Loading…

スポンサーサイト

Posted by vickywallst on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デラシネ

Posted by vickywallst on 21.2008 日記   0 comments   0 trackback
寒い・・・
大阪24度
名古屋26度
東京17度・・・
7~9度の温度差・・・
暑い国と寒い国の文化は違うというけれど
7~9度の温度差で、文化は、違ってくるモノなんだろうか・・・

以前、仕事で1日で東京→名古屋→大阪と行った事がある。
行きは降りる度暖かくなり、帰りは降りる度寒くなっていった。
確かに・・・関西人は熱い・・・
もしかすると、人が作っている温度差なのかもしれない。

初めて東京に来たのは、4月だった。
桜が満開の季節だった。
アメリカ大使館の横を通り過ぎてホテルオークラの咲き乱れる桜を見ての通勤だった。
六本木の「桜坂」を福山雅治の「桜坂」だと信じて感激していた。
職場の窓いっぱいに東京タワーが光っていた。
光るタワーをバックに、
夜10時、仕事が終わるといきなり”マツケンサンバ”の踊りを練習させられた・・・
この意味は、不明・・・

大阪では、寝る時タオルケットだったので
(しばしのウィークリーマンション生活だったので、空調設備が整っていたせいかもしれない)
東京での初夜は、凍える思いで、翌日すがるように六本木のドンキホーテに走った。
やたらすれ違う外人に飛び上がる思いで振り返ってた・・・
あれから・・・何年・・・経ったのか・・・

荷物を送り届けて”さよなら”を告げて、最初にたどり着いたのが、池袋。
10代の終わりに招待された表彰式で、サンシャインの60階に目を丸くして以来だった。
今回は、旅行じゃない。
そう思うと、妙に肩に力が入った。
パスポートはいらないのか?
道を尋ねる時には、「Hell」から入るのか?
そんな騒ぎだった。
面白い事に、そこで初めて道を尋ねた人も、次に電車の乗り換えを尋ねた人も
ズーズー弁だった。
テレビというモノが無ければ、それを”標準語”だと認識してたに違いない。
初めてテレビの威力を思い知った。
不思議なことに、東京で道を尋ねても、「知らない」と言われる。
知らないのか、冷たいのか・・・謎だった。
何度か、ご丁寧に教えてもらったけれど、それは真っ赤なウソだった。
以来、”迷子”のレッテル背負い込むのを認可した。
不信感を増幅させるよりマシだろう・・・

最近”SNS"のお誘いがよくかかる
何かと覗いてみたら、デジカフェとかetc・・・
ヘェ~こんなのが流行ってんだ・・・

なぜ流行るのか・・・
そんな事を考えていたら
突如”うつ”という穴の中に落ち込んでしまった・・・

よくよく考えてみると・・・
ここで生まれ育ったわけではない。
幼なじみも学生時代の友人も職場の友人も
家族も親戚も
馴染みの場所も馴染みのお店も、知ってる場所もインプットされてる場所も
全てここには、無い・・・
初めて気づいた・・・
どうりで・・・よく立ち止まるハズだ・・・と・・・

そっか・・・
そうだったんだ・・・

ベースを取り外される・・・とは、よく聞くけれど、
こんな事があるんだと・・・
今、初めて気がついた。
方向転換がきかずに立ち止まる・・・
本当によく立ち止まっている。
何かを思いついて、その次のアクションに困っているのだ。
何かを買い忘れた、とか、ついでにこうしよう、とか・・・
当たり前にいつもの感覚で思いつくまではいいのだけれど・・・
その先、どうしていいのか分からずに固まったままジーッとしている・・・
横で見ていたら、不思議な光景かもしれない。
これから都内でいきなり立ち止まって固まってる人を見かけたら優しく声をかけてみよう。

それまで考えた事も無かったけれど
ヘアーサロンはここ、洋服を買うのはここ、靴はここ、バックはここ、安い店なら、絶対ここ
乗り換えの早いルートはここ、空いてる時間帯は、いつ
メイった時に行く場所はここ、気分転換の場所はここ・・・
考えなくても、寄り道する場所には、勝手に足が向かっていた。
電車の中では寝る、落ち着く喫茶店は目をつむってても行ける・・・
退屈だと思えば、どの番号に電話すればいいか
この時間帯は、誰が呼び出せるのか
考えなくても、匂いで察知できる
当たり前にあった事や過ごしていた事は、全てインプットされている事で
考えなくても良かった事だったんだ・・・
その全てがリセットされ、一から新しくBesisを作っていかなきゃ
前に進まないんだ
と・・・
こんなに時間が経ってから初めて気がづいた。
気づいた途端、穴ぼこにハマッてしまった・・・

イチゲンさんで行ったヘアーサロンは、カットだけで1万円。
綺麗だと見ていた靴が13万円。
逃げるが勝ち!!!
でも・・・どこに何があるのか、今だに定かではない・・・
ティッシュペーパー5箱498円には、オイルショックがきたのかと、必死でパソコン検索していた。
電車の中で寝ようものなら、簡単に3つの県を超えていくし
早そうなルートだと乗り換えなどした日には、決まって神隠しにあってしまう。
もう、電車の中は、気を抜けない場所になってしまってる。
ボーッと電車に乗ってれば、自分がどこにいるのかさえわからない不安に巻き込まれてしまう。
新宿や渋谷で喫茶店を探すのに2時間も歩き倒し、
そういや、新宿の乗り換えで10分もあれば十分な所を2時間かけたというのがあった。
右に行っても京王線、左に行っても京王線、まっすぐ行っても京王線、バックしても京王線
京王線の横だか後ろだかには決まってハルクが登場する。
どこをどう行っても、ハルクと京王線がつきまとってくる。
この京王線とハルクは”動くハルク”ではないか・・・と宮崎駿ばりの世界におののいた。

そっか・・・
そうだったんだ・・・

だいたい、携帯電話でさえ、機種変したら始め大変なんだ!
いくら便利になったとはいえ、
使い勝手が変わると、急ぐ時には、ぶっ壊したくなるほどイライラする。
Besisが変わる、基盤が変わる
というのは、思った以上にストレスがかかってたんだ・・・

大阪→東京→名古屋→埼玉→千葉
いくら仕事の都合とはいえ・・・変わり過ぎ・・・
時々歩いていてここが東京なのか大阪なのかどこだか分からなくなることがある。
今日、寒くて、ああ東京なんだ
と確認できた。
東京にはこんな人・・・
意外と多いのかもしれない・・・

少し時間が出来て確認した事が”コレ”だったんで
妙に不安に駆られてしまいました。


スポンサーサイト
  

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。