法を早急に!!!
そればかり考える毎日になってしまって
NewSがどこかに追いやられてしまってます。。。。。
 
携帯からなので、文章がヘンかも???
関連記事
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://vickywallst.blog15.fc2.com/tb.php/1491-c43ec36f

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter