Loading…

スポンサーサイト

Posted by vickywallst on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しらふ日記

Posted by vickywallst on 11.2011 日記   0 comments   0 trackback
博愛。。。。。
フランスの国旗は、自由、博愛、平等だったね。

昔、きっと博愛主義だったけれど、
「大変だわぁ~コレ!!!」というのが実感かな?
お人好しだけでは、この人生渡りきれないなぁ~という厳しい現実はあったりするかも?

でも、人間には、天使と悪魔の両方いるんだと思ったりする。。。
日常は、”その時”どっちが勝つか。。。という事の問題かもしれないけれど
そんなに大きな問題ではないのかもシレナイし、やり過ごせる事の方が圧倒的に多い気はする。
でも、本当の本性や本質が現れるのは
そんな事言ってられない!!!という”どどのつまり”なんだろうなぁ~
コレは、絶対そう思う。
えぇっ!!!!!!!!!!!
日頃見えない事でも、イザの時、目が飛び出そうな位「腐ってる人」って
居るもんです。マジで。。。。。
日常と、非常とでは、違うかも?

福島の半径20km地点に、若いお母さんと子供3人とそのご両親が戻ってきて
子供って、まだ小さい子供から幼稚園くらいかな?3兄弟?
無邪気に笑ってはしゃいでたけれど。。。。。
それを見て、ビックリする自分が、余計なのか、
「大丈夫だよ、なんとかなるよ」と言う人が心優しい人なのか???
最近よく判らなくなってきた。。。。。

”何日いれば1年分の放射線量を超えるんだ”とフリージャーナリストが説得してたけど。。。。。
「安全だと言ってたし、自主避難だと言ってたし。。。。。じゃぁどうすればいいの?」
と泣いてた。
「心配だけど、生活をしていかなきゃならないのに、どうすればいいんですか?」
愚の根も出ない言葉のようだった。

「博愛」って、
そういう場面を見ると、すっ飛んで引き連れてきちゃう位の事を言うのかもシレナイ。
マザーテレサとか。。。。。
伝染病の患者さんにつきっきりで看護したり。。。
「あの人」と「この人」と「自分」の垣根を作らない人の事なんだと
昔はハッキリそう思ってたけれど。。。。。
今の方がよくワカラナイ。
「あの人」と「この人」と「自分」の垣根を作らなければ
自分事のように痛いから、見て見ぬフリはできなくなる。。。。。

道ばたにブルドックがいて、本当にお腹空かせてウロウロしてた。
牛の群れも歩いてた。
放射線量かなり高かったなぁ~
思わず目をそらしてしまった。
酷過ぎる。

規制の敷かれてない道路で
「自主避難だし、避難所で白い目で見られるから、いいや」って戻ってくる人がいて
「水を取りに」戻る人がいて
あまり聞かされてないのか
「危ないよ」と声かけると「ほんとぉ~?!」と返す人もいて。。。。。

いい人達なのに。。。。。
頭っから素直に信じちゃってるんだ。。。と思うと、
本当にやるせなくなるけれど
もしかすると、全然大丈夫なのかもシレナイ。。。。。
心配しすぎなダケなのかもシレナイ。。。。。
もぅワッカラン!!!!

”引き受け”について話を聞きに行くと
誰か家にいる状態ですか?。。。と聞かれ
出来る限り、1人にしちゃいけないらしい。
それに”村の人から孤立”するのも良くないとか、なんとかで。。。。。
コミュニティの連絡を密にする事をしないと、戻った時に大変で
それに、家の抽選が出来なくなるとかどうとかで。。。。。
なんだか自分が出来る事なんて、とっても限られてるワケで。。。。。

許せないワケさぁ!!!
国が動かないなら、せめて、国が動くように仕向けていかないと
彼らは浮かばれないような気がしちゃう。
このまま黙って見逃すと、一緒に彼らも見捨てるような気分になって
なんだかやるせない。
少なくとも、「ムカツクわ~」と思った事と
「ナントカならないのか」と思った事と
見てられないくらい痛かった事を
何か、形にしないと。。。。。

そこは、安全ですか?
水は、安全ですか?
本当に大丈夫ですか?

ちょっと安全じゃない。。。。
そう言った時点で、「補償」しなければいけなくなるから
濁して、誤魔化しているのではないですよね???
ちょっと危ない。。。。。
その言葉が命取りだから
その人達に回すお金を、学者を抱え込む費用に充てているのではないですよね?
どうしても、そう突っ込みたくなってしまう。。。。。

けれど、地元の人達の本当に必要とする事は、
「補償します」という言葉なんだと思う。
”地震で壊れたワケではない”のなら、20km地点、30km地点、40km地点と
補償額を分けてもいいじゃないかと。。。。。
スリーマイルは、完全にあんぜんだとワカルまで、遠くに避難させていたし
それに1ヶ月もかかっていない。
阪神大震災の時でさえ、7日間くらいで、支援準備に入ってた。
遅すぎる!!!
しかも、阪神大震災と違って、「そこで、その土地を使って仕事をする人達」であり
電気も、野菜もお肉も、みんな全国に運ばれるもので、自分だけの為の仕事ではない。
優先的に”配慮”しないと。。。。。
急ぐお話のようで、気が気じゃない!!!

どうすればいいのかな???
どうすれば変わるのかな???
何が正しいのかもワカラナイから、余計に
ハガユイ。
しらふデス。。。。。
元から飲めませんが。。。。。
なんだか寝れない!!!!!!!!
関連記事
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://vickywallst.blog15.fc2.com/tb.php/1457-b526a8ad

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。