Loading…

スポンサーサイト

Posted by vickywallst on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドュームズデイ シード バンクーⅠ

Posted by vickywallst on 31.2010 spice   0 comments   0 trackback
ここはどこでしょう???
スバールバル

不毛の島々からなるスヴァールバル諸島
スバーバル3

”ロングイェールビーン”・・・人が定住する地として最北にある最大の町。
スバールバル2

ここに”ドュームズデイ シード バンク”というのがある。
”バンク”と言っても普通の銀行ではない。
「最後の審判の日の種銀行」という”種子バンクである。

クラウドEXPOに行った時、ふと思い出したビルゲイツの”トウモロコシ事件”
確かこの事件の裁判沙汰がゲイツの引退にも起因していたと思ったけれど、どういうワケか
記憶違いだったのか、探してもその記事は一切出てこなかった。

「最後の審判」
は、歴史の最後に神がすべての人間の裁きを行なうと聖書に予告されたもの。
最後の審判

去年、那須では、システィーナ礼拝堂のミニチュア版があるトリックアート館に行った。
今年は、なぜかダムに縁があった。
だから。。。何。。。

キリスト教では、”サタン”というのは、”神に追放された堕天使”の事。
その堕天使が神への復讐の為に神の王国の転覆を狙って、腐敗した魂を募るとし、
「ヨハネの黙示録」にある”最後の時”に「善」対「悪」の戦いで「イエス・キリストの再臨がある」
とされている。
キリスト教の前身がユダヤ教で”最後の審判”の考えは同じ。
サタンが現れるのは、苦難の時で、大災害の起こる7年間の間とされ
ヨハネの黙示録に記されてるように、終末の前には、4人の騎手が現れる。
第一の封印が解かれた時に現れる騎士は、白い馬に乗っており、手には弓を、頭には冠。
「勝利の上の勝利(支配)を得る役目を担っている」とされる。
第二の封印が解かれた時に現れる騎士は、赤い馬に乗っており、手に握っているのは大きな剣。
「地上の人間に戦争を起こさせる役目を担っている」とされる。
第三の封印が解かれた時に現れる騎士は、黒い馬に乗っており、手には食料を制限するための天秤。
「地上に飢饉をもたらす役目を担っている」とされる。
第四の封印が解かれた時に現れる騎士は、青白い馬(に乗った「死」で、側に黄泉(ハデス)を連れており
「疫病や野獣をもちいて、地上の人間を死に至らしめる役目を担っている」とされる。
黙示録の”黙示”というのは、「神が明らかにしてくれる」という意味で
これは、イスラム教でも”最後の審判の日”には、天変地異を伴い、すべての人々やジン(鬼神)が
審判の座の前に召集され、秤にかけられるという。
イスラム教でのサタンは、”イブリース”という”最後の審判の日”まで人間を堕落させる為に存在する”悪の精霊”。
キリスト教と同様に、終末には、殺戮を表す”赤い死”と疫病を表す”白い死”があり
これで世界の7分の5の人はいなくなり最後に救世主が現れるとしている。

黙示録では、終末が近づくと環境の破壊と天変地異が起こり、そして2人の獣が現れる。
2人の獣とは、反キリストと偽の預言者という事で、サタンの腹心の部下。
この2人の獣が現れる事によってサタンの計画が始動するとされている。
そして、サタンは、この2人に”力”と”あらゆる人々を支配する権威”を与え
ハルマゲドンへと導く。。。と・・・

ヨハネの黙示録やノストラダムスの預言書に書かれている4行詩。
見よ、白い馬が現れ、その騎士は弓を持っている。
彼は、冠を与えられると更なる勝利を得る為に出て行った。

ハンニバルのあがめていた地獄の神が、人に恐怖をもたらすものを蘇らせる。
今までのどの出来事より恐ろしい事が、バビロンへ行ったローマ人にふりかかる。


このバビロンというのが、今のイラクで十字軍が敗れたメソポタミアの地。
ハンニバルのあがめていた地獄の神とは
今のレバノン、イスラエル、シリア、などがある中東のフェニキア人?

