Loading…

枝野官房長官 会見 3/13 11時頃

Posted by vickywallst on 13.2011 原発   0 comments   0 trackback
【冒頭】

 今朝ほどの会見でも申し上げました、福島第一原子力発電所3号機に関する事象についてご報告を申し上げます。

 今朝ほど東京電力福島第一原子力発電所3号機について、注水機能、水を吸い込む機能が停止をしたということのご報告を申しあげたかと思います。その結果、圧力容器内、いわゆる燃料棒がつかっている水の水位が低下をし、燃料棒上部が水面上に露出をしたものと想定をされます。

 このため、圧力容器、原子炉の本体の一番内側の容器でございますが、9時5分、圧力容器の安全弁を開き、原子炉内の圧力は低下をいたしました。

 9時8分には水の注入を開始しました。これは海水ではなくて真水でございます。9時8分には真水を注入を開始いたしまして、9時25分にはホウ酸を混入することにより、一層の安全性を高める手段をとりました。

 同時に9時20分、格納容器、一番内側の炉の入っている圧力容器の安全弁が開いたのが9時5分、そのことで炉の圧力が低下し、続いて9時20分に格納容器のベントを開始しまして、この結果として原子炉格納容器の冷却が開始をされていると思われます。

 このベントを開始した9時20分以降、昨日に続き、微量の放射性物質が排気筒より放出されたと思われております。現地の放射線のモニタリング調査でありますが、昨日、1015の数値を出しましたmp4といわれる地点については、今朝の午前0時30分には44.6、今朝の6時には36.7でございましたものが、9時20分前後にベント開始をしておりますが、その9時20分に76.9、そして9時30分には70.3を観測いたしました。

 引き続き観測を続けているが、ベントにより想定される範囲内で、管理された形で微量の放射性物質を含む気体が放出をされているという状況でございますが。まさにこうした事態に対応するための手順に基づきまして、なされているものでございますので。人体に影響を与える放射線が放出をされているものではございませんので、ご安心をいただければと思います。

 なお、避難をされた方々の被曝(ひばく)に対する不安が高いものと思われております。このため、福島県の意向を確認しながら、次のような対応を検討しております。

 福島県において避難者のリストを作成をしております。国の責任で福島県と連携して、各避難所に専門家からなる救護所を設け、すべての避難者とそして心配な人に対し、被曝に関するスクリーニングと、その後の評価、医療対応へのつなぎを行う専門チームを複数設けたいと思っております。

 関係道府県の協力を求めたいと思っておりまして、そのための調整に入らせていただいているところでございます。

 少し追加をして情報提供させていただきます。さきほどのmp4のデータだが、8時33分、直接のベントの影響ではなくて、ございますが、1204.2という数字が観測、計測をされております。

 こうした数値の全体像をご覧いただきますと、放射線の変動は大きいですけれども、ベント等によって大きな上昇というものは見られていないということでございます。

【質疑】

――燃料棒の露出はどうなっているか。炉心の溶融の可能性は。

 現時点では注水を行って、露出は水に埋まっているという風に注入した水の量から思われている。

――1号機の炉心の溶融は起きたという認識か。

 これは十分可能性があるということで、当然、炉の中だから確認が出来ないが、その想定のもとに対応をしているし、今回の場合も可能性があるという前提で対応している。

――被曝対策の専門チーム。どのぐらいの人員の規模か。いつぐらいまで準備するのか。

 福島県の意向も確認した上で調整しなければならないが、最大限の可能性を前提に福島県の意向、受け入れ態勢などを併せながら最終的に態勢を確定したい。

――3号機のベント前にこうした高い数値が出たのは、原因は何か。

 おそらく1号機のベントは継続している。それと、風向き等で影響されるのでそうしたものの結果であるという風に分析をしている。

 この数字自体、昨日の数字同様、一時的にこうした数字が出ても、人体に影響を及ぼす数値ではないということのなかで、その後も風向き等によっては、一時的に変動することは当然あり得るという想定の中でやっている。

 こうした数字がどんどん上がっていったりとか、非常に高い数字がこの地点に限らず継続したりということであれば問題であろうと思うが、まさにそこはしっかりと計測を継続的に進めているし、この午前8時33分以降はむしろ急速に減っている、さらに減っていく傾向なので人体に与える影響については想定の範囲内である、直接の影響は現れないと思っている。

――1号機のベントで出た数値と今回の数値の間にかなりの時間差があると思うが。

 ベントは継続的に行われている。1号機は現に海水を注入し続けているが、1号機からも継続してベントによる気体の放出が行われていて、その中には微量の放射性物質が継続して出されている。

 今回はそれに加えて3号炉からも同じ手当をしたということなので、1号炉だけでもその影響が風向きなどによって数字が大きく上下動するということは当然あり得るということで、昨日の説明でもそういったことを申し上げている。

 今後も変動は色々あり得ると思っている。そうした数字が継続して急激に上昇しているとか、継続して高い数値を継続している、あるいは複数の地点で非常に高い数値が見られるということがあれば問題だが、1カ所についての変動は多々あるということは、今後もあり得るということはご理解いただきたい。

――1号機はベント作業の後に爆発しているが、3号機は。

 今回はそういう可能性の起こる前に注水がしっかりと確保出来た。ベントの段取りもうまく取れたと思っている。

――1204マイクロシーベルトの数値は1号機の関係か、3号機の関係か。

 基本的には1号機の影響であろうという風に推測分析している。

――追加避難はスムーズに行われているか。

 現時点では特別に混乱が生じていると……。当事者の皆さんにとっては、まさに生活の拠点を離れて、移動していただくので大変なご苦労おかけをしていると思うが大きな混乱の報告は受けていない。

――連絡が取れない自治体に対して、国はどういう支援を考えているのか。立法的な措置があるのか。

 立法措置というよりも現実対応の問題でして、当該市町村に、普通の状況であれば、県から職員等が出向いて、フォロー、対応することになろうと思うが、これに国から直接、職員等を出向いていただいて、サポートするということ。

 あるいは当該自治体からの要請を待たずに、県、国から直接現地に場合によっては乗り込んで対応をお手伝いするということだ。

――福島第一原発以外の原発で異常の兆候はあるか。

 ございません。

――3号機以外で、ベント以外で放射性物質が出ている可能性は。

 現時点でそうした兆候、可能性があるデータ等はありません。段取りから考えても3号炉から放出されているとすれば、ベントによって管理された形で出ているものと思っている。

――県知事による避難指示命令などの災害対応の職務代行はすでに行われているのか。

 総務省の情報がすべてこちらに、私の手元に来るものではないので、一義的にはその情報があれば総務省が持っていると思うが、こちらまではまだ入っていない。

――福島原発周辺の住民避難の具体的オペレーションは。

 国土交通省が運送手段の手配に協力、対応してもらっている。避難そのものは自治体の所管で行われるので、それを国交省を中心に、もちろん警察庁も手伝っているが国交省が対応している。

――避難をめぐって関係者から対応が後手に回っているという指摘があるが、認識は。

 特に避難をされている当事者にとっては、大変不安の大きい中で対応をいただいている。3キロ圏内の方にとっては二段階での、ある意味では指示ということになったことについては、「だったら初めから」という気持ちがあることは、当然のことだろうと思っている。

 一方で、まさに事案の性質から考えて常に万が一の事態に備えて万全の策を取っていくということが必要だと思っていて、そういった意味ではこの間、その時点で想定される万全の策を取りながら、きちっと住民の皆さんに直接健康の被害が生じない範囲内で、そのリスクの拡大を止めるという対応をしてきている。

 今後ともできだけ早い段階でリスクの拡大の兆候、変化が出たときは対応ができるようにという態勢を整えていきたいと思っている。

――1号機の関係だが、注入ができなくなった場合も想定もしているのか。

 はい。これは福島第一原子力発電所、第二原子力発電所、いずれも緊急停止の状況から、冷却等についての問題を抱えているという状況だ。1号炉にかかわらず、現状の機能がどうなったらどうするかと言うことについての準備を事前に進めてきている。

 その結果として1号機の爆発の対応についてもギリギリの所だったかも知れないが、きちっと大きな被害の拡大する以前の段階で海水の注入がすることが出来たと思っているし、今後とも1号炉に限らず、そういった準備を常に前倒しで進めていきたい。
関連記事
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://vickywallst.blog15.fc2.com/tb.php/1391-544ffde4

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter