Loading…

スポンサーサイト

Posted by vickywallst on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカン・アイドル シーズン9 TOP12

Posted by vickywallst on 10.2010 アメリカン・アイドル   0 comments   0 trackback
先々週、期待していたアレックスとケイトリンが脱落した。
ケイトリン・エパーリー アレックス・ランバート

アレックスのように「期待値」だけでは、残してくれない・・・か。

アダムのように、”何をしたいのか”が具体的にわかり
”アメリカン・アイドル”そのものを、自分を売り込む”チャンス”と捉えて
戦略的に臨んでいるのとは、雲泥の差があるように思うけれど
どう変わっていくのかを見たかった分残念。
なんせ、声がよかった!!!
今回の脱落は、アレックス自身に「芯を入れる」という意味では
貴重な経験だったかもしれない。

アダムは、戦略的だと、最近でも思う。
日本の朝の番組にまで出て来てるワケだし。。。ウマイなぁ。
FOXTVのドラマの主題曲にもなってたような。。。???
しかも、カバー曲の「Mad World」???(勘違い???)
「攻撃は、最大の防御なり」
我が家の家訓にしよう。

まぁ・・・場慣れしてようが、してまいが・・・
勝ち進みたい!!!という意地とか、勝負魂が、なきゃ
アーティストにとっては致命的だろうし・・・
その上に、才能や、声質や発声の基礎があって
そこから先に、「自分をどうアート」していくのか、という
自分の見せ方の技術があり、毎回それが「1発勝負」となってくる。

ワン・ステージ

この意味の理解の仕方って重要な気がスル。
博打や宝くじとは違って、当たればいいな・・・じゃ話にならんワケで。。。
そこがまだ不明瞭だと、チャンスに対して”受け身”にしかなれない。
どーせ目指すゴールが同じで、同じ土俵に上がるなら、
その点は、受け身じゃない方がいいに決まってる!!!

先週のTOP12からは、ロサンゼルスにあるノキアシアターに移り、
テーマ曲は、Rolling Stones
ブライアン・ジョーンズYay!!!
ミック・ジャガーyeah!!!

ってコトで・・・
Oh-!!!とシビレタ人は、いませんでした。。。

今回・・・べっぴんさんと美形メンズは揃っているんだけれど・・・
「・・・・・」
声も出ない程聞いてビックリする・・・というのは・・・あまりナイ気が・・・
ただ・・・アダム2世誕生か???
シボーンの "Paint it Black"は、3回見直した。
見せ場作りがウマイ!!!
シヴォーン・マグナス
シボーンにある歌を歌わせて、日本の皆様、目を閉じて聞いて下さい
とお願いすると、絶対、浮かぶ顔は「ヒトツ」だろうなぁ~
シボーンか山本リンダか・・・
(えっ???山本リンダは、あぼーん???(すまそ))
ユニークさとか、意表をつくとか、エンターティメントの領域だと思うけれど
”ぐっさん”もエンターティナーで、歌もウマイ!!!
”芸達者”な人が出てくると、それだけで番組に深みや厚みが出てくる感じ。
でも、でも、でも
ココハ、歌唱力NO1を決める番組。
期待はするけれど、声質に好みが分かれるかも。。。

今回のBottom3は
レイシー、ティム、ページの3人。
最初のイチ抜けでティムの名前が呼ばれた時、ティム自身が一番ビックリしてこけそうになってました。
繰り上げでTOP24に入り、ここまで勝ち進めてるのも強運の持ち主!
見てる方もビックリ!!!

今回の脱落は、レイシー・ブラウンでした。
音程が不安定で、発声がヤバイ感じだったダケに、
勝ち進めば歌えるのか???と思っていたけれど・・・
でも、大丈夫!!!
かなりのべっぴんさんだから、次は映画の画面で登場かも!!!
レイシー・ブラウン

さーて・・・
今からもっかいシボーンを見よう!!!

スポンサーサイト

アメリカン・アイドル シーズン9

Posted by vickywallst on 30.2010 アメリカン・アイドル   0 comments   0 trackback
ギックリ腰で座ってるのも大変な状態だったので
どーもパソコンにむかえないでいたけれど
やっとこさ楽になってきたので・・・・・

もう8人脱落した状態ではあるけれど・・・
今回のトップ24デス。

シヴォーン・マグナス  ケイトリン・エパーリー  クリスタル・バウワーソックス  リリー・スコット
ケイティ・スティーヴンス  ペイジ・マイルズ  レイシー・ブラウン  ディディ・ペナミ    
      

リー・デワイズ  アレックス・ランバート  ケイシー・ジェームズ  アーロン・ケリー
マイケル・リンチ  アンドリュー・ガルシア  ティム・アーバン  ジャーメイン・セラーズ  

<脱落>
ジョー・ムニョス タイラー・グレイディ  ジョン・パーク トドリック・ホール     

アシュレイ・ロドリゲス ジャネル・ウィーラー ミシェル・デラモア ヘイリー・ヴォーン

自分の中での注目株

"リー・デワイズ"23歳     "アレックス・ランバート"19歳  
リー・デワイズ  アレックス・ランバート  

 "ケイシー・ジェームズ"27歳    "アーロン・ケリー" 16歳
ケイシー・ジェームズ  アーロン・ケリー

"シヴォーン・マグナス"
19歳  "ケイトリン・エパーリー"19歳
シヴォーン・マグナス  ケイトリン・エパーリー

"クリスタル・バウワーソックス"24歳  "リリー・スコット"20歳
クリスタル・バウワーソックス  リリー・スコット

"ケイティ・スティーヴンス" 17歳
ケイティ・スティーヴンス

こちらは・・・別格。。。
ジョディ・フォスター並みのクールな顔立ちのディディと
目が印象的なレイシー
キレイなので・・・
"レイシー・ブラウン" 24歳  "ディディ・ペナミ" 23歳
レイシー・ブラウン  ディディ・ペナミ

まだまだこれから・・・という所ではあるけれど・・・
才能のある人は・・・手を加えると
ある日突然!!!イキナリ!!!豹変する!!!
これがアメアイの真骨頂!!!
”変わり目に立ち会える”
これが楽しみで見ている。

どこで・・・
何をキッカケにして・・・
変わるんだろう・・・???

突然に”バチーッ”とハマル曲を見つけるのか
突然”自分”を客観視できるのか

アダムもクックも、初めはピンッとこなかった所があったりしたけれど
途中で”化けた”んだ!!!

だから・・・
ま~だまだワカラン!!!

きっと・・・サイモンは、・・・
前世、考古学者で、地面を掘って何かを発掘していたのかもシレナイ。。。
と思う今日この頃。。。
歌姫発掘に余念がナイので結構辛口だけれど、マトは得ている。
サイモンが期待しているのは、ビアンカ・ライアンが出て来た時のような衝撃なのかも???

きっと本当に期待するのは・・・・
こゆコト
ビアンカ・ライアン(Bianca Taylor Ryan、1994年9 月1日 - )
「America's Got Talent」シーズン1の優勝者
11歳とは思えない!!!

アメリカン・アイドルIX ー 1 オーディション ”マサチューセッツ州 ボストン”

Posted by vickywallst on 07.2010 アメリカン・アイドル   0 comments   0 trackback
アメアイ0
いよいよ、アメリカン・アイドル シーズン9が2/6(土)から始まりました~ 
最初の地方予選開催地は、マサチューセッツ州ボストン。
地方予選中は、8人のゲスト審査員の豪華な顔ぶれにも注目~!!!

今回のナビゲータは、AI!!!  か~なり、ハスキーナビです!!
ナビゲータ:AI

NewS 
ポーラアブドゥルが出演終了
条件面で折り合わず、シーズン9より、代わりにエレン・デジェネレスが登板することに。
旧契約では、年間400万ドル(約3億8000万円)だったポーラの『アメアイ』のギャラ
新契約では、年間2000万ドル(約19億円)を要求していた

サイモン・コーウェルもシーズン9を最後に降板

サイモンは、制作と審査員を務める英オーディション番組「Xファクター」の米版に着手する予定。
新番組は米FOXで2011年にスタートする。
アメリカン・アイドルでは、約3600万ドル(約33億円)のギャラを手にしてきたが、
制作権は、大物英音楽プロデューサーのサイモン・フラーが握っている。
より自分の権限がある「Xファクター」の米版立ち上げに熱意 

さすが、シビア!!!
アメアイ3

さて、今回のゲスト審査員は
ヴィクトリア・ベッカム(Victoria Beckham、1974年4月17日 - )旧姓ヴィクトリア・アダムズ(Victoria Adams)
イギリスの歌手、モデル、ファッションデザイナー、女優、実業家で、
90年代を代表するアイドルグループである「スパイス・ガールズ」の元メンバー。
愛称はポッシュ・スパイス。
夫はサッカー選手のデビッド・ベッカム。
3人の息子の母親

カーラ・・・キレイですね~ お隣に座ってるのが、ヴィクトリア・ベッカム
アメアイ
                                 
長い髪を・・・・・                    スッパリ切って・・・
アメアイ6

いや~ぁ、目の保養、目の保養・・・(オッサンか

いよいよ、これから長い道のりを辿って、頂上まで向かっていきます!!!
まだまだ予選なので、お笑いの方が多いかも・・・それが、また、楽しみ!!!
もうヒトツのお楽しみは、”文化、世界観の違い”
ウマイ、ヘタ、関係なく、”自己主張”は、スゴイものがあり、
ウマイ、ヘタ、関係なく、”自分が1番!!!”と本気で信じている所が
着物ならぬ、「MIMONO」!!!
見習うべき所かも。。。

一次審査
地方予選全米10万人の応募者の中から3人のレギュラー審査員+毎回変わる豪華ゲスト審査員により
120~150人ほどに絞られ、二次審査ハリウッドを目指す!!!

印象に残った人達 マサチューセッツ州 ボストン

ハレルヤを歌ったMaddy Curtis
アメアイ7

Katie Stevens
アメアイ5

アリシャ・キースの歌を歌ったAshley
アメアイ2

ブルースカイを歌ったLeah Laurenti
アメアイ4

ジーンズとシャツを誉められていた・・・???誰だっけ???でも意外に上手かった
アメアイ1

放送日時: 2月6日(土) 21:00スタート
毎週(土)&(日 )21:00-22:00 or 23:00
■再放送 毎週(土)&(日)26:30、(月)9:30 他

お見逃しなく 


★★☆アメリカン・アイドル!!!シーズン8 / ハードル!!!★☆☆

Posted by vickywallst on 21.2009 アメリカン・アイドル   0 comments   0 trackback
アメアイが終わり、チョット虚しい土日を「ロスト」でカバー
と思いきや・・・
立て続けに見てしまったので、来週までお預け

同じテンションになれるモノを探すのは、結構大変・・・

初めて”アメリカン・アイドル”を見た時
まだアカペラ予選の最中で、上手いんだかなんなんだか・・・な画面だった。
当然・・・知らないモノは、そんな”ツカミ”じゃつかまれない!!!
全く興味なしで、TVをよそ目に他の事をしてた・・・
多分・・・
そのシーズンのファイナルアタリで盛り上がり
次のシーズン6を待ち望んだ・・・

”ハマった”事に何かのキッカケがあったのか・・・
それとも
”たまたま”見始めてだんだんハマッテいったのか・・・
どちらにしても
”本物でなければここまでハマッテない”

”恋愛と同じ原理”

単なる”喉自慢大会”ごときでは、1回見ればすぐ飽きる・・・
まず・・・追いかけもしない!!!

”アメリカン・アイドル”のレベルが低ければ、ワンシーズン通算6億という投票数は無理!!!
これは、”実力”という引力が創り出せるアメアイの銀河系ワザで
実力の伴わないモノだったらただの”娯楽番組”で終わってる。
きっと
”発光体の問題”は大きく
縁や好みや偶然や運命という不確かな事柄を、
どんどん超越してい
ものなんだと
改めて確信。

アメアイの最初の”釘付け”は
「えっ!!!これって・・・シロウトばっかし・・・???!!!ウソぉ・・・」
だった。
そこから”土日を待つ”ようになった。

けれど
不思議な現象が起きる!!!
次のシーズンが始まると、途中までは、
「去年の方が沸いたんじゃないか!!」
な気分になり、期待が大きすぎるせいか、若干冷静・・・

なんだか・・・・・
”初恋”の面影をずっと追いかけてるのと似てない・・・?

”初恋”の相手が”ステキな人だったら
その後出会う人は、もっと”インパクト”がなきゃ
クビを縦に振れない!!!
ってのとなんだか似てる!!!

でも・・・
きっと ソレで”自分の中のハードル”に出会える!!!
初めに出会った人、初めに感動した事
”そのレベル”が高ければ高いホド
”そのハードル”が高ければ高いホド
そのハードルを越えるものしか受付けないから
目が肥える!!!
ツマランコトに無縁になれる!!!
少なくとも・・・
アホな恋愛には、無縁でいられる!!!

映画ヒトツとってみても
超感動作と出会った後は
次も同じ感動を探して”ツタヤ”に通う、映画館に通う、CSTVを見倒す・・・
前の感動と同じ感動を探して
”あの超感動”より上か下か
”あの刺激”があるかないか
無意識にそんなセンサーをフル活動させながら
見つかるまでウロウロさまよっっては、コレじゃナイ!!!アレじゃナイ!!!と繰り返してたり
”前の感動よりもっと大きなもの”でなければ
首が縦に振れなくて困ってたり・・・
でも
そのお陰で”消えないモノ”の価値を知る・・・
感動する、衝撃を受ける、感激する
そこから生まれるコト
軽いハズないと思う・・・

”何と出会い”
”何に感動したか”
自分の感覚のバロメーターや自分の”ハードル”の高さって
”自分だけのモノ”だから
ここにコダワリを持つコトはいいかもしれない・・・

だ・か・ら
いいものに出会いましょ・・・



★★☆アメリカン・アイドル!!!シーズン8 !/発光!!!★☆☆

Posted by vickywallst on 18.2009 アメリカン・アイドル   0 comments   0 trackback
急落為替をぼーっと見てたら
こんな時間!!!
本気のナポレオンだ!!!!ヤバイ!!

フッと思ったんだけど・・・なんでこんな夜中・・に?
前回のシーズンで、デビット・クックは、初め全くのノーマークだった・・・
”光るモノ”って・・・どこで光るんだろ・・・?
ところで・・・”光る”ってナニ・・・?ナニが光るの・・・?
でも
光った!!!確かに・・・

一生どれだけ生きたって100年ないんなら
どっかでキラリと光ってみたいもんだ!!!
えっ!!!・・・・人魂になって光ってどーすんねん!!!アカンやん!!!

”キラリと光る”って・・・
サクセスでもマネーでも・・・ないような気がする・・・
むしろ・・・その前段階の
ワケわからず、夢中になって泥まみれになって、
なんかボロボロやけど・・なんかお金ないけど・・・そんな事も忘れてた・・・
な位、必死に夢中になってる時!!!
多分・・・
ここで”発する”んじゃないか!!!
人魂は、死んで発光するんじゃなくて、昇天して発光だ!!!!
・・・ヨシッ!!!”発光性理論”だ!!!世に広めよう・・・



  

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Tree-CATEGORY

年別アーカイブ一覧

ウォール・ストリート・ジャーナル

フリーエリア

Seasons

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。