Loading…

手練手管

Posted by vickywallst on 16.2010 日記   0 comments   0 trackback
先週から、間髪開けず、ずーっと出っぱなしだったので
考える時間が全くなく。。。

大体、一般ピーポーに、この「尖閣諸島」の問題が実はナンであるのか、
ナンテ、わかるワケナイ!!!
チョット、お手上げ状態 ┓(;´_`)┏

なので、気分転換。

突然話し変わって
普段、絶対しない話し。。。
「恋愛論」

職場の同僚とも、基本的に、そういう話しは、一切しなかったし、
そういやぁ、一体何の話しをしてきたのか???振り返ると、
結局、24時間、仕事の事しか考えてなかったし、
そんな話ししかしてこなかったような気がする。

もうチョットね、オシャレな事、考えよう。。。

で、”つぶやき”の中から拾い上げた
「結局、いい人で終わるんだよね~」
突然、これをクローズアップさせたくなった!!!

「いい人」と「恋愛」の境界線に「ナニ」があるか???

「いい人で終わるんだよね~」って人は
ズバリ!!!「いい人」なんだ!!!間違いなく!!!きっと。。。

例えば、(例えが悪いかもシレナイけれど)
「教科書」もピンからキリまであるけれど
教科書というものを「目的を遂行させる為」に必要な要素が詰まってるもの
と考えれば、
漫画や雑誌やTVは、アウトローかもしれない。。。ネ!
「今、必要ないでしょ!!!」が世間一般の親の口癖ネ!!
で・・・どっちに誘惑されるか???
と言うと、「漫画の本読みた~い!!!」「TV見た~い!!!」
という事で
魅惑、誘惑、幻惑、錯覚な世界の方が人は幻に包まれ惑わされる。。。
という事で。。。

例えとして、極端ではあるけれども
「いい人」というのは、「正統」で「正道」だから
「読める」範囲、という事なのかもシレナイ。
「こうあるべき」な先に、この人はいるだろうな、、、って。
なので、「安全パイ」となって
「結婚」という目的を満たす材料として「旦那さんとして選ぶなら」ベター!!!
人間として、とても「いい人」である!!!

無意識に、先に「頭」がそう判断しちゃう!!!
のかも 

となると、その「ベター」は、「理屈」の世界に留まる可能性が出てきちゃう!!!
「頭」で判断して吟味する余裕や冷静さを、自ら与えているワケで。。。

コレ・・・結構、リスキー!!!

ナニがリスキーかって。。。。。
競争相手が「不特定多数」になってしまう事!!!
「要素を満たすベターな人」が、一体何人いる事やら???
それこそ、「星の数」程敵がいる!!!ワケで。。。

例えがもっと悪くなるけれど
この冬、セーターを購入しよう・・・・・目的
その為に、探す・・・・・要素を満たすベターなモノを吟味

女は、その辺りの妥協は、恐ろしい程しない!!!時間だって、惜しまない!!!
被せたビニールからセーターを剥ぎ取り、手に取って、頬でスリスリし、
伏せた値札を返しながら、ありとあらゆるお店を駆け巡る!!!

商売をする側にとって、ショッピングで一番コワイのは
「冷静さ」であって
「吟味」されたら、キレイにたたんでビニールに入れてたセーターですら
ペンペン草も生えない位な無残な姿で、ビニールから放り出されヨレッている。
いくらキレイに化粧して高く見せても、お客が去った後は、無残な残骸。
いとをかし・・・・・

不思議なモンで、ソコに魔法をかけてみる。。。。。
お金かけず、手間かけず、たった一言、赤い文字。
「バーゲンセール」
「タイムバーゲン」
「期間限定」

瞬時に「惑わす」魔法の文字。
その同じセーターを同じ値段でバーゲンワゴンに一緒に放り込んだダケなのに
「手当たり次第」持ってってくれる!!!
「事件」が起こると更にラッキー!!!
「衝動買い軍団」の出現!!!
一気に回りを巻き込んで熱くなってくれる!!!
”吟味もクソもヘッタクレ”もない世界。。。
「翻弄」の世界に突入
つまり「サクラ」が咲くのは、ナニも春ダケとは限らない!!!
パチンコ屋さんでは、よくあるパターンで
入口付近で、ドル箱山積みしてる人。。。
どれ程の人が、その光景に「夢を託した」事かは、知らないケレド。。。

ある意味「ショック・ドクトリン」ってそういう事なんだと思うけれど
「ショッキングな事件」であればあるほど、人を扇動しやすくなるワケで。。。
アクが強い程、また、食べたくなる。。。とか
お酒やタバコなんかもそうかもシレナイけれど
「頭」で吟味する事と、「翻弄」される事とは、明らかに違っている。
で。。。。。
「本能」に動かされる方が「衝動」に走る方が「甘い」事を知り
「スッキリする」んだ!!!がワカルとハマル!!!

このロジック、結構、大きい。

結婚と恋愛は、一緒であるべきだと、そう思っているけれど
例えば、男にとって「お金が無くなってからでも一緒にいてくれる人」
女にとって「オバサンになってもカワイイと思ってくれる人」
なんて、いいなと思うワケで
で。。。実際の現実はってぇと
男に甲斐性が無くなれば、ケンカが絶えない。。。とか
女が家でのぉのぉとしだすと旦那が浮気!!!。。。とか
山の様にあるお話しで。。。
だから「恋愛」ナンテほとんどが「若ハゲの至り」モトイ!!!「若気の至り」なんだ!!!と
見合い結婚したような親が子供にそう教育する。
「資本主義の貨幣制度は、色んなモノを劣化させる」内の、コレも、ヒトツ!!!
「お金の量」は、必然となって、人間の中身は、「次の問題」になりやすい。
「劣化」だよ!!!明らか!!!
いいか、悪いかは、別として。。。
で、数%位は、マジ恋愛して、お金があろうがなかろうが
「必要だから一緒にいるんだ」という枠の中にいたりなんかするけれど
だから「幸せか」というのとは別かもシレナイけど
デキレバ、そういう問題な方が、救われそうな気がしてしまう。
「甲斐性がナイから、イヤなんだ!!!」は、チョット。。。。。

で・・・話し逸れたケレドも
恋愛詐欺師なんてのは
”人を衝動に駆り立てていく技術”だと思うけれど
例えば「商談」でも、その技術があるのとナイのとでは、雲泥の差なワケで
いわゆる、「ヘビの尻尾と犬の尻尾」論。
ヘボ社員と有能社員の違いネ。。。
いわゆる「落とし込み」という作業に、表向き、自分が関わらないで、相手が先に自滅するワケだから
人を操る技術というのは、確かに「ある」ワケで。。。。。
それがあれば”どぶ板営業”しなくて済むワケで。。。
何を洗練させて、ドコにそのポイントを持って来るか、な話しになる。

「いい人」と「恋愛」との境界線には、「この人」という”アイデンティティ”
これが必要不可欠なんだと思うケレド。。。
「要素を満たす」不特定多数から突出するその”強烈なアイデンティティ”を
どう醸し出すか???
「理性」から「本能」へ、「吟味」から「衝動」へ変換させる事が必要なのかも?
その”チェンジ”の境目に「ドラマ」があって
その「ドラマ」は、=「レバレッジ」なんだと常々思う。
「レバレッジ=1」というのが「どぶ板営業」だとすれば
レバレッジを引き上げる作業というのは、結構面白いかもシレナイ。

「恋愛」ってアベレージじゃないんだし。。。
100%非の打ち所がナイ人に”流される”より
99%も許せなくて、嫌いなのに、残りの1%で引きずられる事って多いのかも?
これが「恋愛の世界」の摩訶不思議さで
きっと、どこかで衝動に走ってしまう事件があったのか
それとも代わりが見つけられない程の「この人ならでは」の衝撃があったのか???

そう言えば・・・
先週富津岬に行った時の事
ビーチから離れてしばらく行くと、なんだか「柵」がずーっと連なっていて
中にナニかあるのかな???と、妙に気になって
それで、ワザワザその柵沿いに辿ってみると
”タダの風よけ”だった!!!

「隠されると、見たくなる」のが人の心理というモンで
商談では、そんな技術を駆使して、如何に「頼み込んだり、一生懸命説明ばかり」から脱出できるか
そこが「ヘボ」と「優秀」を分ける境目なんだと思うケレド
人の動かし方、乗せ方
あるんですネ!!!
それは、恋愛に限らず、マスメディアを駆使して”乗せられている事”もあったりで
「知らない間にハマリ込んでた」とハマリ込んでから気づくのが
相手の手練手管というヤツデス!!!
色んな意味で、気をつけましょう!!!
関連記事
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://vickywallst.blog15.fc2.com/tb.php/1230-79af27ab

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter