FC2ブログ
Loading…

次期「トロイの木馬」ならぬ「磁気トロイの木馬」

Posted by vickywallst on 31.2010 政治・社会   0 comments   0 trackback
初めて「温度計」なるものを買い、外に出して温度を測ってみると・・・
なんと!!!
簡単にスルスル35℃を超えていった。
えぇ~!!!
なんて見ていると、38℃も簡単にスルスル超えていき
その「上昇速度」の速さにビックリしていると
なんと!!!42℃超え!!!
思わずiPhoneカシャリ!
温度計1

iPhoneでメール送信している間に、再度、見てみると
えっ!!!46℃!!!
ウソでしょ。。。。。
温度計2

またまたiPhoneカシャリ!やってると
よっ・・・48・・・℃・・・
温度計3

なっ・・・なっんじゃぁぁぁ~こりゃぁ~
とふと目を離しているスキに

ななな・・・ナント!!!ごっ50℃超え!!!
計測不能!!!
温度計4

だ~めだぁ~こりゃ~!!!
完全に壊れてるんだ・・・と思いつつ・・・
けれど、半端なく「暑い」、イヤッ「熱い」

これが、あのNASAが発表してたような事だとすると・・・

太陽観測衛星がとらえた太陽フレア、NASA



8月1日に発生した「太陽フレア」の影響で、3日には欧州から北米にかけてオーロラが観測された。
これは、フレアによる太陽風が地球に向かい、荷電粒子が地球の磁場に作用して12時間に及ぶ磁気嵐が発生。
磁場に沿って荷電粒子が移動する際に酸素や窒素がイオン化され、その後大気が元の状態に戻る際に発光して
オーロラが出現した。。。という事ではあるけれど
この「太陽風」から地球を守る「電磁層」が破壊され、モロ地球に降り注ぐ事になりそうなのだとか。
そうなると,あらゆる電気系統が麻痺する可能性があるという。

例えば、今年6月にイラクの「発電施設で問題が起きたため」停電となり、
50℃を超える中で怒り爆発した市民がデモを起こすという事件があった。
気温50度で停電に怒り イラク、抗議デモで死者">気温50度で停電に怒り イラク、抗議デモで死者
50度超え

「発電施設で問題が起きたため」
どんな問題が起きたのかは、明らかにされていない。

電磁波とは、こういった所に影響を起こすのである。

ここが次の「トロイの木馬」になり得るのではないか・・・

そう思ったりする。

確か、2000年前後くらいに、アメリカだったか・・・
チャフ弾の実験をしていた・・・

米国防省スポークスマンは
「炭素繊維を、ユーゴ上空で大量に散布して、ユーゴの発電・送電施設の回線をショートさせ、
国土の大半におよぶ大規模な停電を引き起こした」と発表した。
これは、もしかすると「HAARP」かもしれない。

この「太陽フレアが発生する時期」に照準を合わせれば
チャフ弾、もしくは、「HAARP」を用いて、大停電を起こす事も、システムを止める事も可能となる。
それより、もっと危惧されるのは、
「米軍の偵察衛星の情報が狂った結果」正確に”誤爆”する事さえ可能になる。

一番先にキケンだと思えるのは、中東よりも台湾かもシレナイ・・・
と秘かに思ったりする。

後・・・
ケムトレイルが、アスベスト、バリウム塩、アルミニウム、放射性トリウムなどを含む有毒金属を散布するものだとすれば、大気を”高電荷の導電性プラズマにする事”も可能ではないか・・・
という事も、この「太陽フレア」説は、色んな方面で「利用価値」があるのかナと・・・・・



関連記事
スポンサーサイト




  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://vickywallst.blog15.fc2.com/tb.php/1099-177ff473

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter