Loading…

スポンサーサイト

Posted by vickywallst on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再臨界?

Posted by vickywallst on 07.2011 政治・社会   2 comments   0 trackback
マスコミが”風評被害”と言い出してから「避難せよ!!!」の言葉が激減した。
何が正しいかどうか、根拠を探す方が優先されてしまったからかもしれない。
そんな中で、一生懸命声をあげ続けた人も、同時に存在する。
「命」を優先したのか、「建前」を優先したのか
何度も思うけれど、何事も無ければ「ラッキーだった」で済ませられない心の貧しい国民性だったとしたら
残念に思う。

TVが一斉に”言葉を濁し始めると”途端に世間もユルユル状態。
事態の成り行きを見極める前に”通常モード”になりつつある。
今起こっている事は、通常の事故でもなければ、なんとかなるような事故でもなく
「核燃料が流出する」という未曾有の事が起こっている!!!
普通の事件と、原発事故の違いの認識すらできないでいるとすれば、もう終わってる。
政治家も政治家だけど。。。。。どっちもどっち。。。という感じ???
事態が収束に向かって入るワケではなく、”報道されなくなった”だけで、
”事態は、悪化している”という事は、見えないんだろうか。。。。。???
この国は、どういう神経を持った国なんだろう???
不思議な国ですわぁ~
震災以降、外国人でなくとも、何度も呆れ返った「日本」の姿を見るのも、
悲しいかな、同時進行。
あの”大国ソ連”の崩壊は、チェルノブイリ以降に起こった事だという認識も必要なのでは?

別に、海に行けなくなった個人的な恨み節の八つ当たりではなく(当たり散らしたい心境だけれど)
「更に、海にジャンジャン放射能まみれの水を海に流す」という事に不信感が募る一方。
以前、2回目の爆発で、プールに置かれてた使用済み燃料棒は、吹き飛ばされ、辺りに飛び散ったのではないかと書いたけれど、もしかすると、その一部は、海にも落ちたのだという疑いが晴れないでいる。
それをヒタ隠す為に流す水なら、もう辞めて!!!
そんな思いでいるけれど、確かな事は、もう、政治家にだってわからんでしょ。
ワカラナイなら、”避難”が先では?何事も無ければ、ラッキーです。



ー転載開始ー
【放射能漏れ】米専門部隊「シーバーフ」が来日 原発対応で日米試行錯誤 (1/2ページ) 2011.4.3 00:01
 東京電力福島第1原発事故を受け、米軍の放射性物質(放射能)被害管理を専門とする部隊の先遣隊が2日、横田基地(東京都)に到着した。当面は同基地を拠点に自衛隊との情報共有を進める。日本側は深刻な放射能漏れなど緊急事態では、除染作業への投入も要請したい考えだが、米側が実際に立ち入り禁止圏内で部隊を展開させるかは未知数。原発事故での日米協力は初めてのケースだけに、どこまで共同対処ができるか試行錯誤が続きそうだ。

 この日到着したのは、CBRNE(化学・生物・放射能・核・爆発物)事態対応が専門の「化学・生物兵器事態対応部隊=CBIRF(シーバーフ)」の15人。陸上自衛隊でいえば、原発事故対応にあたる「中央特殊武器防護隊」に、「対特殊武器衛生隊」の治療・衛生機能を統合した組織だ。15人の中から、原発対応で部隊運用を指揮する「中央即応集団司令部」に連絡官も送る見通し。

 シーバーフの任務は(1)放射能の検知・識別と被災者の捜索・搬出(2)医療(3)除染-に大別できる。事故の収拾や放射能漏れへの対応策に関する専門知識も提供する。原発事故を想定した訓練も行っているが、「原発安全化」の実任務は経験したことがない。このため自衛隊幹部は「米軍はまだ様子見の構えで、現場での運用には慎重」と話す。
 シーバーフは後続要員も含め155人態勢を敷く。自衛隊側には、緊急事態が起きたとき、福島県内での除染作業の支援を想定しているが、ハードルが残る。

 8つの除染所はいずれも第1原発から60キロ以内にあるが、米軍は半径約90キロ圏内への米兵立ち入りを原則禁じているからだ。米原子力規制委員会(NRC)のヤツコ委員長は「約32キロ以上離れた場所なら安全が確保できる」との見方を示したが、柔軟な運用を引き出せるか課題になる。

 政府高官によると、米側は「最悪の事態に備えよ」と再三、日本側に警告を発してきた。シーバーフ派遣も、情報を共有しつつ、日本側の対応を監視する狙いもあるとみられる。

 米軍は近く被災者救援や捜索活動に展開している派遣部隊を縮小する一方、シーバーフ派遣や真水注入用のバージ船(はしけ)提供など原発対応に軸足を移しつつある。原発対応でも「トモダチ作戦」を機能させるには、「まずは日本側が有効な対処策を講じていく必要がある」(防衛省幹部)との指摘は多い。

福島第1原発:米放射能部隊が横田基地に到着 
防衛省は5日、東京電力福島第1原発事故を受けて緊急事態に備えるための米海兵隊の放射能専門部隊「CBIRF」(シーバーフ)の約150人が、同日までに米軍横田基地(東京都)に到着したと発表した。2日から空輸され、5日の第4陣で全員が到着した。

 今後は、同様の任務を行う陸上自衛隊中央特殊武器防護隊などと放射性物質の除染などについて意見交換し、大量の放射能漏れなど不測の事態に備える。【犬飼直幸】

U.S. team's mission is to help SDF
ー転載終了ー


【福島原発】2011/4/5/火★ 再臨界してるんじゃないのか!? 1/2



【福島原発】2011/4/5/火★ 再臨界してるんじゃないのか!? 2/2


関連記事
スポンサーサイト

正直、ガッカリする以前の問題だった事が、山の様にあります。
「アメリカ株式会社」(親会社)の子会社が「日本合弁会社」と考えると
潰れそうな親会社は、子会社を潰してでも立て直すのが当たり前ですよね。

現政権の面々を、再び政治の世界に留まらせる事は
「国民がオバカです」という事の証明書を全世界に発信する事と同じだと
それだけは、そう思います。



2011.04.09 02:20 | URL | vickywallst #- [edit]
残念だけど日本人に民主主義は無理だったと思いますよ。やっぱり白人どもにバカにされるだけのことはあると。
2011.04.06 21:16 | URL | #ZK/TaodE [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://vickywallst.blog15.fc2.com/tb.php/1441-2a69e0ca

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。