Loading…

スポンサーサイト

Posted by vickywallst on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自爆 (日記)

Posted by vickywallst on 04.2011 日記   0 comments   0 trackback
3月11日、突然の地震に揺さぶられ、帰る経路を失って自宅に向かって歩きだした。
大きな橋の上で強い風に煽られながら、かつて見た事もない川の逆流を見て、どこかで何かが起こったのだと
”津波”を肌で感知した時、その光景が言いしれぬ恐怖と共に一瞬にして脳裏の奥に刻み込まれてしまった。
唯一携帯の電波が入って見た映像は、近くのコンビナートが爆発して燃え広がる映像だった。
益々”次の地震と津波”の不安が募る中、どことも連絡が取れずに歩いた6時間は、強烈に重かった。

まさか。。。。。

伏線・・・デンバー国際空港
デンバー壁画1 デンバー壁画2 デンバー壁画3
頭の中によぎるのは、一直線に”FEMA”
”デンバー空港の壁画”がグルグル回る中歩いた恐怖の6時間のお陰で、
その後、立て続けに起こる非常事態に別の意味を持たせる事になり
きっと今日の今日まで不要な恐怖感を引きずった。

足の痛さを通り越し、腰まで重くなった翌12日以降目に入るのは
津波の爪痕と、原発の事故。
そして、2回目のあの爆発。
3号機爆発
昔、日本のTVが散々流したチェルノブイリのドキュメンタリーをコッテリ見たお陰で
一瞬にして固まった。
YouTubeのニュースキャスターのお姉サンもガチンゴチンに固まったまま。
福島3号機爆発の瞬間
世界中が固まったあの瞬間、同じ様に日銀も”誰かの顔を思い浮かべ”固まっていたに違いナイ。
多分、恐らく、世界中で一番固まったのは、東電よりも、日銀以下、その傘下のグループなのじゃないかと
そんな事を考える中、飛び込んで来た”リビア情勢の悪化と円売り介入”のNewS。

「第三次世界大戦」。。。。。

益々固まっていく。
その根拠を探すべく、日銀が一番嫌がる相手の痕跡を必死で辿ってみたけれど
次から次へと入って来る情報と、宣伝カーの「水を摂取しないで下さい」の拡声器の声。
更に固まる。

「日本の水が危ない!!!」
いつからそう言ってたのか。。。。。思い返してみた。
2008年の終わりから2009年の頭くらいに「浄水場」が狙われたらどうしようもない事や
「浄水場」などを含めた”インフラ”の買収を虎視眈々と狙う筋がいる事等ここでも触れた。
その後、中川昭一さんが「水が危ない」を言い残した事で、ダムを見かけると、色んな思いで
本当に複雑な思いを抱え、シゲシゲ上からダムを眺めていたけれど
まさか、こんな形で「元」が汚染されるとは、思いもしなかった。
その2008~9年頃、
「日本で”水”が無くなってパニックになる事なんて、あるわけない。
最悪そんなことがあった場合、問題は、ペットボトルの中身じゃないか。。。」
延々そんな話をしてた事があった。
思い出すだけで、ショックが益々沈殿した。

”帰ったらスグHAAPメータと株価をチェックする”と書いた3/16。
帰って即座にチェックすると、驚き、桃の木、山椒の木。
この地震を予め知ってたって事になる!!!
新潟地震しかり、9・11しかり。。。。。数えればキリがなく、数える指を折る度怒りに変わると同時に
原発や地震を含め、もぅ全てが人の手には負えない大きな”力”の作用を思った瞬間、
また怒りが恐怖心にすり替わった。

とにかく1から10までなぜか怖くなってフリーズ状態。

15日辺りの東電株は、たった2日間で47兆円の時価総額を吹っ飛ばしていた。
18日にはG7の協調介入があり、一気に、そして一斉に円を売る。
日本には、FRBが回転機で刷り散らかしたドル札が入り、やがてそれは利息すら取れない米国債に変わる。
外資達は、集まったその円で何をする???
【オピニオン】円高は日本を救う 2011年 3月 27日 8:31 JST
こんなエサ撒きだけしておいて3月30日を向かえる。
あろう事か、3営業日連続ストップとなった東電株は、30日午後3時の引け直前186億円分の買い注文。
自分の生唾を飲み込む音を初めて聞いた位、強烈に固まった。

「中小企業向け「緊急保証制度」がこの3月末でほぼ終了する」
これで春以降、倒産の嵐じゃないかとかなり心配し、「ココ」狙われたら最悪と言ってた”矢先”の震災は、
自分をドップリ”不信感”に浸からせてしまった。
何度も書いてきたあの”年次計画諸”の内容。
消費税20%や預金封鎖など、どう考えても、まだまだ先のような内容ばかりで
更には、日本が水や米に困って輸入に頼るなど、危ないと言われても理屈が合わずピンとこず
どうやってそれを”現実化”させていくのか、意味不明な内容だったけれど
そんな中みずほ銀行がシステム障害で引き出し不能。。。。。
もう、かつて”ピン”とこなかった事も、3・11以降、不気味に現実味を帯びてきた。

少なくとも、春以降、倒産の嵐というのは、「緊急保証制度」の終了によるものだろうと想定していたけれど
震災と計画停電で毎日上がってくる”休業宣言””倒産”のNewS。
計画停電に入ってない区域で、客足が遠のく飲食店。
キャンセルのFAX用紙が10mを超えたという旅行会社。
東北の工場が流された事で回らなくなった本店業務。
米や水どころか、タバコですらどこに行っても棚が空っぽのガラガラ。
更に、海外が日本製品を規制し始めた。
これだけは、かつて無かった事であり、自分にとって、これこそが想定外で撃沈に匹敵する内容。
イルミナティ 29

かつてない放射能の恐怖と、買いだめでガラガラになるスーパーの光景。
そして、計画停電での暗闇。地震警報の嫌な音。揺れる大地。
ただ事ではない。。。。。。
これは、阪神大震災も超え、チェルノブイリも超えている!!!と実感。
やっぱり”固まる”
何度固まる事やら、お陰で、体がガチンゴチン!
そのうち、人間どれだけ固まっても、また溶解するのだと理解した。

次は、こういうシナリオ。。。
これが次々現実化する中でのあの地震は、強烈なインパクトがあり、
その後、起こった様々な衝撃が,非現実的だと思われたシナリオを一気に引き寄せた事で
そのシナリオの最終段階にある事までもを、目前に引き寄せ、勝手に自爆の道を突き進んでしまった。

イルミナティ 14 イルミナティ 銀座和光 ミッドタウン ヒルズ

そして。。。。。
ある日、「ハルク」さんからコメントが入ってきた。
「女、子供だけでも逃がすべきだ!!!」という内容と、根拠を示す生々しい正確なデータ。
そこは、大きく賛成な上、必要な情報だと思われたけれど、
「世間には、本当の事を知りたくない人」というのも存在する事を知った直後だっただけに
しばらく公開せずに考えていた。
すると、同じ日に別のコメントが入ってきた。(ブログ上で返信したもの)
お相手は「シルク」さん。
「ハルク」に「シルク」。。。。。???
公開してないハズのコメントが”見られてる”?????
コレハ。。。。。どういう事かと思っていると、他の色々な人のブログが”突然”見れなくなっていった。
聞いてみると”突然削除された”との事。
”言論統制”???????????
頭の中で、またまた「FEMA」が近づいた。
ここまでくれば、「海ほたる」だって危ないのじゃないか!!!な勢いで
「非現実的」な日々の中、完全に自滅の大パニックに陥ってしまった。

スーパーに行くと、どこもかしこも”お水”が売り切れ
これだって、ついこの間まで見た事もないような光景だし、計画停電の暗闇も含め非現実的な事ばかり。
かつてない放射能の言葉も現実の中に落とし込まれてしまっている。
子供さんがいる家庭にとっては、これは悠長に構えてられる問題ではなく
保育園や幼稚園も”水”を探して右往左往という状況。

お米は、茨城産のお米が出てきたかなぁ~と思っていると
ナント、野菜やお肉も茨城県産、群馬県産、福島県産などのものは売れ残っている。
そして、今まで見た事もないタイ産のタマネギやニュージー産の人参などの野菜が売り切れ状態。
一番ショックだったのは、福島産のお水が残ってた事。
本当にビックリするほど美味しいお水で、
「福島の水、超美味しい!!!」
去年、このブログにも何度も登場したその言葉が悲しくなった。
なんだか忘れてしまっていた涙が所構わず溢れだす。
なぜ、こんな事になってしまうんだろう。。。。。
イルミナティ 29

けれど、少し話すと、元気になった。
今日は、元気だ!!!
でも、テスト直前、全く何もしていない。。。。。
現実に戻った途端、また、固まってしまった。。。。。
関連記事
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://vickywallst.blog15.fc2.com/tb.php/1433-736794a5

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。