Loading…

スポンサーサイト

Posted by vickywallst on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「3月11日」憤怒の日ーサウジの暴動予告ーの日に、日本で巨大地震!!!

Posted by vickywallst on 12.2011 原発   0 comments   0 trackback
3/9(水)の地震の時、都内の18Fにいた為か、かなり長い時間揺れ続けた。
NZ地震の陰謀説を散々読んだ後、”次は、3月14日、巨大地震!!!”というのを耳にしていただけに、
コレは。。。。(キタ。。。か?)
と、帰りの通勤電車の中で色々調べていると
ベネズエラのウゴチャベスが、「”米国の武器”は、ハイチの悲惨な地震を起こした!!!」
Hugo Chavez Says U.S. Weapon Caused Haitian Earthquake
1

と証言していた記事と
”関西、中部、関東で20分続く揺れが起きれば、ビルはモタナイ!!!”
という脅しのような内容の記事をチラリと目にした。

あまりHAARPの事を言うと。。。”白い目”反応が返ってくるので
翌朝のブログで、ワカル人には、ピン!とくるだろう。。。と思い乍ら、
・NZビル崩壊現場の記事と
・阪神大震災に迫る強さ!というキラーパルス記事だけ貼り付けてから出社した。

帰宅して、色々調べていると
2月20日NZのスチュワート島にクジラが107頭、打ち上げられ
その2日後にNZの大地震が起こってた事で、
3月4日夜、茨城県鹿嶋市の下津海岸にクジラ52頭が打ち上げられたのは、
”危険信号”じゃないか
というのを見て、HAARP計を覗きにいくと、トンデモなく大ブレークしていたので、こりゃぁ、あの
”3月18日~20日アメリカで壊滅的な超巨大地震が発生予測!!!”
(米国、メキシコ、中央アメリカ、南アメリカ)
と騒がれているのも
”2011年3月11日を、全ての転換期とする!!!”
というのも、意味深~と思い乍ら、3月11日出社すると
9日、10日辺りで、ネットに繋がらない!!!とか、初めてシステムがダウンした!!!
という話しがアチコチから聞こえてきたので、
”電磁波に気を付けた方がいいかも??、PCの電源外しておく方がベターかも?”
ナンテ話しをしてた。

2011年3月11日が、全ての転換期となる!!!
時間が全くないので、午後一番、電車の中でこの詳細を調べ乍ら研修センターに向かった。
3月11日”憤怒の日”の呼びかけを行って、サウジの暴動を起こす計画がある!!!
ブックマークしたいくつかのNewSを開いて待ち合わせの時間を過ごした。
この日、サウジで暴動を起こす理由のヒトツは、投機的なものがあり、
原油200バレルへの伏線だという。
Will The Day Of Rage In Saudi Arabia On March 11 Send The Price Of Oil Into Unprecedented Territory? 
3月11日憤怒の日

恐慌と、燃料、食料の暴騰を一気に起こし、混乱に導き、FEMAの出動!!!→ナチス体制。。。??
。。。研修中、頭の中で色々考えていたまさにその時!!!
ゆっさ、ゆっさと揺れ出した。

今回は、8階におり、かなり揺れが大きかった。
ましてや、こんな事あんな事が頭にあったもんだから、揺れた瞬間、頭の中が真っ白に。
けれど、自分の想像を超えた揺れと
”ガッシャーン"
窓ガラスの割れる音で、我に返り、非常口を確保し、揺れが収まってから、非常階段を下りるよう告げた。
役職でもないし、危機管理責任者でもないので、何の権限もないのだけれど
それが当たり前の行動だと思っていたので、当然、皆そうするだろうと思い、
取りあえず、近くにいた同期5人下まで駆け下り、ビルのまん前にある、公園まで走った。
ところが、残りの人達は、建物の中の方が絶対安全だから、中に戻れとの事。

BCPの話しを企業ですると、多くの企業が取り入れて実行している。
その分野の立場の企業であるから、当然、その共通認識で良い、と思っていたけれど
全く真逆な認識だった事に面食らってしまった。

余震が続く中、大きく揺れる事が何度かあった。
外から揺れるビルを見ると、本当にグラグラ揺れているのがよくワカル。
中にいると、きっと精神的にアウトだ!!!と思う。
耐震ビルに安心するなかれ!!!
火災に強いワケでもないし、”閉じ込められる”と厄介で
こんな事だって起こりえる!!!(2枚とも過去の地震)
地震1

地震2

”リスク回避”は、「最悪」を想定して行動する!!!と言う事だから
自分に限って、今回に限って、”それはない”と思っていると、イザ、何かあった後で思うのは
「あの時。。。あの一瞬。。。」
たった一瞬の判断で、運命が分かれるので、
”こんな時、どうする”という共通認識は、絶対必要だと、今回しみじみ思った。

しばらく地面の上で揺られていると、
お台場の大火事や、宮城や仙台、岩手の被害状況が続々と入ってきた。
けれど、携帯は、全く使いものにならず。。。。。
なるだけ、電話を控えながら、メールorウェブメールで対応していたけれど
「Yahoo!メールの下書き」のやりとりが、一番固い!!!と、次回からそうする事に!!!

そして、電車のストップで、歩いて帰るしかなく、
コートもなく、重い荷物を抱えたまま、運動靴でもない靴で”6時間超”ただ、ヒタスラに歩いた。
途中、津波警報が鳴り響き、津波到達のNewSにおののき、原発のNewS、
コンビナート大爆発のNewSに泣きそうになりながらも、やっぱりワンちゃん達が心配で、休憩スラ入れられず
ただひたすら歩き続けた。
行き交う人の中に、同じヘルメットを被った団体さんと何度かすれ違った。
きっと、これが”BCP”の一環なんだろうと思いつつ、キチンと出来てる企業さんが増えた事に驚いた。
本当に、コレが出来ると、出来ないとでは、”命に関わる問題”である以上、大きな差があると思う。
社員全員が難しいなら、せめて、”指示を与える立場”にある人にだけでも認識が必要だと実感。

そんな事を考えながら、足を引きずり歩いていると、大きな橋にさしかかった。
橋の途中で地震ナンテまっぴらゴメン!!!と走っていると、途中、異様な光景に出くわした。
もの凄い勢いで川の水が海に引き戻されていくのを真下に見た。
まるで、お風呂の栓を抜いたように、スゴイ勢いで、海に吸い込まれていく光景。
その時、”どこかで大きな津波がきたのかもシレナイ”と実感した。

原発事故
原発事故

複合災害               複合災害
地震  複合災害

もう、勘弁してぇ~!!!
取りあえず、腰から下が抜けそうな位痛く、疲れ果てているのに
夜中、ずーっと余震が続き、地鳴りと振動が怖くて寝れなかった。

けれど、家の中ムチャクチャになってるのではないかと覚悟して帰宅するも
朝と全く変わらぬ光景。
唯一、アイロン台だけが、ゴロンと転がっていたダケで、お酒の一升瓶ですらポジションを保っていた。
地震対策を万全にしておくと、憂い無し!!!
取りあえず、足が痛すぎ!!!

災害対策
災害対策

関連記事
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://vickywallst.blog15.fc2.com/tb.php/1382-a61659f1

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。