Loading…

津波伴うM8級、1か月内にも再来?

Posted by vickywallst on 15.2011 政治・社会   0 comments   0 trackback
津波伴うM8級、1か月内にも再来…専門家 2011年4月14日19時01分 読売新聞
 東日本大震災の震源域の東側で、マグニチュード(M)8級の巨大地震が発生する可能性が高いとして、複数の研究機関が分析を進めている。

 日本海溝の東側で海のプレート(岩板)が引っ張られる力が強くなっているためで、早ければ1か月以内に津波を伴う地震が再来する危険がある。

 M9・0の東日本大震災は、押し合っていた海のプレートと陸のプレートの境界面が破壊されて起きた。そのため周辺の地殻にかかる力が変化し、東日本全体で地震が誘発されている。

 京都大防災研究所の遠田晋次准教授(地震地質学)は全地球測位システム(GPS)の測定データから、海のプレート内部で引っ張られる力が強くなっていることを突き止めた。明治三陸地震(1896年)の37年後、昭和三陸地震を起こしたメカニズムと共通しているという。「今、昭和三陸規模の地震が起きると、仙台市で10メートルの津波が押し寄せる計算になる」と言う。
ー転載終了ー


気象庁

4月11日、夜、歓迎会の最中、一斉に携帯の警報が鳴り響き、次の瞬間、お鍋も大揺れ
4月12日、出勤の電車の中、一斉に携帯の警報が鳴り響き、電車がストップ
その後会社の朝礼中にも、一斉に鳴り響き、18のフロアがまたもや揺ら揺ら
あの”警報音”の後の”揺ら揺ら”のお陰で、警報音と共に、眠気の”揺ら揺ら”

元”東京メトロ”のお偉いさんのご家族とお離しした。
ご主人の口癖は
「都内で地震が起こって”水”が溢れてきたら、地上にでろ!!!」らしい。
「地下に水が入れば、アウトだ」と子供に言い聞かせていたのだそう。
そのお宅での”今の話題”は、”長野にいるご親戚”の話題。
なんと、中国人が富士山や長野、山梨から”動かない”のだそう。
山や土地を買い漁っているという事で
何をやっているのでしょう???

会社での話題は、
「地震の前や前日、強風になるのは、なぜ???」
本当にとても風が強くなる。
何か、関係があるのかどうか。。。。。???

取りあえず、M8級の地震エネルギーがまだ残っている事に驚きだけれど
「来る」と新聞が後押しする位なので、3倍の注意が必要。

色々気になる事は、多々あれど
とにかく”眠い~”ので、思考回路が停止状態気味。



関連記事
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://vickywallst.blog15.fc2.com/tb.php/1466-58b2b9a1

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter