Loading…

スポンサーサイト

Posted by vickywallst on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「黄色い雨」

Posted by vickywallst on 26.2011 政治・社会   0 comments   0 trackback
気象庁、「黄色い雨」は花粉 問い合わせ殺到で 2011/03/24 12:38 【共同通信】

関東地方で23日にまとまった雨が降ったが、関東周辺の住民から「屋根などに残った雨粒の跡が黄色く見える。放射性物質が降ったのではないか」などの問い合わせが24日、気象庁に殺到した。

 環境省によると、関東地方は23日、花粉の飛来が多くなっており、雨に混じって降ったとみられる。気象庁は問い合わせに「『黄色い雨』は花粉とみられる」と回答している。

 気象庁天気相談所によると、黄色い雨の相談は、24日午前だけで200件を超えたという。

 東京都にも、都民から問い合わせが相次いでいるという。都環境保健課も「花粉が主な原因。雨水に放射性物質が混ざっている可能性はあるが、健康に影響するレベルではない」としている。
ー転載終了ー


確か3月16日の風景。
同期の女の子から「スゴイ!!!ヘンな雲!!!」とメールが来て、車窓から外を見ると、真っ黄色!!!!!
「黄砂???何???」
車内でそんな会話をしていたけれど、
スゴイ風に煽られて、ビックリする位、街中が真っ黄色の”もや”の中に沈んでいた。
こんなにスゴイのは、ここ7~8年で初めて見たけれど
初めて東京に来た時、築地の橋の上から遠くをみると、薄黄色い街の景色に驚いたという記憶はある。
なので、今回だけの事ではないようには思うけれど
これが何を意味するのか、判らない。

ここ何年か、星を見る代わりに、何かを監視するように空ばかり見上げていたけれど
16日の雲と黄色い空気は、異常だった。
そして、ここ何日か、時々夜空は、ピンク色。
赤い空。。。。。
これも理由がわからない。
けれど、毎日、毎日、空を見上げる習慣があった中で、このピンクの空は、
あまり見かけない事ではあるけれど
全くない事でもないので、最初は、千葉のコンビナート爆発の際の影響かな。。。。
そう思っていた。
それは、それで、BP事故の後に起こった事を考えると、怖い話だと思うケレド。。。。。
あの秋葉風アルマゲドンや月光仮面のイデタチを、笑うのは、”違う”のかもしれないと反省。

気になったので色々調べていると
チェルノブイリで同じ現象が起きたというのを発見した。
Yellow Rain Falls In Tokyo? Pollen Excuse Exact Same As Chernobyl Yellow Rain Lie

ー省略・中略ー
That’s right, according to so called experts, enough pollen to cause hundreds to report their findings, rained down on Tokyo at the same time as a devastating nuclear disaster has released high levels of radiation at least 20km from the nuclear plant.
その通り!いわゆる専門家によると、猛烈な核災害により、少なくとも20kmで高レベルの放射線が放出され
同時に、東京では、花粉が、雨のように流れました。

This explanation has reminded many of the yellow rain that hit after the Chernobyl disaster.
この説明は、チェルノブイリの惨事の後に降った黄色い雨を多くの人に思い起こさせた。

The result was the release of 100 more times radiation than the atomic bombs dropped on Hiroshima and Nagasaki, according to the United Nations issue brief on Chernobyl.
国連のチェルノブイリに関する公表によれば、結果、広島や長崎に投下された原子爆弾の100倍以上の放射線量だったという。

Among the unstable elements released were iodine-131, caesium-137, strontium-90 and plutonium-239. Scientists say that exposure to such elements, especially in such high doses, impairs critical cellular functions and damages DNA.
放出された不安定元素の中には、ヨウ素131、セシウム-137、ストロンチウム90、及びプルトニウム239がありました。科学者は、特にそのような高濃度の中でのその要素への接触は、細胞の機能及びDNAの破損を受けると言います。

When these elements first reached Sergieff 20 years ago, they came in the form of yellow rain.
これらの要素が20年前に最初にセルギエフに達した時、黄色の雨が降ったと。。。。。

It was not long after that residents in her hometown knew it wasn’t simply “pollen” – which is what government officials assured them, she said.
間もなく、彼女の故郷の人達は、政府高官が「花粉」だと保証したものが単なる「花粉」ではない事を知った
と。。。。。

Whether or not the yellow rain now falling in Japan is 100% radioactive remains to be seen.
どちらにしても、放射性の残りであるにせよ、日本で降った黄色い雨は100%放射性残留物であるように見える。

With that being said, history DOES repeat itself and the way that Japan has covered up this disaster and used the exact same excuses as the ones used in Chernobyl indicates that we may be facing a much bigger disaster than Japanese officials are willing to admit.
”歴史は、繰り返される”ように、そして、日本がこの災害を隠蔽し、チェルノブイリで使われた同じ弁解をしているとすれば、我々が日本当局が認めるより遙かに大きい災害に直面しているかもしれないことを示唆します。

一体、何がどうなっているのか。。。。。

中川昭一さんが言った「日本が危ない」「日本の水が危ない」
これは、このことだったのか?そればかり考えてしまう。
もしそうだとするなら「知っていた」OR「予測可能」だった事になる。
という事は、他にも必ず、知ってる人がいる!!!という事になる。
もしそんな人がいるとすれば、間違い無く、救世主になる。
その人は、現場で被爆していく人の勇気をしかっと見て頂きたいと切に願う。

大丈夫→避難を要請
こんなコロコロ変わる人の言う事にいつまでも耳を傾けてる程舐められちゃタマラナイ!!!
大丈夫と言え!!!→報道
”お金”で自分のポリシーを簡単に曲げれる人の言葉を何万回聞いていても意味が無い。
何が正しいのかワカラナイけれど
自分で確認する事は、必要だと、改めて。。。。。

いよいよ発動ですか?
この以前からも、何度か登場しているけれど
この辺りも含め、非常事態宣言の発動は、その非常事態の原因となる事以外に
隠れた”危険”が潜んでいる事を肝に銘じながら。。。
今日お休みなので、家の中を片づけてからゆっくりNewSを読みたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://vickywallst.blog15.fc2.com/tb.php/1431-720bc729

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。