Loading…

ヨーロッパで”食料とガソリンが不足し、高騰を始めた!!!”

Posted by vickywallst on 19.2010 政治・社会   0 comments   0 trackback
Travel misery for millions heading for Christmas getaway Telegraph
テレグラフ

他の地方空港も雪と氷で閉鎖された為、ヒースロー空港、ガトウィック空港、スタンステッド空港でも、飛行機が飛び立てずに、フライトキャンセルした数万人の乗客が、空港内で寝泊まりする事を余儀なくされた!!!

ってことで、去年もこんな感じだったかと思うけれど、イギリスの気象庁は、このままの寒さが続けば、
”この100年で最も寒い12月”になると予測している。

段々ヒドクなってきてる気がするのは、気のせい?
何がどこが「地球温暖化」なんだ???

動物達が可哀想で、スコットランドでは、アザラシまで凍っていますよ。
アザラシは、寒いのはOKだったかな???でも、、、コレじゃぁねぇ~
テレグラフ2
こーゆーの見るの。。。かなり弱いんだなぁ~イタイッ

でも。。。な~んか”ヘン”なんだなぁ~なんだろう???
触覚がクシュクシュする!!!

で、この気象に、続いてこのNewS!!!
寒い上に、暖房取り上げ

英国の何百万人もの人々が燃料配給の不足に直面してる
Millions facing fuel rationing over Christmas as heating oil runs low
まず、灯油を入手するまでに、3~4週間待ち状態”
今後地域によっては-15°まで下がり北極より寒くなる見込みの中、石油依存型の地域で燃料供給をどう安定させるかが大きな課題として目前に浮上している。
更に、その灯油が1リットル価格1ヶ月で40%高騰しているという事で、イギリスの公正取引庁は価格操作疑惑を監視していたことも発表した。
更に、今回ここで露呈したのが、イギリス地方地自体の倉庫の小麦の備蓄が空っぽだった事!!!
”食料とガソリンが不足し、高騰を始めた!!!”
どこかで聞いたシナリオだなぁと思いつつ。。。
バブル最盛期の「飲む、打つ、買う」の3拍子も、はじけりゃぁ「混む(道路、駅、空港)、鬱(家の中で)、カラ(燃料)」じゃぁ、シャレにもなんない!!!

価格操作。。。???
それより”気象操作”の方がピンとくるんだケド。。。

取りあえず、目先、ヨーロッパのクリスマス商戦は、コレで完全に冷え切ったワケだけど
天候だけではなく、1,000社以上の企業売り上げが”北極状態”だと悲鳴を上げてるワケで
そこで、クリスマスプレゼントをオンライン購入する人が急増したのはいいけれど
飛行機、電車、車、全ての足に影響が出て、プレゼントは途中の倉庫に保管状態との事。
せっかく”ネット”という文明の利器があっても、配達する車が動かない事には、意味ないですよ。。。
というお話で

で、結局この話しに繋がるワケだ!!!
Britain's electricity supply is 'clapped out', says David Cameron

ここで「世界が繋がる」
早い話が『グリーン・ニューディール』の提言という事で、「原発促進」も含めて”財政出動”促してるワケだけど

なんと、なんと、なんと 

これを更にもっと怪しく掘り下げるNewSがIPCCより流れてきました

次へ~
関連記事
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://vickywallst.blog15.fc2.com/tb.php/1289-779f90f4

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter