Loading…

スポンサーサイト

Posted by vickywallst on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”火種”に包囲

Posted by vickywallst on 04.2010 政治・社会   1 comments   0 trackback
ウキウキする話しの続きとは思えない内容ではあるけれど
昨夜、書いてる途中、睡魔に襲われダウン
11月ヘタすると本当に戦争が始まってしまうかもシレナイと、
もぅ強迫観念じみてきたけれど
起こしたくて仕方がない!!!という人達がいるのだから、目が離せない。
どんどん、そのような状況へと”導かれて”いってるようで気味が悪い。
モトイ!!!”気分が悪い!!!”

「繰り返すな!!!」そう言われ続け、
それなりの「高い」教養と知識と社会的地位を持ってる人がゴマンといる中
止められなければ、お笑いだナ。。。
何の為の「教養」で「学者」で「政治家」なんだ!!!(協力してるってか
是非とも「阻止」して欲しい!!!(って他人事かよ

ケレド・・・デモは、「煽り」に利用されるので気を付けましょう。
さて、「テロ」ネタ、
ドン


ドイツとイタリアで首相あてに小包爆弾、ギリシャから届く
ドイツとイタリアの首相にあてた小包から2日、相次いで爆発物が見つかった。
小包はギリシャから貨物便で届いた。
ギリシャではここ数日、爆破未遂事件が相次いでおり、首都アテネの空港では2日、爆発物の入った小包がさらに2個見つかっている。
イタリアでは、ギリシャ発ベルギー行きの飛行機から、ベルルスコーニ首相あての小包から爆発物が見つかり、爆破処理の過程で炎上した。
爆発物の発見が相次いだことを受けてギリシャ公安省は、同国から他国あての貨物輸送を48時間の間全面停止すると発表。


この間から「テロ、テロ、テロ、テロ」そんな事ばかりアップしてるので
いい加減、イヤになってきた 究極の「ヤラセ」

今日、時間があれば頑張るけれど、頑張れなかったら明日アップ。
とくと見て頂きたい「カードゲーム」がある!!!
どーだ!!!クリスマスゲームに!!!
やっと見つけた!!!随分昔に「販売」してたけれど、今でもやってるのか???

で。。。
日本は、ドンドン追い詰められていってる。。。
ドン


北方領土は安保条約対象外=米
【ワシントン時事】クローリー米国務次官補(広報担当)は2日の記者会見で、北方領土問題をめぐる日本の主張を支持する立場を繰り返す一方、日米安全保障条約の適用対象とはならないとの見解を示した。
 同次官補は、「米政府は日本を支持し、北方領土に対する日本の主権を認めている」と指摘。その上で、「(北方領土が)現在は日本の施政下にないことから、条約は適用されない」と説明した。 
 日米安保条約第5条は、米国の対日防衛義務を定めており、日本の施政下にある領域に適用される。尖閣諸島問題で、米政府は同諸島が日本の施政下にあるとして、条約適用対象と明言しているが、北方領土はこれに当てはまらないことを改めて確認した形だ。(2010/11/03-06:29)


コレ・・・報道の「解釈」って合ってるのかなぁ???
2回に渡っての会見があったワケで、確かに、2回目は、「条約は適用されない」旨発言はあったけれど
それをそのまま、「関与しない」と言ったワケではないような気がするのだけど
この記事をストレートに読めば、なんだかアメリカは、北方領土問題は、ソッポ向いてる
としか受け取れない。
実際の会見では、少しニュアンスが違ってる気は、する。
少しずつ「解釈のズレ」が「亀裂」になって行くのは、コワイ。
「日本もソロソロ自立して核でももたないと。。。」の煽りかね?

で・・・尖閣諸島だけでなく
ドンッ
中ロと摩擦、菅内閣苦境=韓国メディアが、「日本挟撃」と韓国メディア
「菅内閣は中国と尖閣問題で深刻な摩擦が起きている中、ロシアとの領土問題まで重なり、苦境に立たされている」
と報じられる中、それに呼応するように
ロシアのウラジオストク紙では、
現在の韓日間独島紛争がロシアと日本の南千島列島領有権争いと似ているとし、
ロシアは韓国と領土紛争において共に呼吸を合わせることができると強調。
更には、1904年の日露戦争期間、日本人たちが独島の戦略的価値に関心を傾け始めて韓国の全ての領土と島を自分たちの所有にしたと日本と絡み付いた独島の歴史を説明。
韓国でも、独島と千島列島において
「日本と領土紛争をしている韓国とロシアが力を合わせて日本に共同対応することができるはずだ」
という主張が提起され。。。

取りあえず、”火種”に包囲される状況下。

さて、何度も書いてきたブレジンスキーの計画書の復習デス!
・米国は、北朝鮮暴走を容認、放置する事で北朝鮮からウランを入手。
・北朝鮮は、韓国と対立の政策を続行し、米国は、中国と協力しながら北朝鮮を支援。
・各国の対立に米国は「常に譲歩と失敗を繰り返し、米国の信頼を失うよう仕向ける。」
・露・中・米の軍事力データーでは、露・中の方が圧倒的に有利とするデーターにする。
等々。。。。。
術にハマッテはイケマセン!!!!!
アメリカは、頼りないから、日本も武装なんて空気にならぬよう祈るばかり。。。。。

で、もヒトツ気になるのが
ハンガリーで、アルミニウムの精製工場から有毒な化学物質を含んだ大量の汚泥が流れ出した事故が10月初めに発生してた。
この汚泥がヨーロッパ中部の国々を流れるドナウ川に到達。

コレ・・・チョットヒッカカルぅ~
だって、”アルミニウム”の工場だから・・・匂う。。。
この事故の被害は、結構悲惨で
汚泥に触れた120人余りが、やけど!!!
現場から70キロ先で合流するドナウ川の本流でも、アルカリの度合いが、通常よりも高くなり
ドナウ川の流域にあるルーマニア等、川の水を飲料水として使っている地域に深刻な問題。

上からは「ケムトレイル」、下からは「カドミウム」
ヤレヤレ┐(*´~`*)┌

目先、中国の尖閣諸島問題は、具体的に中国が動き出しているという事で急を要する。
事業仕分けどころではないはず。

習近平が政権継承者だと知らしめた理由は、胡錦涛体制時の日中の協調関係は「終わり」なのだ
という事で、習政権となって、「尖閣・沖縄奪還宣言」した事は、宣戦布告だと
その認識があるのか、ないのか「協調し、話し合いで・・・」
甘いような気がする。

関連記事
スポンサーサイト

このコメントは管理者の承認待ちです
2010.11.04 17:25 | | # [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://vickywallst.blog15.fc2.com/tb.php/1200-887d0e78

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。