Loading…

無抵抗

Posted by vickywallst on 21.2011 政治・社会   0 comments   0 trackback
無抵抗

「ガァ~、ガァ~」
カラスとも違う鳴き声が聞こえた。
ここに住んでいて初めて聞いた鳴き声。
声のする方を探して見ると、カラス位の大きな鳥が電線の上に止まって鳴いていた。
カラスではなかった。

ふと思った。

人間は、「雨に打たれないで」と言われれば、家の中に閉じこもれるし
傘だってさせるけれど
何も知らされないで、いつものように飛んでいて
一体、あの原発の近くの鳥達は、どうなるのだろう。。。。。
無抵抗な生き物達。

被災地の犬や猫達は、どうしてるんだろう。。。。。

こんなやるせない思いと
こんな心配をする位なら
毎日質素に暮らす方がいい。
電気や資源の節約でそれが叶うなら、なんだってする。

このクソ贅沢な我が家の食事は、あの日以来、本当に質素になった。
1日1食にして、ご飯と梅干しだけとか、+焼き魚とか・・・
毎日何かとお買い物に行ってたけれど
もう、しばらく行ってない。
行かなくたってどうにかなるもんだ。
それでいい。

青空の下で、思いっきりワンちゃん達と走れるなら
こんなやるせない心配なんか無縁でいられるなら

何度だって言っていたい。
原発は、もういいよ。。。。。

関連記事
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://vickywallst.blog15.fc2.com/tb.php/1419-35f5c25a

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter