Loading…

アメリカン・アイドル トップ8決定

Posted by vickywallst on 27.2008 アメリカン・アイドル   0 comments   0 trackback
今回のワースト3は
 レイミエル・マルバイ
 ブルック・ホワイト
 クリスティ・リー・クック
の3人でした。

同じ部屋の3人らしく、肩を組んでたけれど、
ブルック・とクリスティの間に背の低いレイミエルがぶら下がる形となっており
それがまたキュートでした。
脱落は、レイミエル・マルバイ
いつも誰かが脱落する度に、カメラの隅に”ボロボロになっていく”レイミエルが
映ってましたが・・・・
今回は、回りも誘ってみんなボロボロになってました。
けれど・・・歌えるんですね~さすがです。
かなり残念でしたが・・・・・
デヴィット・クックは残りました。
・・・
チョット・・・残念で・・・ローテンションです




スポンサーサイト

”東京”新たな発見

Posted by vickywallst on 27.2008 関西 VS 関東   0 comments   0 trackback
東京でのスタートは、文京区の「本駒込」。 ホンコマゴメと読む。
”メトロ”という なんじゃ?そりゃ?という地下鉄の”南北線”にある駅で
近くには、ナント!あの「東京大学」があり、
そのせいか、朝の通勤電車の中には、まだ朝の7時前でも、博士の帽子をかぶった小学生が
結構乗っていたりするので、どの人も”優しい目”をしているように感じる。
きっと、”今から知り合いになっておけば、将来、首相や大蔵大臣が我が家に出入りする
かもしれない”と、思っているに違いない。
南北線というのがメトロの中では、新しい線らしく、随分深い所にあるという事で
例えば、2駅先の”後楽園”で丸の内線に乗り換えると、ビルにして5階か6階分の
エスカレーターを駆け上がらなければならない。
けれど、そのエスカレーターでは、誰もが”静かにジーッと立ったまま”で
沢山の人がいても、懐かしのあの”カンカンカン!!!”すら聞こえてこない。
上の方で丸ノ内線の発車のベルの音が聞こえても、ゆったりしている。
大阪では、たいして急いでなくても、この「音」で反応し、走る人に反応し、「安いで~」の声に
反応するモンなんだけど、東京では、”我、かんせず”の無反応。
これで、ビジネスマンの鉄則である”10分前行動”が可能というのだから恐れ入る。
さて・・・この電車の中・・・
”シーン・・・”である。
苦手な怖いおばさまのいる親戚の家に来たような感覚に襲われる。
まるで、黒かグレートーンの洋服をまとったアイロボットの集団に囲まれた気分。
関西人3人の初めの言葉・・・
「エッ・・何・・?今日・・・休日なん???なんかあったん・・・?」
「人・・・おるやん・・・いっぱい・・・おるおる・・・人や人!おるって・・・!」
「ヤバイっすね~この声のトーン・・・」
「ここだけウルサイし・・・黙れ条例とかあんのかな・・・?」
「やかましーって!撤去されんで!!!」
「これ・・浦和美園・・なんて読むん?」「ウラ・カズミやん!」「園はどうするんですか」
「ムシ!」「ムシはアカンでしょう!書いてるんやから!」
「間違いちゃうん?ウラ・カズミ・ドノが正解で、殿と園と漢字間違えてんねん」
「イヤッ!殿じゃなくて、様でしょう!」
「なっんでやねん!ここ駅やで!公共の場やで!!!様はアカンやろ!殿やって!ふつー!」
「素直にエンでいいんじゃないですか?ウラ・カズミ・エン」
「何するん?」「ウラ・カズミってギャルがわんさかいてて・・・」
「あほー!!それやったら公にはせんって!!公になってるんやから素直にいったら
動物園やろ!!」
・・・・・がやがやがやがや・・・・
実際には「ウラワミソノ」でした。
結局がやがやしてるのは、3人だけで、後は、シーン・・・
通常ならば・・・関西だと、前に座ってる人か誰かが必ず間違い訂正をしてくれる。
東京では、間違ってようが、暴走しようが、我カンせずである。
しばらくは、撤去もされず、一部こんもり盛り上がったままな車内で過ごしていたけれど、
そのうちだんだん血が騒ぎ、「車内で何を言えば人が笑うか」競争が始まった。
でも・・・・誰も・・・笑ってくれず・・・最後は、ヤケクソの大合唱が始まった。
「生麦、生米、生卵、ナマムギ、ナマゴメ、ナマタマゴ・・・」
「ナマムギ、ナマゴミ、ホンコマゴメ~」
3人で何回も毎日絶唱した!!!
けれど・・・「シーン・・・」
これには・・・凹んだ・・・・・
恐るべし・・・東京・・・なめてちゃイカン・・・
これと同じ事を、試しに埼玉でもやった。
その時は、「南与野」という所に住んでおり、大宮→北与野→南与野みたいな順番に位置する所である。
ここでも、色々やってはみたものの、相変わらずの「我カンセズ」
そこで毎日絶唱した。
「与野、北与野、南与野~ヨノ、キタヨノ、ミナミヨノ~ヨノ、キタヨノ、
お前もワルヨノ~」
・・・・・我・・・・カンセズ・・・・笑い・・・無し・・・
関西なら、手拍子が入るとこやろ!!!と・・・寂しくなって諦めた。

ある朝、新聞の広告を持って急いで会社に入った。
「ムチャクチャ安いですよ!!世田谷区のマンション!!!300万とか400万で売ってますよ!!」
血圧上昇!!!広告のお陰で、低血圧なのに、爽やかな朝!!
「よく見てごらん」
・・・よく見ると・・・家賃だった・・・
一度、名古屋に移動し、次に戻った時に、埼玉県に住む事になった理由も家賃の問題だった。
ワンちゃん2匹増えた事で、それを申告して2LDKでも探そうものなら
都内では、家賃が20万30万の世界になり、仕方なく埼玉に行った。
埼玉と言っても、上野まで34分、池袋まで26分程なので遠いとは思わなかった。
が・・・・・これが甘かった・・・
まず、電車がよく止まる・・・
ひどい時には、川口駅等は、改札の入場制限で何キロかの行列が街中まで続いているという。
上野駅では、たいてい毎朝、電車を降りてから、すでに”牛歩”が始まり
乗り換えの山手線のホームに行く階段で、”入場制限”がある。
それでも、乱闘騒ぎも暴動も起こらないのには、感心する。

そして・・・考えた。
電車の中でのシーン・・・
人混みの中でも人の流れに自然に従って歩き、渋滞になっても自然に従って止まる我慢強さ
これは・・・

石川さゆりの歌に「津軽海峡冬景色」というのがある。
ここにヒントを得た。
「北へ帰る人の群れは誰も無口で~」・・・・・
そうなんだ!!!
みんな東北から来た人達なんだ!!!
だから無口で我慢強いんだ!!と判断!!!

新たな発見である。

アメリカン・アイドル 

Posted by vickywallst on 27.2008 アメリカン・アイドル   0 comments   0 trackback
Brooke White     "Jolene"

David Cook       "Little Sparrow"

Ramiele Malubay    "Do I Ever Cross Your Mind"

Jason Castro      "Travelin' Thru"

Carly Smithson     "Here You Come Again"

David Archuleta     "Smoky Mountain Memories"

Kristy Lee Cook    "Coat Of Many Colors"

Syesha Mercado     "I Will Always Love You"

Michael Johns      "It's All Wrong, But It's All Right"


今日は、カントリーの女王”ドリー・パートン”の登場です!
「カントリーのテーマは、人々の生活であり、人生」
そう言う彼女の曲をどう歌いこなすのか・・・
が、見所となりました。

ブルック・ホワイト
声が独特なので、自分的には、”曲を選ぶ”不安がいつもつきまっとってしまうけれど
意外とソツなくいっちゃってるので、今回もホッとした・・・っていう感じ。
まだ、この声を生かしきる曲に巡り会ってないような不完全燃焼が残る。
サイモンは、「不自然だと酷評」・・・同感

デヴィッド・クック
ランディもポーラも絶賛。前回より劣るが見応えあったとサイモン。
サイモンに同感。
デヴィッド・クックには、もっとソウル・フルなブルースを待っている自分がいる。
昇天しきってないはがゆさが残る。

レイミエル・マルバイ
小さい体型と声量のギャップが魅力で、声量のコントロールも完璧だと思うのに
大舞台になってくると段々その魅力が生かされてこなくなってるような気がする。
前回よりかなり良かったと思うけれど、やっぱり自分の探しているインパクトがナイ。
抜けるようなドンピシャリ・・・これが、最近ナイ・・・頑張れ!!

ジェイソン・カストロ
「あなたはこの写真みたい」とファンが送ってきた絵はがきは、湖の写真。
確かに・・・ドンピシャリ!!
それを見たあとに聞いた声が”澄んで”聞こえたので、そのサブリミナル効果に驚いた。
サイモンは、カントリーは合わないと酷評。ランディは、ソングライターっぽくて良かった。
ポーラは、今までのベストだと言った。
「優勝」の華はないけれど・・・「大舞台」の華はないけれど・・・「主役」ではないけれど・・・
名脇役的なポジションは確立できるのかな・・・という印象。
アコースティックや自然という「素材」に声はかなりマッチすると思う。
その単純な「マッチ」に”プラスアルファ”な可能性を感じさせるのが、彼の潜在的な魅力だと
そんな予感がする。
「素朴」という素材+「妖艶」という隠れた彼の魅力が重なった所に本当の新天地を見いだせる
のではないか・・・と、そんな気がした。
フォルクローレがあっていそうな印象を初めは持ってたけれど、一度レゲエなんかも聴いてみたい。
ボブマリーには程遠いけれど・・・

カーリー・スミッソン
何を歌わせても・・・ウマイな~と思う。高音になれば鼻にかかった声にハスキープラスで
チョット酔える・・・
必ずどっかで出て来るでしょう。多分レコード会社はほっておかないと思う。
もし・・・ほっていれば、日本で売りたい!!!

デヴィッド・アーチュレッタ
ランディは、今日一番のステージ。ポーラは、声に深みがあって最高。サイモンは、選曲がドンピシャリと3人共絶賛。
ドリー・パートンは、「デヴィッドは、私がこの曲にこめた想いを感じ取っている。」。
彼のパーソナリティと歌の技術・・・この器大きさは、大衆受け間違いなしだと思う。
今回は、大衆受け(アーチュレッタ) VS カリスマ性(クック)のデヴィッド対決になるかな?

クリスティ・リー・クック
なぜ残ったのかが不思議だったので声がいいのかな~と思って聞いていたけど、
あまりよくわからない。

サイーシャ
ホイットニーがあってるんだろうな~と思う。
今回頑張ったと思うけど、本人が期待する程の評価が得られなかったという顔をしていた。
この手の声はホイットニーだけで十分だというのがあるからなのかな?
じゃあ、バーブラでいったらどうだろう???もっと難しいか・・・
狭き門の所に入っていくハンディがあるのかも・・・

マイケル・ジョーンズ
ランディ、ポーラ、サイモン共に「今までのベスト」選曲もグッド。
好みの問題か、声の輪郭がぼやけるので「歌」全体が平面になるような感じを常に受ける。
ピリッと効かせ味な部分や、ガツンとインパクト的な部分や・・・
そういう「匠技」がないような印象が不完全燃焼を引き起こしてしまう。


  

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter