Loading…

もう一つの尖閣諸島事件

Posted by vickywallst on 14.2010 政治・社会   0 comments   0 trackback
12月10日、西崎義展氏(享年75)のお別れ会が、東京・青山葬儀所で行われ、歌手ささきいさお(68)ら約400人が参列という事で。。。
先月の記事↓

「宇宙戦艦ヤマト」原作者事故死にまつわる恐怖のジンクスとは?

「デビルマンの呪い」・・・出演者、スタッフの事故、監督の急死
「デスノートの呪い」・・・原作者の逮捕、撮影監督の急死
「宇宙戦艦ヤマトの呪い」・・・原作者の転落死
「クレヨンしんちゃんの呪い」・・・原作者の転落死

↑コレ、新聞の内容デスが。。。
新たな「都市伝説」のような内容だけど
基本的に、アニメにもパチンコにも関心がないのだけれど、「宇宙戦艦ヤマト」を知らない人は居ないでしょう。
アッ!!!デスノートの新機種(パチンコ台)は、出る、出ると言いつつ、まだ未定なのかな???
クレヨンしんちゃんは、”作者の反対”でCR化できなかった経緯があったようですが。。。。。
パチンコ利権や○会絡みの事がどうのこうのの話しでもなく
ついでのついでに、海老蔵さんの件も、関係のナイ世界なので
ドッチでもいいっちゃぁ、どっちでもいいんだケド。。。

なんだか押尾事件も含めてだけれども、”外堀を埋めにきてる”???という感じがしなくもなくで
「どうリンクしているんだろう???」
の部分が気になったりするワケで。。。
どこと???
ナントイウカ。。。
奥歯に毛玉がイッパイ挟まりそーな話しになりそーだけど。。。

それにしても、コレ。。。不思議な事件で。。。
最近「アニメ規制」なんてので、かなりガタガタ揉めてますけど
クレヨンしんちゃんの臼井さん事件といい、今回のヤマトの西崎さん事件といい
「不自然」すぎる所がイッパイで。。。

2008年10月06日:「クレヨンしんちゃん」原案の「BALLAD-名もなき恋のうた-」の製作発表。
2009年 4月23日:主演は”スマップ”の草なぎ剛君→ミッドタウンでの全裸騒ぎ!
(2009年 8月 2日:押尾事件)
2009年 9月 5日:映画公開。
2009年 9月11日:クレヨンしんちゃんの原作者 臼井儀人さん転落死。
監督は山崎貴氏

2009年10月 3日:「SPACE BATTLESHIP ヤマト」製作発表。
2010年11月25日:市川海老蔵事件。。。あっ!!!全然関係ナイかっ!!!映画の主演は、”スマップ”の木村拓哉君!
2010年11月 7日:『宇宙戦艦ヤマト』の原作者 西崎義展氏が船からの転落死。
2010年12月 1日:映画公開。
監督は、同じく 山崎貴氏

製作発表から1年後に謎の事故という事も
2年連続で山崎監督の映画作品の原作者が転落死という事も気になる所ではあるけれど
車椅子生活を余儀なくされた人が、75歳でダイビング???
真夏でもあるまいし。。。???
しかもスウェットスーツ着用で”沈む”???
「謎」だらけ。。。
「ヤマト」の製作者が「YAMATO」で命を落とすというのも皮肉だなぁと思いつつ
夢のあるアニメとは打って変わってのドロドロな世界な事だけは確かなようで
至る所で至る人達が絡んで裁判沙汰やら、刑事事件やら投獄に破産と複雑なので
ウィキペディア西崎義展でご確認下さいませ。

ここに書かれてない事で、パチンコ絡みの事は
・2004年6月:東北新社→4社を相手取って東京地方裁判所に提訴。
・4社→三共(パチンコ機製造販売会社),ビスティ(パチスロ機製造販売会社),インターナショナル・カード・システム(パチンコシミュレーションゲーム機製造販売会社),アニメーションソフト(旧ベンチャーソフト;大ヤマトの許諾元)
・内容:パチンコ機「CRフィーバー大ヤマト」パチスロ機「大ヤマトS」が宇宙戦艦ヤマトの著作権を侵害しているとして提訴。

・2004年11月:3社を別件で提訴。
・3社→三共とビスティ,フィールズ(パチスロ機の流通販売業者)
・内容:パチンコ機「CRフィーバー大ヤマト2」パチスロ機「大ヤマトA」が宇宙戦艦ヤマトの著作権を侵害しているとして提訴。
これらは、 2008年12月15日,「宇宙戦艦ヤマト」の著作権侵害訴訟において,パチンコ機メーカーの三共(SANKYO)など5社と和解したと発表され、5社の一部が東北新社に対して,2億5000万円の和解金を支払うことで決着したケドその後、何かとゴタゴタ。。。

また、西崎氏と松本零士氏との間で長らく続いた著作権問題ではあるけれど
松本零士氏も、槇原敬之との歌詞の「盗作」の件で揉めてたり、至る所、揉め事だらけだったような感じ。

それら一連の事は、社会記事の枠なのだケレド。。。
”覚醒剤”問題が”どこからどこまで”絡んだ事なのか?という事と
”銃刀法”の問題。
実は、事故のあったあの船にたんまり積み込まれてあったもの。
その船は、西崎氏が水産学校から買い取った船らしいのだけれど
1997年に、西村眞悟衆議院議員から石原都知事に「尖閣諸島に上陸したいが船がない」
そう持ちかけられ、石原現都知事が西崎氏にチャーターした船でもある。
この時、マスコミが騒ぎ立てたので、尖閣入りしたのは、西村衆議院議員と他数名で
石原都知事は、見送った事になるワケだけれど
その船の中に、なんちゃらランチャーだかの武器弾薬がたんまり積み込まれており
どういう「運」なのか、それを船から家に移した直後”銃刀法違反”で西崎氏が逮捕され
懲役5年6ヶ月が確定したというもの。
この時の裁判で西崎氏は「石原慎太郎の依頼を受け海外で購入した。」と証言。
そう言えば、都知事は、ヤマト復活編での著作権があるとか、ナイとか。。。
原案に絡んだのでしょうが。。。

「うなる程のお金の額」と「その権利」は、人をどんどん争いと破滅の道へ追い込む!
のだとすれば、残念なお話ではあるけれど、
きっと、そんな道を歩む人達はそれを「残念」とは思わないのだろうな。。。とふとよぎった。
「普通の真っ平らな道」を難なく歩む振り幅の小さな”平凡”で、
本当の所が何かもワカラナイまま閉じる人生をヨシ!!!としない先にある”豪傑”とか”豪快”
という事なのかもシレナイ。。。
その辺りの”ウマ”が石原都知事と合うのだと思いたいけれど。。。
西村眞悟衆議院議員も結構「熱い」イメージが強いだけに
「密輸」に関わる所の話しではなく、日本の領域だ!!!と名乗りをあげなきゃ誰がやる!!!
そんな意気込みだったのだと、思いたいのですケド。。。
最近の押尾事件から海老蔵事件までも含めて、やられたら、仕返し!!!かのごとくの
ドンパチ」騒ぎな印象を受けてしまうのは、考えスギ???

で、肝心の、クレヨンしんちゃん事件と、ヤマトの西崎氏事件、
本当の所、どうなんでしょう???
今回だけは、「事故」で通用しきれないものがあるでしょう!!!と思うのだけど、如何に???

関連記事
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://vickywallst.blog15.fc2.com/tb.php/1270-b4aadbae

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter