Loading…

スポンサーサイト

Posted by vickywallst on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by vickywallst on 10.2010 未分類   1 comments   0 trackback
キャンプ中の為、気になるNEWSのみMEMO!


中国海軍の艦艇が東シナ海のガス田付近に展開していることか8日分かったと、9日付産経新聞が報じた。複数の日本政府高官の話として伝えた。尖閣諸島沖の漁船衝突後に現地で中国軍艦艇の活動が確認されたのは初めてとしている。
 産経によると海上自衛隊は護衛艦を周辺海域に派遣、米海軍も音響測定鑑を投入し、日米で連携して中国海軍の動向を監視している。同紙は、中国海軍が現場海域から離脱するか不透明で、ガス田付近で日米と中国の艦艇がけん制し合う構図が常態化する懸念もあると伝えている。【ブルームバーグ 10:22】




  10月8日(ブルームバーグ):資産家ジョージ・ソロス氏は、「通貨戦争」への懸念を自分も抱いているとし、中国は国際金融システムにおける責任を自覚し一段の措置を取る必要があるとの見解を示した。
  ソロス氏は英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)への寄稿で「通貨の不均衡をめぐって高まりつつある懸念をわたしも共有している」とし、「ブラジル財務相が潜伏期の通貨戦争に言及したが、発言は的外れではないと思う。外為市場はさまざまな経済政策と異なる経済・政治システムがかかわりあい衝突する場だからだ」と書いている。
  また、「意識しているかどうかにかかわらず、中国は世界のリーダーの一国になった」として、中国が「リーダーとしての責任を果たさなければ、外国為替システム崩壊の恐れが生じ、世界経済もともに崩壊するだろう」としている。
  一方で、対中制裁法案可決などの米国の行動については、単独の行動は逆効果を生む可能性があるとして、「為替相場の調整は、世界の不均衡を是正する国際協調に基づく計画の一環でなければならない」と論じた。

関連記事
スポンサーサイト

このコメントは管理者の承認待ちです
2010.10.10 19:41 | | # [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://vickywallst.blog15.fc2.com/tb.php/1156-ca17071d

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。