Loading…

スポンサーサイト

Posted by vickywallst on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東芝

Posted by vickywallst on 01.2017 政治・社会   0 comments   0 trackback
下書きのまま放置だった写真を取り合えず片付けたので、しばし”リアル”に戻ル。
なんせ、
暑い
昨日は、初めてチャリンコに乗りながら悲鳴をあげた‼

2005年に東芝がWHを買収というNEWSを見た時
なぜか、直観でヤヴァイ!!!と思って
ヤヴァくね?ヤヴァくね?ヤヴァくね?と、騒ぎまくっていたケド、誰にも相手にされず、
1人、ダダ浮き状態で騒いでいた。

その後、何年経っても、やっぱり嫌な予感がずーっとずーっとまとわりついて気持ち悪かったので
このブログでも、何度も何かしら呟いてきた。
ゼッテーヤヴァイ!!!ゼッテーおかしい!!!ババ抜きダ!!ババ抜きダ!!!
その程度なんだけども、
2017年現在、あの東芝は、かつての東芝ではなくなり
ハガネのようなあの威厳は、グタグタに剝がされてしまっている。

見てて、辛いし、痛い。

あのいやぁ~な予感
あぁ、あ~ゆう”感覚”は、絶対スルーしちゃいけないのね。。。と、
引っ掛かりポイントが鮮明になったところが、自分にとってプラスになったけれど
日本にとっては、えっらい損失で
なんでこんな事になる???と残念で仕方がないし、他人事なんだけれども、悔やまれる、かなり・・・・・

福島の原発事故で”浮き出てきた”東電の勝俣家。
元々の東芝のWH買収にえっらく関わっていて、
いやぁ、もぅ何と言えばいいのか、関わった所全滅とぃうのか、何というのか・・・・

実際の所、本当は、誰が持ち掛けてきた話なんだろぅ???がとても気になる所なんだけども
お酒の席で気があって、という事なのか、もっと”仕掛け的な事”があったのかわからないけど
なんせ、東電社長が、勝俣恒久氏(兄)で、丸紅社長が、勝俣宣夫氏(弟)だった頃のお話で
三菱重工と競り合ってた東芝は、パートナーの丸紅とタッグを組んで「値」を釣り上げて
三菱重工を蹴散らしてのWH買収劇だったワケだけど
あろぅ事か、2006年丸紅が突然その買収を”辞ぁ~めた!”と降りて、ダイエーの買収に向かっちゃって
当時の東芝の社長だった西田さんと原発担当の佐々木さんが逆切れ&大慌てで
丸紅の穴埋めにショー・グループを引っ張り込んで出資させたって流れなワケだけど
本当に、この”2005年”コレさえなければ、東芝は、東芝であり続けられたと思うだけに
無念で仕方ない。

東芝、東電、揺らぎもしない一流企業が、数人の一瞬の判断でここまでなる。
教訓というには、チョット重過ぎる。

自分が書いたものが見つけられないってどぅよ!!!だけど、・・・
↓何度も何度も書いた記憶はあるなぁ

中川昭一さんの失態→自民党敗北 = 東電の失態→??? 同じ匂いがする。
May 17.2011
東芝が米ウェスティングハウスを買収した時に、
”そういう風に仕向けられた罠にハメラレテル???”
と、ふと思った事があり、いずれ”シマッタ”なんて事になりそうな予感を持ったのだけれど

放射能被害隠す国とマスコミー武田邦彦中部大学教授の発言
March 25.2011
以前、原子力ルネッサンスという事で、東芝が米ウェスティングハウスを買収し、日立は、米GEと原子力部門を統合、三菱重工業が仏アレバへ出資した事などについて触れた時、
日本の基幹産業をアル=ゴアの原発利権というエサで引き寄せて、これで原発事故など起ころうものなら
スポンサーサイト
  

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。