Loading…

Michael Jackson's

Posted by vickywallst on 29.2010 音楽   2 comments   0 trackback
相撲界がとんでもない事になっているけれど・・・
前々から”握り潰されてきた事”がどこかの誰かの力が弱くなってる事で
”握り潰せなくなった”だけなのではないか・・・と
秘かに思っている。

一般ピーポーは、事件を起こせば”もみ消す”事など不可能に近いのだけど
”そうではない人達”がいる現実をどう考えていいのか・・・
ヤレヤレ。。。

マイケルの一周忌。
マイケルが居なくなってファンになった人がこんなに沢山いた事は
ある意味良かったのか、どうなのか・・・
幼児虐待なんてレッテルまで貼られて
複雑な心境。
だって。。。
ナニも解決してない気がする。
でも
何事もなかったかのように”オークション”まで。。。

死因はナニ???
どうして素通りなのか。。。
世の中のあの騒ぎがヤルセン。。。

マイケルのツアーでは、「LOVE」がテーマになっている事が多くて
私生活でも、ゴリラから子供まで
「分け隔て無く無償のLOVE」だったマイケルのミュンヘン・ツアーでのヒトコマ。
「小さな虫だ!」
足下を見てそうつぶやくマイケル。。。
「踏みつけるのはイヤだからね。。。」
そう言ってスタッフに取ってもらうパフォーマンス。
Loveです
マイケル4

マイケルを偲んで・・・懐かしい映像を。。。
踊りの練習はいかが???



スポンサーサイト

いすみ 泉の森 ネイチャー・フィールド キャンプ場 -Ⅲ「キャンプ場を応援する」

Posted by vickywallst on 29.2010 キャンパー   0 comments   0 trackback
キャンプに夢中になっている間にど忘れしてしまっていた「リゾート・イン・白浜」

部屋からそのまま水着姿で浜辺に出れるという開放感
リゾート イン 白浜1

ワンコに優しい環境
リゾート イン 白浜2

全ては、まだ「イメージ」でしかないけれど
開放感イッパイの雰囲気に「夏はソコ」と決めていたけれど
昨日、突然思い出し予約状況をみてみると
すでにイッパイ!!!
7月1日だけ空いてたけれど、平日・・・

キャンプにはない魅力というのがあるので、コレは、コレで捨てがたい。
。。。頭の中「遊ぶ事ダラケ」。。。???

「よく遊び!!!よく学べ!!!」
なんでも一生懸命、夢中になれるのが、いい!!!
そのスタンスは、維持したい。

中途半端に真ん中でサワサワしてるのが絶えきれないダケなんだけど
目標が無ければ、座標が判らなくなるし、
ナァナァな生活もナァナァな仕事も”嫌悪感”
なのでオバカな目標でも”ナイ”よりマシか。。。という事で。。。
後10年位でせめて日本は制覇したい!!!
取りあえず、目先、関東圏のキャンプ場を制覇しよー!!!
という事で。。。

海外。。。かぁ。。。
まだ、そこまでグローバルチックにはなれない。。。
気軽にワンコを抱えてポンと飛行機に乗って。。。フラ~と遊んで帰ってくる。。。
頭の中には「3日」のリミットがクローズアップされる。。。
3日でナニが出来るのか。。。を考えるとどうしても腰が引けてしまう。。。
せめて「1週間」。。。が頭に浮かぶ。

そうなると日本の「お盆、お正月、GW」のシステムの呪縛が待っている。
日本の「お盆、お正月、GW」このシステムを改めれば
かなり世の中変わるかもしれない。。。
コイツのせいで”バカらしい”値段を見て激冷めする。。。
期間限定セールやファミリーセールには”這ってでも行くのに
この「お盆、お正月、GW」期間の旅行は
期間限定バカ高商品、通常の3倍料金でいかが?
と、ニッコリ微笑みかけている。
コレの意味がワカラン!!!
チョット、ズラして、8月3日辺りのスタートだったか。。。
家族3人ハワイ10日間で払込が計86万円。
旅行先で使う分を合わせるとなんだかんだで100万円以上吹っ飛んだ!!!
もっとへんぴな時期であれば「半額以下」で済むハズで。。。
翌年には、思わずもう少し時期をズラしたけれど、
学校を休ませるワケにはいかない!!!
この泣き所をよく掴んでおられる。
悲しいかな、時期を少しだけズラし、夕食を付けずにファミレスですませ
お昼はABCマートのおにぎりでいいや!!!と
そこが限界。
それでもその時期は、高いのである!!!
ジョーダンじゃない!!!

。。。って事は。。。だよ。。。
「お盆、お正月、GW休暇、自由設定」
これだけで人材確保出来そうで、お金をかけずに「募集」が出来そうジャンね。。。
なんでネコも杓子も”右に習え”してるんだろう???
「お金をかけずに○○をする。。。」を考える。。。
ある意味、これもれっきとした「社内隙間産業」だよ。

But。。。!!!
必需品ではないけれど”妙にお金がかかる!”所には「本音」は隠しきれない。
常に言ってる「NYに行かなきゃ!!!」
本当に常に言ってるけれど
この10年間でも、8回計66日の海外旅行のほとんどが、オバカのヒトツ覚えでハワイばっか
他には、グアムにバリ。。。
夏が好きなのか。。。???
「思考は現実化する!」の最たる答え!!!
特に海外旅行は”一番望んでる事”の「優先順位」がクリアになるような気がする。
NYの文字はドコにもでてこない。
イザ、となれば「ハワイ」イザ、じゃなくても「ハワイ」
取りあえず「ハワイ」
理由は不明。
「貴重なこの休暇を使って行くなら。。。」
「これだけの金額をかけるなら。。。」

NYよりハワイが重たいMY天秤。
「行きたい」けれど「後回し」にできるNY!!!
これが「本音の正体!!!」ぞ!!!
「後回しに出来るもの」とは、こーゆー事で、「いつか。。。」で妥協しきれる!という事!
妥協できる!という事は、「代用品」でもOK!という事で「絶対」ではない!!!
その道理がよーくわかるから、
「不倫」はナンセンスだと思っている最大の理由。
「いつか」をダシに「後回しにされる」のはゴメン!!!だし
その考え方の構造そのものが。。。どーも。。。理解デキン。。。
どんなオチやネン。。。

キャンプに全く関係ないけど
今回は、そんなこんなを考えながら。。。

今年の2月くらいだったか・・・
キャンプを始めるキッカケとなったあるホテルオーナーとの怒り心頭事件!!!
「2度とここは予約しない!!!」
そう思った事からキャンプに向かっていった。

人となり・・・

というのは重要で
”二度と行かない”と決意させる所もあれば
「リゾート・イン・白浜」のように、まだ行ってもないのに
電話応対だけでファンになってしまったり
今回のキャンプ場のように
”なんとかして応援できないか”と考えたり
やっぱりそれは「その人となり・・・」
という事なんだろうと、改めて思った。

今回のキャンプ場は、管理人さんが神奈川からわざわざ来るそうで
まず、あの敷地内の草刈りから始めなきゃならない。
ガソリン代やなんやかやを考えると、
1組みだけの為にわざわざ予約を受け付けていると、とてもじゃないけどペイできない。
でも、快く応対して頂いた。
どこぞのホテルとは雲泥の差!!!

色々お話を伺うと
元々建築関連のお仕事をしながらキャンプが大好きで山を買ったとの事。
自力で山を切り開き、整地をし、自力で水回りから電気関係までやったと言う。
後は「センス」なんだろうなぁ。
管理人さんのワイルドなキャンパーには、
女心をクスグルようなアプローチなり、敷地作りというのが
もしかすると”苦手分野”かもしれない。
ここは、「自然そのもの」のキャンプ場。
もし、自分がゴールドマン・サックスで、この山を買ったとすれば
どんなキャンプ場を作り、どうやって人を呼び込むか。。。
相方とテントの中でそんな話をしながら
必死で「お土産」になりそうなアイデアを考えた。
色々出て来たけれど
「お金をかけずに。。。」を頭につけるとすぐに行き詰まってしまった。
時間をかけて考えて、今回のお礼にいつかアイデアのお届けできればいいなぁ。。。と。。。
心で応対してくれた事は、心で返す!!!
目には目を!!歯には歯を!!!
ハンムラビ女か
でも、応援したいので、考えてみます。ちゃんと。。。

さて・・・
キャンプの夜は初雨でした。
真夜中、流されやしないかと不安になったけれど
いい経験でした。
ワンワンが走り回れないので可哀想だけれど、雨、台風なんでもOK!!!
ただ!!!
帰ってからテントを洗って干したりが大変!!!
それを考えるとコリゴリな気分ではあるけれど
現地は全然雨でも楽しい!!!スーパーワイルドキャッツな気分!で