彼は、獣の象に命を吹き込む力を持っている。
その為獣の象をあがめないものは殺される。


彼は、大いなる奇跡的な印を行い、人々の目の前で天から地へ火をおこしてみせたりする。
小さな者にも、大きな者にも、貧しい者にも、富める者にも。。。
右手か額に刻印を押させる。。。


ICチップやバーコードを連想させるけれど・・・
問題は、これが現実に起こりうるのかどうか。。。
という事ではなく
”終末論”のハルマゲドンによって「イエスの再臨」や「救世主」が現れる事と
”黙示録”を「神の啓示」として信仰する人口
という事かもしれない。
キリスト教 約19.0億人、イスラム教 約10.3億人、ユダヤ教 約0.1億人。
”終末”がなければイエスの復活や救世主は現れないという事なんだろうか???
その宗派の聖地は、共にエルサレム。
ユダヤ教にとって、エルサレムは、ユダ王国の首都で、ローマ帝国に破壊されたエルサレム神殿が置かれていた場所。
キリスト教にとって、エルサレムは、イエス・キリストが教えを述べ、そして処刑され、埋葬され、
復活したとされる場所。
イスラム教にとって、エルサレムは、ムハンマドが一夜のうちにエルサレムの神殿上の岩から天馬に乗って昇天した神聖なる場所。

終末論を信じるが故の「種の保存」という事での”種子バンク”という事は
自然な成り行きではある。

話はガラッと変わって・・・
「倒産」というのを何度か経験して、”共通の空気”というのを知った。
それは、おいといて。。。
その「倒産」というのは、”イキナリ”ではないハズで、
必ず”翳り”というのがあり、”兆し”というのがあり、
「終末近く」になると”往生際”という淵をウロウロする。
大抵は、そこであがき、やがてどこかで”際”の決断を迫られる。
その辺りからなぜか、離婚が増えたり、口座の移動が激しくなり、ある時”バタン”
どの段階で末端に伝わるかというと・・・
兆しから往生際の淵の辺りまでは、支店長、支社長とその右腕、子会社の取締役あたりまで。
課長、係長は、末端よりほんの少し先に知る事が可能な位で
末端に至っては、倒産当日、シャッターが閉まっていて唖然とする。。。
そういう図式は、業界、世界問わず当然のことで、頭から末端には伝わらない。
経営陣の見ている世界や現実と、末端の見ている世界や現実とは、まるで違うのは当然のこと。
例えば、飲み会に誰を誘って誰を誘わないという判断は、戯れ言でも
経営難に陥って、誰を残して誰を切るのかという判断は、必要に迫られる苦渋の決断。
人情やキレイ事を言ってる場合ではないので、当然、同じ土俵の話ではない。
。。。と考えると。。。
ビルゲイツが見る世界と現実は、一般ピーポーとは、まるで違っていて当然であって
「選ばれし者」
という事になれば、自分達の考える常識は、まるで当てはまらないのかもしれない。

このスヴァールバル諸島の地下深くにも、イザとなればそこから飛び出せるノアの箱船があるらしい。
世界中にそういう場所は、作っているらしく
「2012」の映画で見せつけて優越感に浸る人がいたのかもしれない。
もし、実際にそういうモノを見せられ、これから起こる事を聞かされると
そこから先は、それまでの世界とは変わってしまうのが「人」という事かもしれない。
そこを起点に常識は覆ってしまう。
麻原 彰晃率いるオウムのように「意識を高い世界へと移し替えること」=「ポア」として
人助けかのような洗脳で殺人を淡々とやってのけた事も
いくらIT業界だけでなく、世界のトップに君臨するビルゲイツであっても
「人口を減らす事が最重要課題」として
”ワクチン”や”不妊トウモロコシ”や”遺伝子組み換えアグリビジネス”に莫大な資金をつぎ込む事も
国を守る代表であっても”売国奴”になってしまったあの人、あの顔、この人も
”同じライン上”という事で、
それが”どどのツマリ”の「非常事態」時の人の本能という事で、
なんら不思議な事でもないのかもしれない。。。
黙示録の4騎手は、使命だったのか、
その役目を果たさなければ・・・
そう考えるのが一番恐い気がする。。。




スポンサーサイト

スーザンボイル

Posted by vickywallst on 29.2010 音楽   0 comments   0 trackback
サイモンの表情に注目!
スーザンボイル (ユーチューブ)


にこにこ動画の方は、コメントがリアルタイムに入って笑えます。。。


まっ・・・
まずは、”見た目”で判断。。。という事ですか。。。

クラウド・・・???

Posted by vickywallst on 28.2010 気になるNewS   0 comments   0 trackback
5月12日~14日まで開催された「クラウドコンピューティングEXPO」では、150社近くもの企業が出展。
過去最高の賑わいだったそう。

展示会場も西館1F2Fのみならず東館も全て貸し切られ
クラウド2010
セミナー会場も満杯。
女性の姿が意外に多かった事にも驚いた。
クラウド20101

本当は、
「これがクラウドだ!」
という印籠のような説得感を期待して足を運んだ。
頭の中では
ホロデッキ
デジタル俳優
ハンドジェスチャーインターフェイス
こんなものが具体的に見れるのかな。。。と期待しながら行ったけれど
どーも・・・論理的な事が多くて”視覚にガツンと訴える”という感じではなかったので
まだ、今ヒトツ
「クラウド・・・
と、山の様にが後ろにつきまとってくる。

「利便」という事を考えると
例えば昔、”黒電話”の前に”有線電話”というのがあった。
全ての有線電話から一斉に「田中さん~お電話です」みたいな交換手の”声”が流れてくる。
該当する人が受話器を取る。
けれど。。。難点は、内線電話のように赤の他人でも傍受できるという点。(だったと思う・・・???)
電話をかける時も交換手に「○×に住む佐藤さん宅にお願いします」みたいな感じ。
それから、取っ手のようなものをグルグル回して電話をかける。。。というのが登場して
プライバシーが確保された。。。
それからダイヤル式の黒電話となり、ダイヤルをジリジリ回すと電話が掛けられるようになった。
けれど、”電話の前にいる”事が”繋がる”事の必須条件。
そこで「ポケットベル」が登場し、外にいても連絡が取れる手段として手放せない状況となった。
その頃の携帯電話は、マルサが持つ様なショルダーバッグにワニの口のような大きな携帯。
50万くらいしたのではないか。。。
それから段々コンパクトになり、料金も下がり、今や小学生も持てる程になった。
携帯がメインとなって電話を外に持ち出せるようにまでなると
街の中から公衆電話が消え、電話帳もさほど必要ではなくなってきた。
「電話器」関連だけではなく、印刷業界から紙ベース産業にまで影響が及んだ。
もっと言えば
中高生から社会人まで、「携帯電話代」が必要なので「消費を控えた」事で
それが日本の経済の下げ要因にまでなったと報道された時期があった。
「利便」と共に「発展」したモノと「衰退」したモノと「消滅」したモノ。。。
「産業形態」に及ぼす影響も様々。

けれど間違いなく”大元”だけは、大儲け。

例えば・・・「映画」
昔は”映画館に行く”か、でなきゃ、日曜洋画劇場で放映されるのをずーっと待つしかなかった。
人気映画が上映されると映画館の前には、長蛇の列ができ、並ばないと見れない状況。
それが「ビデオ」の登場で、長蛇の列はTSUTAYAの前に移ってしまった。
昭和天皇が崩御された時のレンタルビデオ店の人盛りはアッパレ!!!
店内の溢れ返った人とは対称的に、ストックビデオは空っぽになっていた。
けれど、今では、ケーブルTVが24時間放映している。
それに伴いレンタルビデオ店もどんどん少なくなってきた。

要するに、「クラウド」とは、そういう事で
映画館に行く必要もなければ、DVDを買わなくてもよくなった所から、更に
わざわざビデオデッキを買ってから、ビデオを借りに行って、返しに行くという
「足を運ぶ」
その作業も不要にし、「契約」ヒトツで今のTVに見たいTVを映し出せるのと同じ事が出来る
という事で、しかも、まだ”ハシリ”だという事。
変わるのは、これからだ・・・という事で、これから産業形態にも影響が出てくる。

ユーザーは、クラウド(雲)の向こうにある様々なプロバイダを選んで、自由に組み合わせて使える。
もぅシステムやアプリケーションを所有しなくても良くなる。
そうすると・・・
受託開発をする会社やサーバを製造、販売する会社は、境地に立たされる事になり
アマゾンとGoogleの大舞台という事になってしまう。

例えば、今日発売の
iPad
銀座のソフトバンク前は、徹夜組の長蛇の列。
「クラウドコンピューティングEXPO」でも
「エクスウェア株式会社」がiPadを使ってデモをしていた事で一際の人盛り。
自分的に”iPad”のスゴイなと思う所は
”見て”→”わぁ~!!!”→”スゴイ!”に直結していく所。
何がスゴイのか全くわからなくても
”わぁ~!!スゴイ!!”とコトバが出てくる。
そもそも、人の頭の中にある”夢”や”理想”自体が雲をつかむような”クラウド”状態。
その”もわ~ぁっ”としたものが”iPad”を見た瞬間に”夢”に連動する!!!
意味不明で、何がなんだかわかってなくても”わぁ~!!!”となる。
論理的な説明ダケを受けても、チョット”わぁ~”にはならないけれど
”iPad”は、視覚に訴えれた事がすでに”成功”なんだと思える。

このiPadの中にある”iBooks”というアプリケーション。
まったく新しい「読書」の提案。
ここで”論理的”説明があって更なる”わぁ~!!!”
参りました・・・という感じ。

けれどこの”iBooks”が行き渡ると”紙ベース”の書籍には、かなりの打撃!!!
広告費削減、IT投資削減の中、新たに旅行会社が動き始め、”iPad”に連動し始めた。
もぅ書店だけでなく、印刷業界、紙ベース関連も新たな境地を向かえる事になる。
アマゾンやGoogle、そして、アップル社やソフトバンクの勝ち逃げ状況になりつつありそうだけれど
それでも”隙間”というのは、常にあるもので
”変わり目”に対応出来なければ、ベンダー側もユーザー側も、黒電話にしがみつくような状況に陥ってしまう。
携帯分野で、ドコモの第一代理店になった人達は、巨額の財産を築いたように
変わり目には、ビッグチャンスも潜んでいるし
隙間の中にどれだけ早くチャンスを見つけるかで、先行きは大きく変わってくる。
クラウドジャパンをグルリと見て、そんな鬩ぎ合いというモノを感じた。

<ビッグサイト>
クラウド2
無機質な街並み
クラウド5
あの三角の先端は、中がどうなっているのか、気になって仕方ない。。。
クラウド6
東京のビジネス街のランチバイキングは、こーゆー値段帯が多いのが助かり!
ここでたらふく食べる。。。
クラウド8
これだけ人がいるのに、どこもかしこも”静か”過ぎてビックリ。。。
クラウド11

さて。。。
米アップル社が株式時価総額でマイクロソフト抜き ITで首位!
という事で。。。
ビル・ゲイツについてチョット。。。こぼれ話が。。。
コレハ、次回。

A wilderness of mirrors

Posted by vickywallst on 27.2010 spice   0 comments   0 trackback
サスペンチックな映画やドラマに出てくる”遊園地の定番”は、ジェットコースターでも、観覧車でもなく
”メリーゴーランド”と”ミラーハウス”そして”ピエロ”
子供向けの陽気なアトラクションという表の顔とは、まるで正反対な使われ方。
無邪気で陽気で楽しい場所をあえて使う事で、より”フィルム・ノワール”的になる
という事より、むしろ”同じ水脈”という事で、根底にあるのは
「欺く」
という事かもしれない。
「欺く事」も「欺かれる事」も
もしかしたら子供の頃から潜在的に要求している事で
そーいやぁ~
「イナイナイ。。。ばぁ~」
生まれた時からすでに「欺かれて」喜んでいる。
文学小説を投げ出して推理小説にどっぷりハマリ込む事は、決して悪い事ではなく
「人間の証明」だった。。。という事にしておこう!

この”ミラーハウス”。。。
合わせ鏡が無限に反転する世界で、騙し絵以上に”立体的”超リアル。
この”ミラーハウス”を丁度合わせ鏡のように反転させ”感覚的”に超リアルにさせたのが
CIA、KGB、MI6など現実の”スパイ”の世界。
エリオットの「ゲロンティオン」という詩の中に「鏡の荒野」という言葉が出てくる。
最も信頼すべき人間が最大の敵であったり、偽の情報が本当となり、本当の情報が偽となったり
誰を、何を信頼していいのかわからないスパイの世界を書いた言葉。

”ジェームス・ジーザス・アングルトン”・・・有名なCIAのスパイ。
エリオットと共に詩の雑誌の編集をしていたアングルトンは
イエール大学時代、OSSから声がかかり、後のCIA創設からトップまで昇りつめた人物。
このアングルトンの最大の親友で、メンターでもあったMI6の”キム・フィルビー”は、
忽然と姿を消すまでは、イギリス諜報機関の頂点”MI6の長官”を約束されたような人だった。
そのフィルビーこそがソビエトが送り込んできたKGBのスパイであった事から
アングルトンは、誰も信用しなくなり、ことごとく誰も彼もをスパイ容疑で組織を追放したり、
作戦をダメにしてしまったりで、やがてCIAの中で囁かれ始めた。。。
「アングルトンこそKGBのスパイではないか・・・」
そのアングルトンが亡くなった時に友人がエリオットの「ゲロンティオン」を読んで見送った。
「A wilderness of mirrors」
この世界の事だといつも言っていたと。。。
・・・そして・・・
そんな彼らが”歴史を作ってきた”以上無視できない言葉がある。

1970年後半には、もぅすでにロシアでは言われていたようです。
「将来国境がなくなり我々の子孫が1つになる」

「着々」
この言葉がこれほど不気味に感じた事はない今日この頃。。。
韓国が北朝鮮制裁を発表。
それを受け北朝鮮は、全面戦争を含むあらゆる強硬措置で対処すると発表した。
韓国では、コメとラーメンがバカ売れ。

どこをどう押せばこんな事になるのか。。。
判を押したようにあからさまなデキレース。
あり得ない。
でも「ING」か。。。
現在進行形でスローモーションに見えてしまう。
9・11の時もこんな感じだったのか。。。

ブッシュ政権を誕生させるまでのシナリオも映画並みだった。
9・11以降、待ってましたとばかりに愛国者法を作るまでの時間も
イラク、アフガン侵攻までもアッと言う間。

戦争って
ある時期から止められなくなる
”加速”がつくものだと歴史が教えてくれてたハズだけれど
”止められない”という問題ではない。
むしろ”ハマッタ”という事なのだと思う。
全てのお膳立てが整った。。。ら。。。車輪がはまれば後は動かすダケ。
そういう事でしょう。
今後、
台湾と中国の衝突
ここで”車輪がハマッタ”事になるのかも。。

...

ポルシェ。。。

Posted by vickywallst on 26.2010 日記   0 comments   0 trackback
仕事をしていないと、どうしても家の中の事が気になって
なんだか掃除ばかりしている感じ。
仕事をしている時は、毎日たった1時間程で解決していたものが
今では、1日仕事。
いいんだか、悪いんだか。。。

我が家には、ワンワンが3匹もいるので、それなりに散らかしてもくれる。
特に、庭の芝生ではない部分が真っ白な外装タイルなので、
せっかくキレイに掃除をしても、その真っ白なタイルの上に”は、スグ!肉球のアト”
その度、タメイキ。。。
でも。。。
水に流せばすぐ落ちる。。。

掃除をしていてふっと思い出した。。。

人に関して、あまりコダワリがなく、ヨッポドでない限りは「好き、嫌い」はない。
イヤだと思っても別の角度からみればそうでもなかったり・・・
”昨日の敵は、今日の友”
”来る者は拒まず、去る者は追わず”
そういう考えなので、人に対しては常に流動的。
”よっぽど”でない限りは、それで充分な気がする。
”よっぽど”という自分の許容量
これがいい方に超えれば恋愛で
悪い方に超えれば恨み節。。。
その”よっぽど”というのが、車に例えると”排気量”みたいなもので
振り幅が狭いと”軽自動車”になるのだろうし
大きいと”ポルシェ”になる。
もっと言えば
いちいち小さな事で擬似恋愛して、小さな事で人を恨んでられる程
ヒマじゃな~い!!!
な気がしてしまう。。。

でも・・・
最近、「自分大好き」な人がかなり増えたのか
「イヤだと思ったら絶対受け付けない!」
何があったの・・・???という位。。。
聞いてみると、かなりツマラナイ事。
この人はあぁで、あの人はこぅで、誰々は、どぅ。。。

ポルシェになれ!!!

そう言ってあげたくなる。。。
「根に持つ」とは。。。
つまり、この”汚れ”を水に流せずにいつまでも”汚れ”として持ち続ける
”掃除が行き届いてない人”
という事になる。
水に流せば浄化できるんだよ。。。
心の中が”シミだらけ”になる前に
ちゃんと水に流しておけ。。。

  

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。