さて。翌朝のモーニング 
パンが・・・パンが・・・潰れてる・・・原型とどめないものもアリ。
朝食

 ワンワン・モーニング
朝食ワンワン

今回、キャンプ場では、BBQをしなかった。
”炙りはらす””炙りイカ””炙りエビ”・・・
ここいらに未練が残り”自宅BBQ”をやる事に
自宅BBQ

やっぱり、煙がモクモクで、落ち着いて食べる状況でもない。
やーっぱ、外で食べないと美味しくナイ!!!

って事で
次。。。どこに行こうっかなぁ~。。。


いすみ 泉の森 ネイチャー・フィールド キャンプ場 -Ⅱ「食」

Posted by vickywallst on 28.2010 キャンパー   0 comments   0 trackback
ずーっと迷いに迷っていたダッチオーブン鍋。
まず、メーカーで迷い
最終的には「Lodeg」  「Snow Peak」の戦いとなり
「Lodeg」が勝利
その次は、どの型にするのか。。。でほぼ2ヶ月近く迷い
家でも使いたい、となると、”キッチンオーヴン”か”スキレット”か
”コンボクッカー”か。。。
でも、でも、でも、、、
時間がかかった理由のもうヒトツの理由が「シーズニング」
コレにはチョット腰が引けてしまう。。。
相当悩んだ末、セオリー通りの”キャンプオーヴン”の型で10インチ Deepを選択。
コレにもまた、色々種類があるのかないのか
とにかく、もぅ”エイッ!!!”という感じで買い物かごに放り込んだ。
「ロッジロジック、キャンプオーヴン、10インチ Deep」
これで”迷う”呪縛から解放された。。。
と。。。
あろうことか。。。このロッジ・ロジックのダッチオーブンを「シーズニング」し始めた。
”シーズニング”が面倒で時間がかかったというのに。。。

なんと!!!なんと!!!なんと!!!
ロッジのロジックシリーズは、シーズニング済みである!!!
おっかしぃなぁ。。。と思った。
焚いても白い煙も上がらないし、ヘンな匂いもしないし
なにより、「黒い」よ始めから
まぁ。。。こぅやってヒトツヒトツ覚えていくのね。。。きっと。。。

さて、約1時間のお昼寝タイムが終わって、ゆっくり夕食の準備。
今回は「パエリア」
とにかくキャンプの楽しみは「食する」という事で
開放的な空間で本格炭火料理が出来る!!!事が醍醐味!!!
他にすることがなければ、なおさら、料理に集中出来る!!!
貴重な時間!!!!

適当に材料を集め、適当に調理!
イカと鶏肉をテキトーに切って、白ワインに浸ける。
パエリア1

アサリの砂出しをする。
パエリア2

海老は殻をつけたまま背わただけ取る。(次回から殻も取っちゃう。食べる時面倒だから!)
パエリア3

ピーマンやパプリカ、レモンはスライス。
パエリア4

ト~メィトもスライス。
パエリア5

タマネギとニンニクはみじん切り。
パエリア6

お鍋を温めて、オリーブオイルでニンニクを炒める。
パエリア7

そこに、ワインに浸けたイカと鶏肉を入れ、炒め終わったら、一旦撤収!!!
パエリア8

タマネギを炒める。
パエリア9

そこに「お米」を入れ炒める。
パエリア10

お米が透明になって来たら、全ての材料を水と共に放りこんで、
コンソメ、サフラン、塩こしょう等々入れフタをする。
弱火かなぁ。。。って事で炭も少なめにしたけれど
よくワカラナイ。テキトー。。。全部テキトー!!!
パエリア11

テキトーにやっても、ごらんの通り!!!ムチャ美味しそう!!!
パエリア12

なんでオマエが座ってるねん!!!
チョーット。。。塩加減が足らなかった感じはするけれど
材料のダシがご飯に染み込んで美味しかったデス!!!
パエリア13



いすみ 泉の森 ネイチャー・フィールド キャンプ場 -Ⅰ

Posted by vickywallst on 28.2010 キャンパー   0 comments   0 trackback
2010/06/26 SAT
晴れたらいいな。。。を期待して。。。
千葉県いすみ市にある 泉の森 ネイチャー・フィールド キャンプ場に行ってきた。

いすみ 泉の森 ネイチャー・フィールド キャンプ場
千葉県いすみ市岬町嘉谷952-2
046-244-6281
予約TEL:090-1056-6086
地図1

もぅ、近所のスーパーに行くような感じで”キャンプに行こう!”という感覚になってきた。
いつものごとく”館山自動車道を南下”
今回は、市原S・Aの手前で降りるという事で、ドッグランはナシ。。。
かわりに、”あずの里”という道の駅に立ち寄った。
新鮮野菜がイッパイで嬉しい限り!!!
お米も精米ができるので、精米仕立てのお米が手に入る!!!
あずの里 道の駅

”立ち寄る”
やっぱり”平面”より、”3D”がいいように
実際に行って、目で確認する方が、より”飛び出す地図”になっていい。
何より、地図には載ってないモノを発見出来たり、意外な発見があったりシテ得した気分

道の駅の真横に”階段”があり、昇ってみると。。。
道の駅

BBQ広場!!!広い!!!
でも「ワンワンはダメ」かもしれない。。。?
道の駅BQ広場

館山自動車道を降りてからは、約40kmなのに”1時間半”のナビ表示!
なんで・・・???
不思議な気分だったけれど。。。
どの車も結構”トロトロ運転”
そりゃぁかかるわ。。。

キャンプ場までちょっとわかりにくい道かも。。。
県道154号線(夷隅長者線)に入って”音羽の森公園”を目指して行くと。。。
泉の森地図1

トンネルが見える。。。
道順1

トンネルを抜けてまっすぐ。。。
道順2

右手に黄色い看板が見えてくる。。。
道順3

ここを曲がれば。。。
道順4

この奥はプライベートキャンプ場!
道順5


HPには、”砂地と草地で15区画収容”と記載されていたけれど。。。???
ここに15個のテントが張られると、かなりギューギューかも。。。
泉の森6

この砂地には、時折、朝方「キョン」の足跡がついてるそう。。。
「キョン」と言えば。。。
「八丈島のキョンッ!!!!」
キョンガキデカ


知らない・・・???ガキデカ・・・???

ガキデカで有名になった八丈島にしかいないと思ってた”キョン”が
夜な夜なここを走り回っているそーで・・・???
でも、まだ姿を見かけた事はないそうですが・・・
ここにキョンがいるんです!!!
泉の森5

手作りのバンガロー!
このお隣に手作りの温泉があり、お風呂にシャワーが3つ設置されている。
とにかく入ると”スベスベ”の”ほかほか”になる。
泉の森3

この地域のお水は”鉱泉”。
井戸水は、飲めるけれど、鉄分が多いという事で、
わざわざイオン分解したお水をタンクに入れて運んで来てくれている。
けれど。。。
食器を洗った後の手は、スベスベ!
イオウの香りが辺りに漂って、温泉に来た気分。
泉の森2

は水洗ではないけれど、お掃除はキチンと行き届いている。
泉の森4

テントを設置して、昼食。
なんと!!!カップヌードルとサンドイッチ!!!
100626_1341_0001.jpg

雨を覚悟して出て来たけれど
若干地面がぬかるんでいたので、車は泥だらけ!!!
神経質な人は、キャンプに向かないんだろーなぁ。。。なんて考え乍ら
しばし恒例のお昼寝タイム。
泉の森1

まず、ビックリするのが”ウシガエル”の大合唱!!!
それに、”カラス”がヤケクソ鳴きしていた。
ナニ怒ってんの???な位ガァガァ鳴いて、泣き疲れてどこかに飛んで行った。
あと、色んな鳥の鳴き声に、時折、”ナニ???”というような獣らしきうなり声。
キョンかもしれない。。。
特に、テントの中で眠っていると、色んな鳴き声に”エコー”がかかるので
か・な・り・神秘的な響きに変わり、それが一層ジャングルの中にいるような気分にさせる。
特に今回、1組みだけしかいなかったので、完全プライベートキャンプとして利用させて頂いただけに
本当にジャングルの中にいる様な気分だった。
”ネイチャー・フィールド”のお名前の由縁かも。

できる限り”自然に近い所”という事で選択するようにしていたけれど
ここは、ほとんど”自然なまま”
3~4世帯で来ると、まとも完全占領できて、プライベート確保できそうかなと。。。
”マーケッター”として、このキャンプ場の展開は???
を色々考えていると完全に寝入ってしまった。

。。。眠ると。。。完全にジャングルの真っ只中だった。。。






ユーラシア大陸ー③ スタン国のエネルギー覇権

Posted by vickywallst on 23.2010 ユーラシア大陸   0 comments   0 trackback
>続き・・・

ウイグル暴動とキルギス暴動
※両方が上海協力機構(SCO)の首脳会議の後に起こっている事
上海協力機構首脳会議
・2009年6月16日:ロシアのエカテリンブルクで開催6月26日に広東省玩具工場の襲撃事件
・2010年6月11日:ウズベキスタンの首都タシケントで開催6月11日にキルギスでの大暴動

※暴動の発端が人為的だった事
・6月26日に広東省玩具工場の襲撃事件犯人もわからない”デマ”から発生
・6月11日にキルギスでの大暴動訓練された武装集団の暴動から発生

※背景で動く米国情報部との繋がりと資金の流れ
中国が「ウイグル会議の扇動」と言った背景には、ココを意識の事か・・・?
・世界中の中国大使館前で抗議を呼びかけているのは、ワシントンD.C.の世界ウイグル会 議(WUC)である事。
・ラビア・カーディルが人権団体やアメリカの尽力で2005年3月に釈放され、ワシントンD.C.に本拠を
 置くウイグル・アメリカ協会の会長となってる事。
・世界ウイグル会議は、NEDから「人権調査と擁護プロジェクト」用に毎年 215,000ドルを受け取っている。
・ウイグル人権団体組織も、NEDを通じて 米国政府からかなりの資金を受け取っている。
・ウイグル会議の創設に関わっているエルキン・アルプテキンは、UNPOの創設者でもあり
 米情報局との関わりが深い事。
UNPO:(Unrepresented Nations and Peoples Organization)代表なき国家民族機構
1991年2月11日にオランダのハーグで設立=本部。創立メンバーには、まだユーゴスラヴィアの一部だったコソボやオーストラリア先住民、北部カナダの先住民やチベットなどもいる。
UNPOには世界中の1億5000万人を代表する60人のメンバーがおり、その範囲は、チェチェン・イチケリア共和国、アンゴラ、コンゴ民主共和国、イラン北部の南アゼルバイジャン、イラン・クルディスタンまで広がりビルマ民主化運動等も含まれる。
・2008年4月、NEDは、世界ウイグル会議のために「幹部訓練」セミナーをUNPOと共に後援し、ドイツのベルリンで「国際法の下での民族自決」について話し合った。

注)資金提供や支援が無ければ、生きていく事や、人権を確保する事すらできない事実がある事は、否定できない。

※” この地域”その理由

※エネルギー覇権
・カザフスタンには、膨大な石油と天然ガスの埋蔵量がある。
・パイプラインは、中国石油天然気集団(CNPC)とカザフスタンのカズトランスオイルの合弁事業。
・中国の最も重要な石油とガスのパイプライン・ルートのうちのいくつかは、直接、新彊を通る。
・中国にとっての”カザフスタンとのパイプライン”は、”石油供給源の依存先”の確保が出来
 米国との交渉が有利になる。
・ロシアから中国に至る「ユーラシアの結合」は米国にとって最も恐れる結合ではないか。

「分割して統治せよ」
ローマ帝国が蛮族を統治する際に用いた方法。
相手を分裂させ相互に対立するように仕向け弱体化させると、支配が容易になる。


ウイグル暴動、キルギス暴動、
共に戦略的なクーデター
それ以外に考えようがない気がする。

考えると・・・悲しい・・・
矛盾だらけで、
でも必死だ。。。

盾と矛の矛盾話と同じで、考えれば考える程、行きつく所が無くなってしまう。
理由は、1つだけなんだけど
その1つが、どうにもならない。。。故の。。。矛盾。。。

ただ、”そこに生まれた”というだけで、人権さえ奪われ、支援なしには生きて行く事すら難しい人がいる。
「支援」という印籠のかざすベクトルの先が何であるのか・・・
殴られ、蹴られ、踏み倒される目には、「さしのべられた手」以外何が見えるであろうか
例え、それが”戦略的なクーデター要員”として利用されるだけであったとしても
ただ、踏みつけられているより意義のある事だと
その判断に、誰が批判できようか


  

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter